« 2007年5月 | トップページ | 2007年9月 »

シバの女王

2007, 06, 07 木曜日

Zoomin_life_a1というわけで私が、『これが最後のチャンスです!この機会を見逃しますと一生手に入れられない代物ばかりです。在庫流出品のため売り切れ後の再入荷はございません』という帯にだまされて買って、自宅で再生して「だまされた!」と思っているごんです。みなさんいかがお過ごしですか?

何を買ったかは内緒。

おお、前回の記事は1カ月前ですね。さぼりすぎ・・

しばらく更新していない間に、家の中もいろいろ変わったものがあります。
まず電話。もう十数年使っていた古~い電話機を新しくしました。
三洋のちいちゃいの。携帯電話みたいに液晶画面がついています。
ついでにナンバーディスプレイも申し込んじゃいました。便利。

これが子機で、

070224_1135

これが親機。

070224_1136


それと、白鶴まるの、金の板が当たりました。すごい。

070519_1641

070519_1642

070519_1643

070519_1644

本当に抽選して発送してるんですねぇ。正直疑ってましたけど。


あと、夕張メロンも買ってきました。

070328_2001

こ~んなにいっぱい。

070328_2002

すごいでしょ!

070328_2003

あれ?でも中を開けたらビニールの包みが・・・

070328_2004

070328_2005

実は、夕張メロンゼリーでした。

070328_2006

070328_2007

070328_2008

おいしかったです。


・・・と書きつらねたところで、気になるニュースを。

ZARD坂井泉水さん、闘病中の病院で転落死

Sakai_izumi01

2007年05月28日12時20分
 「ZARD」のボーカルで作詞家の坂井泉水(いずみ)さん(40)=本名・蒲池幸子=かまち・さちこ=が27日午後、脳挫傷のため、入院先の東京都内の病院で亡くなったと、所属事務所が28日発表した。

 坂井さんは昨年6月、子宮頸(けい)がんを患って以降、都内の病院への入退院を繰り返していた。事務所によると、26日早朝、日課の散歩のあとに病室に戻る途中、階段の踊り場から転落したという。

そんなにファンというわけでも無かったけど、長戸大幸さんつながりで、少しは気になっていた存在。この話はそのうち書きますけど、ニュースなどでも不自然な状況を指摘されていましたね。
でもぱたっと報道が無くなった。

ご冥福をお祈りします・・

ビーチバレー選手、なぜビキニ?

[ 2007年05月23日 10時00分 ]
浅尾美和選手のブレイクで、人気が爆発しているビーチバレー。
会場にはたくさんのファンが詰め掛ける盛況ぶりで、今や浅尾選手だけじゃなく、ビーチバレー全体が注目されつつある。

そんなビーチバレー人気に、ある意味一役買ったといえそうなのが、選手たちのビキニ姿。

Asao_miwa01

女性はニコッとしながら、男性はニタッとしながら、ファッション性の高いユニフォームに釘付けになる。
一体どうしてこんなにも露出が高いんだろか。その理由を知ろうと日本ビーチバレー連盟のサイトを見ると、競技規定の中に「ユニフォーム規定」なるものを見つけた。

女子のパンツの深さについてはサイドが7cm以下でなければならない

Asao_miwa02

一体どうしてこのような規定があるんだろうか。日本ビーチバレー連盟に聞いてみた。
「規定がないころは、夏のビーチの開放感からか、さまざまなコスチュームで試合をする人がいたんです」仮装や露出のエスカレートを危惧した関係者は、歯止めをかける意味合いで、ユニフォームに一定の決まりを作ることにした。
ちなみに“サイドが7cm以下”としかない女子の規定、考え方によってはいくらでも露出できてしまう。その可能性について連盟は「プロが対象になる規定なので、選手個々に任せています」とのこと。

Asao_miwa03

どうぞもっともっと挑戦してください。


でも露出しすぎはかえって無理やり見せられているようでいやなときもある。

セーラー服、夏色に 装い軽く 衣替え

2007年06月01日13時51分
 1日は、冬服から夏服に装いを改める衣替え。名古屋市千種区の愛知淑徳高校と同中学校では、白い半袖に水色のスカーフの夏服で登校した。

 両校では、5月の連休明けから夏服と冬服が併用されているが、6月からは完全に夏服へ切り替わった。生徒たちは、穏やかな日差しを浴び、緑がまぶしい街路樹の下を、笑顔で登校していた。

夏服に衣替えし登校する愛知淑徳高校、同中学校の生徒たち

Asahi070601

おお。おおおおお。

続きを読む "シバの女王"

1:36:17 日記・コラム・つぶやき | | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年9月 »