« 1996年8月 | トップページ | 1996年10月 »

1996年9月

H店より閑話

ちょっと閑話/H店

パソコンとはちょっと違う話ですが、ふと気に留まることがあったので書きます。

みなさんの店頭にも普通の目覚まし時計/壁掛け時計がおいてあることと思います。その中で、マルマンの電波時計という種類があるのはご存じですね。うちの店頭にあるのは学校の体育館にあるよーな白くて丸い、大きいヤツが飾ってありました。電池が入っていなかったので、単二電池を入れてみると秒針、長針、短針がぐるぐる周りだし、12字のところで3本ともぴたっと止まってから秒針が動き始めました。あれ?おかしいなぁ。どうやって時間を合わせるんだろう。裏には男性の乳首大の(失礼)緑のスイッチが一つ。押しても素知らぬ顔で秒針を動かし続けている。電波時計というからにはなにかカラクリがあるはずだとばかりに説明書を引っ張り出してきて読むと、茨城県三和町にある標準電波送信所で送信されている40kHzの長波によって正確な時を刻むとありました。電池を入れたら6分から10分ぐらいで時刻が合うとあったのですが、何回やっても合いません。窓際においても一緒。電波が入りにくいのかなとマルマンに電話で聞いてみると、「多さかでもかなり販売台数があるが、その95パーセントぐらいはクレームも無しに販売している」と自信たっぷりな返事でした。説明書を見ると確かに最初は一昼夜置いてくれと付け足してあります。

実は自分で欲しいな、と思って電波時計の小さいのを買おうかどうか迷っていたのです。ここ1年ほど前から、テレビで放映される映画やドラマなどでたまに録画しておきたいな、というものをリアルタイムで録画するために、正確な時計が必要なのです。朝、遅刻しないようにということもありますが。それでも定価で20,000もするものですから、買ったのはいいが動かないのではどうしようも無いので、一度自宅に借りて帰り、テストすることにしました。夜間は電離層が高いから電波が届きやすい云々の記述を信じて、部屋の中で電池を入れたり出したり、窓際で入れたり出したり。う~ん。合わないぞ。ちなみに僕の部屋はAMラジオが殆ど入らなくて、KBS京都も雑音だらけというありさま。オールナイト日本も聞こえづらく、MBSヤングタウンは10年前から諦めています。なんで団地にはテレビアンテナはあるのにFMやAMのアンテナは建ててくれないのでしょうね。FMまでなくなると死んでしまうのでテレビアンテナの先をミニコンポのFMアンテナ端子に(ホットとコールド)突っ込んでFMは快適に受信しています。ちなみに僕の部屋は角っこで陽もあまりあたらずに北西の方に少しの空が見えるだけ、窓の外は通路。部屋の中でカーテンを閉めずに風呂上がり裸でいたりすると廊下を行く人に見られてしまうのでカーテンは閉めっぱなしです。当然衛星放送は場所的にも方角的にもアンテナを付けられず、見れません。既に家にはBSチューナー付きのビデオデッキが2台もあるとゆーのに!さらにPHSの電波は駅の反対側なので入りません。電波のヘレンケラーのような三重苦の環境なのです。
なんの話でしたっけ。あ、そうそう。その電波奴隷の説明書に、「感度はポータブルラジオと同等とお考えください」とありました。がびーん。使えないのぉ?それでも寝る前に窓際に置いて電池を出しポン入れポンしてから床に就きました。次のあさ目が覚めると、なんと時間が合っていたのです。念の為電話の時報で確かめると、秒までジャストミートでした。不思議不思議。寝ている間に合ってるなんて、ちょっと気持ち悪いなぁ。ひょっとして、あまりにも電池を入れたり出したりしたのでへそを曲げて「合ってやるかい」とむくれていたものの、電気が消えるととたんに心細くなり、慌てて時刻会わせをしたのでしょうか。それともシャイなのかな。これからも時間がうまく合うのなら、親しみを込めて「電波子」と名前を付けてあげましょう。いや、ひょっとしたら2万の売上のためにCフロア長が夜中忍んできて時間を合わせていったのかもしれないぞ。むうぅ

電波時計と言えば、1970年の大阪万博の時の公式ガイドブックに、「世界ではじめての電波時計。会場中央にある原子時計から電波が出て会場の全ての時計をコントロール」と広告のページが合ったのを思い出しました。店にあるシチズンとマルマンのカタログを見比べると、同じ形の商品が多いのに気づきました。ひょっとしたらマルマンはシチズンの子会社なのかな?

★ちくりのこーなー★
H店Iさんが最近Macに興味を持っています。「中古で安いのを買おうかなぁ」と迄言っています。さあ!みんなでIさんをMac教に引き込んでしまいましょう。「東京フレンドパーク」でラストの商品に多いMac、「所さんの笑ってヨロシク」の普通の100人で使われているMac、終わったけど「タモリの音楽は世界だ」でも使われていたMac、さぁ、どんどん欲しくなる。お布施は要りません。呪文を唱えるだけです。「Quicktime Quicktime Quicktime...」

そりでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のパソコン その1 N店 O

我が家のパソコン その1 N店 O
前回、Librettoを買ったと報告しましたが、今回はその他のパソコンについて報告します。H店のごんさんのupにパソコン歴があったので、私もパソコンとの出会いから書きたと思います。

我が家に初めてパソコンが、やって来たのは今から12年ぐらい前、NECのPC8801FR(8ビット)が最初でした。24ドットプリンターとセットで購入、ゲーム(当時は、信長の野望や三国志でかなり遊びました)やワープロに利用していました。当時のPC88パソコンはゲーム機的な感じで、PC9801の初代無印や2代目のF、Mなどが、中学から高校生の自分には高嶺の花、あこがれ的な存在でした。
次に購入したのが今から4年前、結婚のお祝いに姉に、中古のPC9801DX(i286)を14万で買ってもらいました。これは完全に失敗の買い物でした、当時98はFAが発売され386から486に以降しさらに初代MATEが発売される始末、それでもPC88よりも速く、MS-DOSや一太郎4.3でかなり勉強させてもらいました。今も部屋の片隅で、一台さみしくゲーム専用機として余生をおくています。
(結婚のお祝い為破棄処分できません)
WINDOWS3.1が、ブームになり286CPUは使いもにならなくなり、PC9801NXC(i486SX25)を、またまた中古で購入(メモリーとHDD込みで30万)、これまた失敗、当時98ノートも9801から9821に変る時期、640X400ドットの画面では、満足にWINDOWS3.1も使えず、さりとて音源も無い機械でゲームも楽しめず、たいして利用せずに、この8月にソフマップに7万で身売りしました。
そんなかんなで、のらりくらりとパソコンを使っているうちに、ライト電器でもパソコンを本格的に取り組みはじめ、いよいよ去年の11月が迫って来ました。それから今日までパソコンを、5台も買うことになるとは・・・・・・。

時間が遅くなたので、そのお話は次回にします。

PS 古い話ばかりですみませんでした。古すぎてわからないことは、メールで質問を送ってください。 N店 O

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H店よりつぶやき。

よし、よし。いい雰囲気になってきたぞ。
H店ごんです。
Mac使いがいらっしゃるとは思いませんでした。
テキスト文書の作成には何を使っていらっしゃるのでしょうか。システムソフトエディタと答えられると、う~んとうなってしまいます。Simpletextですか?まさかわざわざワープロソフトを起動なんてしてませんよね?なんて怒られてしまいそうですね。
X68系、もしくは仮想X86系(PowerPCチップ)のマウス操作のここちよさは、まるで高級車のようです。これこそホントのラスターグラフィックオペレーションだ!とMacを触る度に感心し、納得してしまいます。高級車に乗ったような感じです。ATマシンは(しょうがないからNECも含めるけれど)どれだけCPUクロックが上がったりキャッシュが付いても絶対真似できない。それが証拠には重たいソフトを動かしたりするととたんにマウスがカクカクして、ああ、付け焼き刃であとから付け足した”仮想指”というのはこんなもんだな、と思い、Macを振り返ると、どんなにシステムが読み込みとか処理に負荷がかかっててもマウスなどは完全独立したシステムですもんね。Macの基本アーキテクチャーのTOOL BOXの凄さですね。マウスの操作具合だけなら、シャープのX68000もおなじくきもちンよかでしたし、NEXTも良かった。ただしあちらは基本的に独自OSとUNIX(Mach)でしたから、やはり一般向けのMacのコストパフォーマンスには勝てません。

あ、いけないいけない。つい長話になってしまう。早く寝なくちゃ。身体がまだ正常じゃないのに何してんだろ。ついでに、X68000とかTOWNSとかはたまたMSXを使っているとゆー人がいらっしゃいましたら、「かかってこんかい」じゃなかった、お話ししましょう。東芝とかナショナルのワープロでインターネットに入った人、募集します。景品は無いですが、繋いだことが無いので話が聞きたいです。

そりでは。

でも僕はやっぱりOS/2が好き...Win95はいまいち信用できなくて..NTならまだ許せるんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

O店 T

 パソコンを購入し4か月、掲示板に参加するようになり2か月になります。この2か月間、掲示板に参加されている方のお話しを楽しく読ませていただいていますが、皆さんはパソコンをどのように活用されているのでしょう?H店のIさん・ごんさん、N店のOさん、皆さんすごくパソコンに詳しそうですね?O店にも後輩でありながらパソコンについては大先輩という者もいますが、私と同様MACを使っていますのでWindowsの情報が乏しい状況です。ちなみに、私の使用状況としては、データベースでのプライス作成、掲示板への参加、そしてワープロとして使っているくらいで、活用しているとは決して言えません。さらに、今流行のインターネットをも利用していないという状況です。
 思いきってパソコンを買ってみたのはいいのですが宝の持ち腐れのようで少々不安になっています。また、接客時のお客様へのアドバイスとしても皆さんの意見を参考にしたいと思います。WindowsでもMacでも、どちらでもいいので『こんなふうに使っている。』という情報があれば教えてください。
  H店のIさんへ
   ライト電器には、最低2人のMACユーザーがいることをお知らせいたしま
   す。微力ながらお手伝いできることがあれば協力を惜しみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さっきの追加です。 H Iより

N店 Oさん H店 ごんさんの続き

 ご両人様。ごめんなさい。9/25分のHPを見てませんでした。お詫びにMy PCの紹介をします(と、言ってもごんさんは知ってますが)。
米Micron社のMillennia(ミレニア)を愛機として使用中(ルートがないのでライト電器では現状取り扱い不可。どこで買ったかは秘密)。スペックはPentium133Mhz、32MB-EDO-RAM、1.6GB+850MB-HDD、VGAカードはミレニアム(98X-MATEシリーズの上位機種採用のアクセラレータボード)に4MB-RAM。スペック的にははっきり言って持て余してます(貯金の方は購入した去年の年末以降、完全に氷河期に突入しています。)。他に9821ASU2にオプション多々(最近、起動すらしてません)。 と、書いているとライト電器社内でのMACユーザーはいったい何人いるのでしょう?。MACの知識に乏しい私としては、是非とも社内のMACユーザーの登場に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H店 より

H店ごんです。
N店 OさんのUPについて

素晴らしい。こういうUPを待っていました。
こういう情報交換こそ掲示板の主旨に合致するものではないでしょうか。

僕の家にはIBMのAptiva750(P-120、セカンドキャッシュ無し)があります。パソコンはもともと10年ほど前にPC-9801UX(i80286-12MHz)を5年ローン(60回払い!)で購入したもので当時60万ほどしました。まだこの業界にはいない頃で、つくづく人生ってなにがきっかけで変わるかわからないなぁという印象です。Windows/386 V2.11を購入して286モードのみで触ってみたりしてました。そのころはまだOS/2とWindowsが兄弟OSだった頃で、OS/2っていいなぁ、とずっと憧れておりました。次に買ったのはEPSONのPC-486GR(i486-25MHz)で、まわりがみんなDOSオンリーの時にWindows3.0を導入、さらにブームとなった3.1を入れ、サウンドブラスターを付け、一人時代の最先端を走っているつもりでおりました。しかしやはりOS/2が気になり、WindowsNTがDOS/Vでしか走らないということもあって、先代Aptiva720(i486-100MHz)に買い換えました。さらにそれが今の750へと続くわけです。
面白いことに、NECのPC-9801UXはi80286マシンであるはずなのに、売るときに中を覗いてみると、AMD286と印刷されていたのです。びっくりしました。

★ ★ ★ ★

Aptivaについてひとつ。ラピッドレジュームが売りの一つの機械ですが、いかんせん特殊なために拡張ボードを増設するとレジュームがきかなかったりします。特にSCSIアダプタはほとんどダメになります。Adaptecの物も同じです。しかし、PCIスロットを搭載したAptivaなら、DC-390というSCSIボードで全くOKになります。今はその快適な環境でAptivaを使用しています。残念ながらライト電器では扱えませんが、もし個人的にAptivaを使っている方がいるなら、いちど試してみてください。お勧めです。

★ ★ ★ ★

情報収集のための日経バイトもまだ読めていないし、プレジデント誌も3ヶ月分山積みになっている。鳴呼!なんでこんなに時間がないんだろう。

もっともっとたくさんのUPを期待しています。特に、各OA店の店長、担当者、もっと喋りましょうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Librettoがやって来た N店 O

 やりました、とうとう買いました。Librettoを270MBのHDD、486DX75MHz、メモリー8M(最大20M)のスペックしかないこのパソコン。しかし、唯一他の機種にない最大の特長が重さ840gいままで使っていたPC9821LA10の半分以下しかないのです。LA10の時は、重くて(それでも98ノートの中では軽い)いつも持ち歩くまでは行きませんでしたが、Librettoならいつも携帯できます。いまのところ通信端末になっていますが、そのうち立派なWINDOWS95 マシーンとして利用したいと思っています。今回は使用説明みたいになりましたが、次からは実際の利用状況を報告して行きたいと思っています。

それから皆さんがどのようなパソコンを持ているのか、どのようなソフトを利用しているのかを、掲示板にupすれば定番商品以外や旧型機種の情報交換になるのではと思います。たとえば我が家にはPC9821XSC8がありますが486DX2 66MHzのこのマシーンに486DX4以上のCPUが必要な一太郎7をインストールするとどうなるのか(ちなみにちゃんと出来ます)など、トラブル体験や解決方法は特に勉強になると思うのですが、皆さんいかがですか?

  N店 O

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 1996年8月 | トップページ | 1996年10月 »