« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

失格

2010, 02, 26 金曜日

090805_2334

自分の言いたいことを私は何も言わない
自分のやりたいことを私は何もできない
自分の為に泣いても人の為には泣けない
主義・主張を叫んで外を歩く勇気なんかない
ひねもすベッドに寝てるのは病人か赤ん坊
何もかもが嫌になるにはまだまだ若すぎる
誰かの喋る言葉で心なんて弾まない
明るく元気だけが取り柄の女にはなれない
他人の視線ばかり気にしてる人を認めない


時々とんでもなく空虚感が襲ってくることがある。
心理学とか病理学では「それは××で・・・」などと名前がつけられるのだろうけど、一応まだ日常生活を送れているのだからよしとするつもりである。


この空虚感はいつもというわけではなく、ごくごくたまに感じるだけだった。
そんなことはみんなあるはずだし、別段おかしいことでも自慢することでもない。そう思ってた。

僕の周りには誰かいて、そして僕の周りには誰もいなかった。

小学校の時から常に人の輪の中心にいた。
モテたとか人気者だったというわけでは特にない。
とにかく、他が思いつかないことを考えて、面白いことを言って、派手なことをしてると、みんな寄ってきた。
小学校の卒業アルバムには『おおわがクラスのアイディアマン』と肩書がついていた。

級長や委員も何回もやった。
人のやらないことも率先してやった。別に正義感とかくそまじめだったわけじゃない。他の人がやらないことは、そのやらない人には知り得ないことでもあるし。そう言うのが楽しかった。逆に、誰もがやってることはあまり興味が持てなかった。別に僕じゃなくてもできるんなら、やらない。

傍目に見たらあまのじゃくに見えたかもしれない。実際そうではあるが。

それでも、何かのタイミングで心に間隙を持っていた。
親に愛されなかった気持ちもどこかにはあったと思う。


中学のとき、あまりにも根をつめすぎて病気になった。
発見がもう少し遅ければ死んでいたといわれた(前例があったらしい)
内臓の病気は怖い。そう脅された。
得意だった水泳も、走ることさえも禁止された。

体育授業が見学で欠席扱いとなり、平常点が不足したので、志望校を落とさざるを得なかった。

そのころから周りと一緒にできないことが増えた。自分が一人でいる時間も。

太宰治の『人間失格』を読んで、まんま自分だなと思った。

時期というのもあるんだろう。
ちょうどそう言うことを考え始めるのと重なったのかもしれない。
そのころから、具体的な空虚感を自分の中でもてあましていた。

続きを読む "失格"

2:00:19 心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

Bad Apple!!

2010, 02, 06 土曜日

つい2~3日前に、twitter上でこんな書き込みを見ました。

twitter上で「CNNが釣られた」というPOSTを見たのでなんだろうと思ったら、ニコニコ動画のある動画を元にぱらぱら漫画風にアレンジした別の動画が、元の動画の作成風景と勘違いされてCNNのニュースに流れたそうです。

元の動画もなにも知らなかったので検索してみました。
そして、衝撃を受けました。


【東 方】Bad Apple!! PV【影絵】


うわーん なにこれー


 楽しげなことしてるやーん


シルエットだけですが、それがより立体的に見える。
なまじ丁寧なセルアニメより生々しい。
ほんとうに誰かが踊ってるみたいに見えるけど、こってそういう専用ソフト(ツール?)があるの?楽曲を作るのは20年以上前からありますから進化系で色々できるのは知ってます。でもこの画像!Flashなのか?そうなのか?

元ネタがゲームらしいという文章は見つかるのですが、本当の所どうなのか、調べたけれどよくわかりませんでした。もとの絵コンテのようなものがあって、それに従って作った、楽曲はもとからあったようだということはなんとなくわかりましたが・・・詳しい人解説頼む。


いいなぁ(´・ω・`)今の子は。

歴史にifは無いといいますが(歴史ってw)もし僕が子供の頃にこういう機材があれば・・・
パソコンがあれば。
ツー ルがあれば。
そして何より、自由に使える時間があれば。

大人になってから大阪万博に行きたかったというのと似てるかな?似てないかな?

続きを読む "Bad Apple!!"

23:37:42 アニメ・コミック | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »