Bad Apple!!

2010, 02, 06 土曜日

つい2~3日前に、twitter上でこんな書き込みを見ました。

twitter上で「CNNが釣られた」というPOSTを見たのでなんだろうと思ったら、ニコニコ動画のある動画を元にぱらぱら漫画風にアレンジした別の動画が、元の動画の作成風景と勘違いされてCNNのニュースに流れたそうです。

元の動画もなにも知らなかったので検索してみました。
そして、衝撃を受けました。


【東 方】Bad Apple!! PV【影絵】


うわーん なにこれー


 楽しげなことしてるやーん


シルエットだけですが、それがより立体的に見える。
なまじ丁寧なセルアニメより生々しい。
ほんとうに誰かが踊ってるみたいに見えるけど、こってそういう専用ソフト(ツール?)があるの?楽曲を作るのは20年以上前からありますから進化系で色々できるのは知ってます。でもこの画像!Flashなのか?そうなのか?

元ネタがゲームらしいという文章は見つかるのですが、本当の所どうなのか、調べたけれどよくわかりませんでした。もとの絵コンテのようなものがあって、それに従って作った、楽曲はもとからあったようだということはなんとなくわかりましたが・・・詳しい人解説頼む。


いいなぁ(´・ω・`)今の子は。

歴史にifは無いといいますが(歴史ってw)もし僕が子供の頃にこういう機材があれば・・・
パソコンがあれば。
ツー ルがあれば。
そして何より、自由に使える時間があれば。

大人になってから大阪万博に行きたかったというのと似てるかな?似てないかな?

続きを読む "Bad Apple!!"

23:37:42 アニメ・コミック | | コメント (0) | トラックバック (0)

キッスは目にして!

2010, 01, 25 月曜日

Twittercapaゆきえちゃんが誕生日だったそうで。おめでとうございます~
いいな。こういうとき首都圏に住んでないとなかなか行くこともできない。
まあいいか。たくさんの人にお祝いしてもらってるようでなによりです。

僕も8日に誕生日だったんだけどね・・( ;∀;)
曜日的にはとっても都合のいい金曜日だったんだけどね・・・・


・・・・


一人でお祝いしました。( ;∀;)


 
 
 
 
 

     *'``・* 。
    |     `*。
  ,。∩      *    もうどうにでもな~れ
  + (´・ω・`) *。+゚
  `*。 ヽ、  つ *゚*
   `・+。*・' ゚⊃ +゚
   ☆   ∪~ 。*゚
   `・+。*・ ゚


 
 
 
 
 

さて、週間アスキーで自主製作のアニメーションを公開しているページの特集をやってました。

すごいですね。
・・・っていえるのはほとんどがそれ系の専門学校とかの人なんだろうけど、でもこの人なんかは高校生のときから作ってたみたい。

20091109000116

フミコの告白

※注:会社で見てる方がいたら、決してリンクをクリックしないように

なーんかすごいなって。
とにかくすごいなって。これが仕事でやっている人じゃなくてまだ素人の段階なんだもんなぁ。

製作の記録とか書いてあって、呼んでて「うんうん、わかるわかる・・」という箇所がいくつもありました。

物を作るとき、確かにしんどい。
じもそれを見てもらったときのことを考えたり、作ること自体が楽しくて作業している。
僕の場合は楽曲を作ることだったけど(一時期アクリルを使ってのイラストとかもやったけど、それは人に見せるもんじゃなかった)、共通するものはあると思う。

製作記を見てて、今はパソコンとかAdobe関連のソフトですごいことできるんだなぁと関心。もちろん原画とかプロットを考えるのは昔ながらのアナログで、そこは制作者の感性が大きく左右するところ。でもいったん素材が揃えば、それを組み合わせるのはパソコンの中。

僕が音楽作ってたときにはパソコンといったら8ビットで、ゲーム化おもちゃの延長だった。音源といえばFMかPCM音源。ファミコンと同じぐらいなカンジ。曲作りではパソコンよりRolandの4トラックシーケンサーに数字打ち込むぐらいしか機械は無かったな。あとはみんなテープに多重録音の手作業。
ラジカセを2台つないでの重ね録り・・・
作るのは楽しかった。

やっぱり物作りがもともと好きなんだなぁと思い出す。

続きを読む "キッスは目にして!"

1:15:03 アニメ・コミック, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

水の星へ愛をこめて

2008, 11, 15 土曜日

Moegenso_20081103305

コネタマ参加中: 一緒にデートしたいアニメキャラは??


というわけで私が、ゆっきーのネタフリに反応してしまったごんです。みなさんいかがお過ごしですか。

アニメ、特に最近のアニメにはあんまり興味がなかったりします。もうそんなトシでもないし。(´∀`)

それでも、最近いいなと思ったキャラがあったりして。
キャラというより、この企画物的なノリが・・・


ついに元素にまで“萌え”が…「元素記号」が美少女キャラクター化

PHP研究所から、元素萌え本「元素周期 萌えて覚える化学の基本」【AA】が出ていて、2日にはアキバ各店に並んでいた。

書籍情報では『化学元素118個を美少女キャラクター化!キュートで楽しいビジュアルで元素周期表を網羅。あなたのお気に入りの元素娘をみつけよう!』・『水素からウンウンオクチウムまでの118元素を化学的性質、利用法、命名者などを基に完全擬人化!!』を謳っていて、水素・酸素・鉄・水銀など118の元素の擬人化イラスト入り。

とら1号店には『萌えの領域がまさかの元素w いよいよ元素記号の覚え方が、いよいよ元素記号の覚え方が、水平リーベ・・・→メイド・妖精・おっぱい・・・の時代に突入ですよ!
ヒ素とかプルトニウムとか、危険物質まで萌えちゃいます!』POPが付いていた。


元素といえば、一番基本になる

Moeganso_ef4c6e88

が肝心だと思うんですけど。水の構成要素でもあるし。


でもやっぱり、僕としては

ナトリウムたん

Moegenso_53db4b7d

がいいかなと。ゆきえちゃんにこの格好してもらって・・・・へへ(*´∀`*)
よみうりテレビに来たときには横の大阪城公園を一緒に歩いて・・・・












         ∧_,,,,
         (・ω(;;::)  そんな怒らなくても
         ∪ ∪ #)
         (__(__つ





続きを読む "水の星へ愛をこめて"

11:09:32 アニメ・コミック, ウェブログ・ココログ関連, 学問・資格, 教育・学校 | | コメント (2) | トラックバック (0)

銅鑼屁悶~

2005, 03, 18 金曜日

doranews0807銅鑼屁悶~」
邪威餡が、邪威餡がぼくをいじめるんだよぉ~
なんとかしてよぉ~銅鑼屁悶~」
「トリカブト~!!!」
銅鑼屁悶~それはやりすぎだよぉ。PTAからカバゴン先生と一緒に抗議に来るよぉ~」

続きを読む "銅鑼屁悶~"

23:57:54 アニメ・コミック | | コメント (0) | トラックバック (2)

数十年ぶりに声変わり?

2005, 03, 14 月曜日

8(*^^*)8の
あれ?FEPが勝手に変換している。
サザエさんのワカメちゃん役の声優さんが新しい人にバトンタッチ。

続きを読む "数十年ぶりに声変わり?"

5:46:00 アニメ・コミック | | コメント (2) | トラックバック (1)

■黒毛和牛上塩タン焼680円

2004, 10, 25 月曜日

帰ってテレビをつけたらブラックジャックをやっていた。
ピノコをかわいらしく描きすぎ。原作ではもっと怖い存在だ。
人間愛、動物愛を謳ったBJはそれだけで名作だが、今の時代に必要かと問われると、俺は必要ではないと答える。

自然を大切にしよう、人は助け合おう、悪い人は懲らしめよう。

まあ、当たり前と言えば当たり前なんだけど、それがむなしすぎて、現実と乖離しすぎて、意味がない。

従軍慰安婦や南京大虐殺が真っ赤な嘘だと分かってから、共産党左翼は教科書や子供向けのアニメに入り込みはじめている。

本宮ひろし、まだ読んだことないけどすっごくひどいこと書いているみたいだね。

単純な勧善懲悪からスライドしてえせヒューマニズム、えせフェミニストになっていくんだろう。

今日の題は大塚愛のBJのエンディングテーマ。
「あなたとひとつになりたい。」

ここではこんな風に評しているが・・

−>それでも今回の「黒毛―」は異色。“あなたにほてらされて あたしは濡れて熟されてく”“刻まれてく 愛の遊戯…お味はいかが?”と焼き肉を食べるという行為と情景に、炭の炎の向こうに恋する2人の熱~い姿を重ね合わせるという仕掛け。

 焼き肉をツーショットで食べるならその2人は本物(カップル)というのが世の通説だが、ユニークで強烈なタイトルからは想像もできない、官能的でエロチックな楽曲に仕上がっている。−>

焼き肉を食べるふたりの情景なんて浮かばないんだけど・・?
焼き肉を食べるその二人は恋人・・・?

おりしも、今回のBJ(ラスト10分しか見てないけど)は、大けがをしたイリオモテ山猫をいの一番に手術し、にくったらしい政治家を後回しにするというもの。

俺は、この歌は地球の上の動物はみな友達だと、だからあたし(黒毛和牛)を食べて一つになろう?という意味に取ったぜ。
大塚愛よ、本当はこの意味で正解だろう?

0:00:00 アニメ・コミック | | コメント (0) | トラックバック (0)

■ハクビシンですが、なにか?

2004, 01, 31 土曜日

休みだけど、出勤してきました。

なんか、昨日からすっごくエバンゲリオンが見たくて、
前にテレビ大阪で年越し全部放送を取ってたビデオを通しで見ている。

ただのアニメじゃないのは皆さんご承知だろうけど、裏にある暗喩。
キリスト教以外の宗教観とも関係しているような感じ・・

一時期はエバ関係のサイトもいっぱいあったけど、今はあんまり無いみたい。

ガフの部屋・・・

今、生まれている子供に魂が無い可能性は、高いと思う・・・

0:00:00 アニメ・コミック | | コメント (0) | トラックバック (0)

■寄生獣

2003, 12, 02 火曜日

寄生獣という漫画。

ここのHPで、僕と全く同じ床屋で見たという
寄生獣

なんかすごくはまってしまって、時代のツール、インターネットで検索すると1990年から1995年に連載されたんだってね。
BOOK OFFでよく見るというから、思わず注文しちゃったよ。

前も書いたけど、頭からフケのようなモノが。症状は治まって来ているようだが、念のため皮膚科に行ってきた。

結果、カビなどではなく、やはりシャンプーで痛めたのだろうということになり、塗り薬をもらった。
これで治ればいいなぁ。もう風呂場のブラシでゴシゴシなんて絶対しないぞ!

0:00:00 アニメ・コミック | | コメント (0) | トラックバック (0)

■いい加減な作りなら、作らない方がマシ。

2003, 04, 13 日曜日

阪神、えらい!また勝った!(まだ試合終了してないけど)

朝、テレビで鉄腕アトムをやっていた。
先週に始まったのかな?新しく作られたシリーズらしい。
しかし、オープニングからしてげんなりした。

見るからに悪者と戦うようなシーンばっかりで、本編もそうだった。
なんか違うんじゃない?天馬博士ってそんなに悪い人だったっけ?

第一、悪いロボットばっかり出てきて戦うのなんて、ガンダムとかに任せとけばいい。
手塚治虫の書きたかった内容とは、てんでかけ離れているとしか思えない。

しかもタイトルにアストロボーイなんていちびってアメリカでのタイトルを付けやがって。
見る方の子供の知能を見くびりすぎ。

0:00:00 アニメ・コミック | | コメント (0) | トラックバック (0)

■えんどコイチ

2002, 03, 19 火曜日

今はもう全く漫画雑誌は読まなくなった。子供の頃は皆と同じように漫画を読んでいた。集英社のジャンプ、小学館のサンデー、講談社のマガジン、秋田書店のチャンピオン、少年画報社のキングのいわゆる5誌時代に小学生という時期、誰でも一度ははまる時代だと思う。
5年生ぐらいまで、僕は漫画雑誌に全く興味がなかった。それがどこで見たのか、鴨川つばめの漫画を見て衝撃を受け、マカロニほうれん荘を読むためにチャンピオンを買い始めた。
当時のチャンピオンはすごかった。相変わらずジャンプは毎週「何百万部!」というコピーを掲げていたが、自分としてはチャンピオンの方が好きだった。ジャンプの暴力ばかりの路線より、いろんなジャンル、実験的なものからコメディまでまんべんなく乗せているチャンピオンが好きだった。
マカロニほうれん荘をはじめ、がきデカ(これすっと変換したな。VJEはがきデカを知っているのか!)、ドカベン、ブラックジャック、飯森広一のレース鳩0777、らんぽう(第一回は今でも覚えてる)、ゆうひが丘の総理大臣(このおかげで辻本清美が総理!と言ってもこっちの方が浮かんでしまう)、ふたりと5人、石井いさみの750ライダー(あだち充の師匠なんだぜ)、月とスッポン、花沢高校、百億の昼と千億の夜、エコエコアザラクなど。どれもスバラシイものばっかりだった。今でも深夜ドラマ化されたりするのは皆チャンピオンからばっかりである。また、新人をデビューさせ、育てていくのもこの秋田書店だった。何人秋田でデビューして集英社や講談社にさらわれていったことか。レモンエンジェルのわたべ淳、名前忘れた、なんとか健太郎。それに、えんどコイチ。
これは新人漫画賞で佳作になった「遠足の日」で本誌デビュー。まだ本名の遠藤幸一
で掲載。その後、「クリスマスの日」、「マジカルミラクル」、ヤングチャンピオンの「闇に走る」などを掲載した後、「アノアノとんがらし」で連載開始。吾妻ひでおの遺伝子を持つ独特のキャラと、当時としてはわりと安易な期待を裏切るストーリーの面白さ、つまりギャグ漫画だから奇想天外、と言うことでいいと思うけど、面白かった。
しかしその連載を終わるとすぐ、ジャンプに書き出した。これは「こっちに来ないか、専属契約で大金を積もう、アニメ化もしよう」という集英社のやり口だったと思う。

当時鳥山明だけの柱では心もとないと思っていたのかいくつもそういう風に集英社は未来のある才能あふれる漫画家を青田買いしていった。そしてつぶしていった。「死神くん」はそのままデビュー作の登場人物と設定だし(東京上空いらっしゃいませはこれがもとの発想なのか?)、人情ものはすでに「クリスマス」で発露していた。今は・・・インターネットで検索する限りでは、もうすでに・・

なんでこんなこと書くかというと、押し入れにその当時のチャンピオンで書いた分のえんどコイチの漫画が全部残っているのだった。いちおうみんな単行本収録されているのかな?見たことあるかな?初期作品は?

欲しい人、いる~?

0:00:01 アニメ・コミック | | コメント (2) | トラックバック (0)