« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

ESCAPE

2009, 02, 12 木曜日

Torimiki02おしり洗浄・・・・っと  あ痛っ!
誰じゃ!こんなに水の勢いを強くしてんのは!
普通の3倍はきついぞゴルァ!

シャア専用ウォシュレットかっ!

もしかしたらキレちゃったかもしれんじゃないか!

というわけで思いがけずも温水便座が赤い水勢になってしまったごんです。みなさんいかがお過ごしですか?


去年、時間が少し空いたのでふらっと入った旭屋書店のSF文庫コーナーで“たまたま買い”した文庫を最近やっと読みました。

もともとは、20年以上前に買って読んだ(発行日はもっと古い。1960年代)K・H・シェールの『地底のエリート』『地球人捕虜収容所』『宇宙船ピュルスの人々』を読み返していて、松谷先生訳の『地球への追放者』だけを読んでなくて、読みたいと思いながら20年以上経ってしまった今、急に読みたくなって、でも既に廃刊になってるものだし・・
ネットで古本を見つけ、取り寄せて読んだことがきっかけで、またSFを読みたい衝動が出てきたことからです。


自己分析すると、現実世界に愉しさや喜びを感じられずに逃避している可能性もあります。


たまたま買いした本は、子供のころ図書館で子ども向けSFとして書かれていた『鋼鉄都市』(アシモフ)、読んだことなかった『自由未来』(ハインライン)。
ハインラインを読んだのは多分初めてですが、その『自由未来』の内容のエグさにグロッキーになっているところです。
ここまでシニカルにここまでリアリスティックにエグいことを書けるのか・・・
でも、今の中国大陸ではつい最近の清の時代まで宦官のしきたりがあったから、なんにも不思議なことはないのかもしれません。(これでどこにショックを受けているかわかりますね)

1109892529582

そもそも、書籍(特に小説とかSFとか)は、映画とかテレビとかでは到底表現できない表現がある。行間を読ませるってことですね。映像だと、その現象やモノを映し出さなくては話が進まない。でも“映像がない”ということで、より読み手や聞き手に強く表現できることもある。
これはラジオドラマにも通じる。僕はテレビドラマよりもラジオドラマの方が可能性が広いと常々思っているのもそこにあります。オーソン・ウェルズの『宇宙戦争』を持ち出すまでもありません。

続きを読む "ESCAPE"

2:14:54 日記・コラム・つぶやき, 書籍・雑誌, 社会 | | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »