« くじら12号 | トップページ | 風を追いかけて »

光の鐘を鳴らせ

2010, 09, 26 日曜日

Ky786js2v51qz8dpno1

※今日は腹立ったので衝動的に書いてます。
 オチなしです。ご了承ください

世間では尖閣諸島とか中共が傍若無人な振る舞いをしているのに取り調べして起訴すべき中国人をさっさと返してしまうようなおよそ主権国家とは思えない行動に走っている日本政府。
さすがに世界中であきれていると思う。

そんなこんなで巷ではいろんな腹立つことがありまくりなんだけど、自宅で今回こんな事があった。

【NTTの不思議な話】

前からNTTコミュニケーションのセールス電話が2週に1回はかかってきてとってもうっとおしいという話は書いたと思う。そんなところにODNからNTT西日本とセットキャンペーンの案内が来て、もうこのついでに変えてしまおうかと思い、NTTのホームページでサービス提供可能番号かどうかを確認の上、ODNに申し込んだ。

すると数日後にNTT西日本から電話がかかってきて「お宅の団地では光収容回線が既に一杯なので工事できません。増設の予定もありません。キャンセルされますか、待たれますか?」と言われたので、とりあえず待つという返事をした。

このままODNとNTTがずれていてODNだけ勝手に光になっても困るのでODNに経緯の連絡をした。かつて、モデムからISDNに変えるときに、両社の連絡がうまくいってなくて1カ月間使えない状態になったことがあったからだ(これはODNのせいだった)。その時は1ヶ月だけBIGLOBEを契約した。

118706676longcat

ODNによると、今回の自社のキャンペーンは今申し込んでもらってるので工事が来年2月までならキャンペーン適用できます、NTTのキャンペーンは今年の年末までですと聞いた。

さて、昨日のこと。例によってNTT-Cのセールスが来たのだが、なんと家まで来やがって光はいかがですかとドアの向こうで喋り始めた。これこれこういうことで申し込んだら回線がいっぱいだから現在連絡待ちだと言うと「光、今すぐ開通できますよ」とぬかしやがる。
そんなわきゃあない、ちゃんと調べろというと一旦どこかに去って、しばらくしてまた来てやっぱり出来ますと言う。その場は返事もせずに無視して追い返した。

L04sqagj6d1qb2081o1


話がおかしい。NTT本体からは出来ないといわれているのにNTT-Cは出来るという。頭に来てさっきNTT本体0120-116-116にかけて聞いた。しかしこの電話番号では登録が見当たりませんと言いやがる。
どういうことだ。念のためと携帯電話番号や郵便番号、住所まで聞かれたが記録がないと言う。
おいどういうことだ。挙げ句の果てに「ODNからNTTに連絡が来てるはずですが、そのNTT側の担当者の連絡先とかわかりませんかね」と言う。

(´・ω・`)

アホか!なんでそんなんわかるねん!念のため今日現在で、NTTフレッツ光を申し込んだら提供できるのかどうなのかを聞いても、「要確認と出てくるのでわかりません」と言われた。

(´・ω・`)

このまま話しててもらちあかないのでとりあえずODNに聞いてみることにした。
接続IDで調べたら前回と同じ人だったようで、いろいろ骨を折って調べてくれた。(ノД`)
結果、ODNからNTTにキャンペーンに基づく依頼をした向こうは分からないので(当たり前だ)、NTTにもう一度申し込んでくださいという提案をしてもらった。
もし申し込みがダブれば回線番号は一つなので発覚するはず。もとの申し込みがキャンセルされてればそのまま工事へ。ODN側ではキャンペーン適用分として処理してくれるという。(ノД`)

ということでNTTのホームページからもう一度申し込んでみようと思う。

13302b1d


おい原口っつぁんよ、NTTって民営化されてるはずだけど、これって民間の会社がやる仕事じゃないよねぇ。
も一回公社に戻したら?
利益追求がコストダウンじゃなくて利益をぽっぽないないするための組織になってるんじゃないか?
NTTドコモの「iPhoneのSIMロック外せ」の言いがかりとか天下りを拒否したソフトバンクモバイルにつながりやすい周波数帯を許可しないのは、ジャイアンにしか見えないんだけど?

411036b2




↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

18:50:22 パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/49568853

この記事へのトラックバック一覧です: 光の鐘を鳴らせ:

コメント

コメントを書く