宇宙ネコの舌ざわり

2006, 03, 18 土曜日

今日は吉井怜ちゃんの誕生日です。

asahi060311aテクノロジーネタから。

住友電工、「超伝導」送電線を年内にも発売

 住友電気工業は、低温で電気抵抗がゼロになる「超伝導現象」を応用した送電用ケーブルを年内にも発売する。送電線の老朽化が進む米国を有望な市場とみて、5月からニューヨーク州のオルバニー市で世界初の送電実用試験を開始。成功を確認できた段階で発売に踏み切る。契約が取れれば、送電線としては世界初の商用利用になる。

 同社が発売するケーブルは、セラミック系の物質を加圧、焼成。それをテープ状の線材にして、3本のパイプに巻きつけたものだ。取り扱いが比較的簡単な液体窒素(零下196度)で冷やして使う。線材に流せる電流量は最大で現在の銅線の約200倍。送電に伴う損失分も従来の半分程度と、省エネ製品としての需要も期待できる。

 同社の大阪製作所(大阪市)は、この超伝導の線材を年1000キロメートル生産する能力を整えたところだ。一方、発売に向けて米国子会社が市場調査や電力会社への営業活動を始めた。

すごい!『超伝導』なんて、はるか未来の話かと思ってたら、もう実用化ですか。


ノート並みの「ウルトラモバイル」 マイクロソフト発表

 マイクロソフト(MS)は9日、ノートパソコン(PC)並みの機能を持つ小型PC「ウルトラモバイルPC」を発表した。

 キーボードはなく、7インチ画面にペンや指で触れて入力する。内蔵マイクと無線ネット接続でIP電話にもなる。ゲームや音楽、映画も楽しめ、携帯ゲーム機や音楽再生プレーヤーの市場もうかがっている。

 心臓部の超小型演算処理装置(MPU)はインテル製、基本ソフト(OS)はMSのウィンドウズXP。値段は10万円前後を狙う。韓国サムスン電子などメーカー各社が4月から順次、MS規格の製品を出す。

出ましたね・・・・
でも法則が発動しなければいいのですが・・・・

スーパーカー消しゴムを飛ばしたBOXYが帰ってくる!

文房具「BOXY」、14品を限定復刻

 三菱鉛筆は、70年代後半から80年代にかけて、男子小学生を中心に人気があった文房具ブランド「BOXY(ボクシー)」シリーズの復刻版を20日から限定販売する。

懐かし~い!
スーパーカー消しゴムを弾いてレースするのに重宝したものです。

up5345

続きを読む "宇宙ネコの舌ざわり"

18:18:01 文化・芸術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

リニモってな~んだ

2005, 03, 24 木曜日


きゃー!愛知万博のCMで、「リニアモーターカーに逢える」と言っていたけど、ただ単に展示しているだけかと思っていjました。

ところが!

続きを読む "リニモってな~んだ"

19:32:44 文化・芸術 | | コメント (1) | トラックバック (2)

■表現を出来る楽しさ、出来ない時間

2004, 02, 08 日曜日

甲殻機動隊、昨日ケーブルテレビの番組表で深夜にやっているのを発見し、録画して今日見た。
うーん。押井守ワールドは難解だなぁ。もとよりその世界にどっぷりつかっている人間にしか理解できないし、楽しめないと思うぞ。それをウォシャウスキー兄弟が感動してMATRIXを作ってしまった。MATRIXはある程度の頭を持っていれば誰でも理解できる。そこんとこはすごいよなぁ。
でも物語とは全く関係なく、あの中に出てくる戦車。蜘蛛のように足が6本で機銃を2門装備。あれはいいね。自衛隊にも装備させたらいい。市街地などの局地戦では役に立つだろう。作るのはもちろん三菱重工だ。

深夜にチャンネルを変えたら、浜ちゃんと吉村由美が腰のあたりをレントゲンで撮っていて、お医者さんが診断していたが・・
由美ちゃんの骨盤の下の部分にうっすらと影が・・これって、体の線じゃないの・・?それも・・・いいのかなぁ・・そのモノのカタチが映ってるんですけど・・

考えすぎ?そうかもね。

こんなページ見つけた。勝手にリンク。ゴメンなさい。

それと、人物デッサンのページ。懐かしい。
デッサンなんて、18~20歳の時にはやってたけど、ポーズ写真集とか買ってね。
専門の学校なんか行ってないから、独学・我流で。

絵を描くって楽しいんだけどね・・・うちにあるエアブラシはもう錆びてるかな。
音楽を作るのも楽しいんだけど・・・
時間がない!

0:00:00 文化・芸術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■ロットリングを見つめて

2002, 03, 24 日曜日

帰りにSHARPの日英翻訳ソフトを買って帰る。日本橋のくじ引きチケットですと渡されたものを持ってAVICの前に行くが、「残念、はずれです。」と下敷きを渡された。

帰ってから、報告日報を書こうと思ったがもう用紙がないので、まだ書いていない用紙をFAXでコピーして使おうと思ったら、A4に収めるために縮小設定をしていたことを忘れていて、少し細かい線になってしまった。これではボールペンでは書けない。
少し考えて、インクと付けペンで書こうと考えた。
引き出しをごそごそ探す。あった!ペン軸とペン先。証券用インクは..少しだけ残ってる。ペン先ケースを開けてみて、スクールペンを探すが、ない。さじペン(カブラペン)とNIKKOのGとゼブラの丸ペンしかなかった。困った。丸ペンでは細かすぎてFAXでは潰れてしまうし、Gペンでは読みにくくなるし..でも無いものは仕方がない。
そういえばロットリングは無かったか?...探して見つけたけど、インクがない。それにペン先がカビカビになってしまっている。ちゃんとインクは抜いてきれいにクリーニングして(ロットリングのクリーナーで)しまっていたので、おかしいなぁ。
とり・みきの影響でロットリングを使っていた時期もあったなぁ。必ずインクを入れた0.1 0.2 0.35 0.5 0.7を引き出しに入れてて、イラストを描くときはほとんどそれで間に合わせていたし。
結局Gで書く。それもむかしむかしのまだ”G”がもりあがったNIKKOのGで。これで書くと横に細く、縦に太くなってしまう。そういえば昔使っていたアクリル絵の具はもうないなあ。もう書くこともないだろうしなぁ。エアブラシはまだしまってある。0.2のピースコン。ピースコンビーは高くて買えなかった。でも後で結局ホースは買ったけどね。バニーのコンプレッサーが欲しかったなぁ。あの時書いたNWNの壁掛けの絵はまだとっておいてくれてるんだろうか。もう捨てられてるだろうな。受け取った次の日に捨てられてたら悲しいな。
アクリル絵の具のことを考えると、なんで小学校の図画の時間は水彩絵の具なんだろうと考えてしまう。ちょっとでもかぶさるとにじむのが苦手で、不器用で、つまり絵が下手だった。鉛筆のデッサンの時はすっごく褒められるんだけど。色をつけるととたんにダメ。それが原因で絵を描くことがキライになった子供は多いと思う。絶対アクリルにするべきだって。

0:00:01 文化・芸術 | | コメント (0) | トラックバック (0)