« ティコ・ティコ | トップページ | ストレンジャー・イン・パラダイス »

三日月形の犬をもとめて

2006, 03, 13 月曜日

昔使ってたHDDを、ワンタッチで取り外せるデッキにしてバックアップ媒体にしていましたが、この間買ったTeraStationにその役割を譲り、またそのデッキの接点が錆びていることもあり、バラしてHDDを取り出しました。
80GBが2つ、120GBが2つ。

それを有効活用しようと、USB接続のHDDにできるものを買ってきました。
青いLEDがきれいな(予想)ものと、玄人志向のもの。

家で使おうと思った青いLEDのものから取りかかりました。

06-03-12_17-06

・・・ところが。
開けてみたんですが、MAXTORのHDDが、LEDが邪魔して入らない!

だめじゃん!

これはあきらめて(もったいないけど)玄人志向に取りかかりました。

06-03-12_17-07

さすが玄人志向。すんなり取付が終わり、認識もしてフォーマットも終わりました。

06-03-12_17-08

玄人志向をあといくつか買ってきて、USBディスクにして売ろうかしらん。


レトロで懐かしい、80年代のもうひとつの顔

『ALWAYS 三丁目の夕日』も大ヒット、昭和30年代ブームはいまだ根強い。

しかし、レトロで懐かしい、古き良き日本は昭和30年代の専売特許ではない。あのギンギラギンでイケイケだったはずの80年代(昭和50年代)だって、実はじゅうぶん懐かしくて古めかしい顔を持っていたのである。
そんな「教科書では教えてくれない」事実をグラフィカルに伝えているサイトが、「東京・昭和の記憶」だ。

これは、管理人の二邑亭駄菓子(にゆうていだがし)さんが、1970~80年代に東京のあちこちを散歩して撮影したモノクロ写真のギャラリーだが、当時の写真の上にマウスをあわせると最近のようすがわかるという興味深い仕掛けになっている。たとえば、この記事に掲載している上の写真にマウスをあわせると下の写真に切り替わる、というわけ。

う~ん、いいですねぇ。こういう昔の風景。
大阪版も作ってもらえないですかね。

06-03-12_21-25

06-03-12_21-26




会社の資料をまた製本しました。

縮小印刷したものをまず半分に折ってA5にします。

06-03-12_00-01

全部折ったらこんな風に拡がってしまいます。紙を折っただけではその部分がかさばってしまうからです。

06-03-12_00-02

06-03-12_00-03

『製本屋さん』に挟んで揃えます。

06-03-12_00-04

逆さまにすると、先端が少しだけ出ます。

06-03-12_00-05

このままでは折った部分だけが太くなってしまうので、少しずつ蝶ねじを締めながら、下に台を置きます。

06-03-12_00-06
06-03-12_00-07
06-03-12_00-08

普通に使ったら上の部分がこうやってはみ出すところを、

06-03-12_00-09

台を使って押し込んで、その上で霧吹きで水分を与え、湿らせて更に締めていきます。

06-03-12_00-10
06-03-12_00-11

背の部分の強化のために不織布を適量切り取って用意します。

06-03-12_00-12

上の部分に段ボールカッターで傷をつけます。『製本屋さん』の説明書では二つ折りの場合は不要となっていますが、経験上より強度を増すために僕は傷をつけています。

06-03-12_00-13

こんな風に。

06-03-12_00-14

ボンドを乗せて・・・

06-03-12_00-15

指で伸ばします。

06-03-12_00-16

不織布をかぶせ、乾かします。

06-03-12_00-17

慣れてきたので、一冊分を折るのに15~20分程度、糊付けとかを含めても40分ぐらいでできるようになりました。

考えてみれば、僕が製本をはじめたのは中学校のときでした。

06-03-12_16-31

少年チャンピオンの『すくらっぷ・ブック』を毎号解体して抜き出して、7話ごとに糊付けして本にして行ったのです。

06-03-12_16-32

『すくらっぷ』以外でもこれはと思うものは本にしておいてあります。
押し入れの奥にあるので、見たいときにすぐに出せないのが悩みですが・・・

06-03-12_16-33

ものづくり、というか物を作るのが好きなんですね。
何にしても。

高校のときの曲づくりもアクリルでのイラストも、みんなそういう製作意欲、いえいえ制作欲とでもいうものが自分の中にあるのだと思います。

小学校の頃、学校から帰ると母親がラジオを聞きながら内職をしていました。どうやら血筋のようです。
昔暮らしたその長屋も今はもう取り壊されてありません。

06-01-03_16-58


Twinkle Twinkle Starlight

今は文章を書くしかできないけれど、今日も星の瞬く夜、せっせと紡いでみたいと思います。





↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

0:05:00 日記・コラム・つぶやき | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/9060648

この記事へのトラックバック一覧です: 三日月形の犬をもとめて:

コメント

経験の深い方は、違いますね。私なんか穴に入りたい。傷つけ方の波型は参考になります。ご愛用ありがとうございます。物つくりが好きなので、息抜きに訪問させていただきます。

投稿: 製本屋さん | 2006.03.13 07:45

HDDについては全くの機械音痴なので
読んでるだけでごんさんってスッゲーってなっちゃいます。
ちなみに我が社のパソコンオタクの閣下に聞いたら、閣下のパソコンはメガバイトという単位は通り越してテラバイトになってるそうです・・・意味が分からないけど強そう・・・

投稿: たいが | 2006.03.13 12:56

俺は大和民族の誇りと
歴史認識については
かなり学んでいます。
櫻井よし子さんも好きですし
小林よしのりも大好きです。
簡単なヒントですが、
これで十分ピンときて頂けたと思います(笑)
ごんさんのブログ、俺は好きですし
おすすめの本も何冊かは
もう読んでたりします。
思想・心情は同じと思ってます。
俺はかなり過激な論客なのですが
俺が公開しているブログには
そういうカラーはあまり出していません。
まぁ、色々と思惑がありまして(笑)
時間が経過するにつれて
大きな方向性が見えてくると思いますので
ご期待を。
ごんさんとオイラは同じ道の上に乗り
同じ方向を見ていると確信しています。

投稿: たいが | 2006.03.13 16:15

アイディアグッズ工房様
コメントありがとうございました。
いやぁ。子供の作ったものですから。荒いです。

3月一杯まではこのブログがんばりますので、どうぞ見に来てください。

投稿: ごん | 2006.03.13 19:06

たいがさん
コメントありがとうございます。

僕のと気持ちとしては、いわゆるネット右翼というものにはならずに、捏造マスコミや売国政治家に惑わされない“ほんとのこと”を知りたいだけです。

もともとはタイトルにもあるように日々の『心に映る由無し事』を書くつもりだったのですが、ここ1年ですっかり愛国家になってしまいました。
大阪に住んでいて、ゆがんだ教育を受けていたことの揺り返しかもしれませんね。

投稿: ごん | 2006.03.13 19:11

そのコメントの真意はよく分かりますよ。
正論を知ると、どうしても右翼思想と見られがちですよね・・・
正しい意見は本来なら王道で、
中心であるべきなのに・・・・。
正しい意見、正確な情報を知れば知るほど
政治家って本当に国の事を考えてるんだろうか・・・と疑問視してしまいます。
オイラもネット右翼にはなりたくないんです。
ですからこんなおどけたカラーでやってます。
とうとうオイラの思想をバラしてしまいました(笑)これからもよろぴく!!

投稿: たいが | 2006.03.13 21:48

たいがさん

お互いがんばりましょう!

投稿: ごん | 2006.03.14 06:08

コメントを書く