« 夢見るシェルター人形 | トップページ | 果物屋のテーマ »

侍ニッポン

2006, 02, 24 金曜日

sankei_06022402今日は岩佐真悠子と草野仁さんの誕生日です。

みなさん!見ましたか?
もちろん見ましたよね!

多分日本中のブログがこの話題で持ちきりだと思います。


このごろは、身体の調子が悪くて(ホントに死ぬかもしれない・・)、夜遅くまで仕事するより、朝早く起きて仕事するようにしているのです。
RSS登録しているかたなら分かるでしょうが、最近の記事の更新は早朝です。朝早く起きて更新しているのです。

今日の日記を朝に書く すごいそれじゃあ単なる予定表

でも今日は朝に更新しませんでした。
なぜかって?

それは、犬あっちいけー・・・じゃない、えぬえいちけーを見ていたからです。

安藤美姫の時は見なかったけど(結果がわかっていたからもある)、幸運にも荒川さんから見始めたのです。

感想は・・・

素晴らしい!!!

sankei_06022401

なんて綺麗なんでしょう。なんて安定しているんでしょう。なんて美しい・・・演技が・・・

sankei_06022403

もちろんスタイルも綺麗ですよ。綺麗すぎるぐらい。この際顔がSM女王みたいだってことなんて吹っ飛ばして、キレイです。
それよりなにより、その演技の美しいこと・・・・

というわけで、各メディアの反応を見てみます。

荒川の舞い 客席総立ち、拍手やまず


 長野の13位から8年。目標を見失いかけ、一度は引退も考えた荒川静香(24)の胸に、金色のメダルが輝いた。日本時間24日朝のフィギュアスケート女子自由。支えてくれた両親が見守るリンクで、荒川は歌劇「トゥーランドット」の旋律に乗って美しく舞い、世界の人々を魅了した。今大会初の日本勢のメダルに、国内も沸いた。4位に入った村主章枝(25)、4回転ジャンプに挑んだ安藤美姫(18)にも声援が飛んだ。
 荒川がリンクに立った時、数多くの米国人観客らは、まだ「サーシャ」の余韻に浸っていた。直前に、ショートプログラム1位のサーシャ・コーエン(米)が計183.36点をマーク。その時点でトップに立っていた。

 「荒川、頑張れ」と叫ぶ日本人の声援に送り出されて演技を始めた荒川。
 「アラカワってだれ」
 各国の観客の中には、そう話す人もいたが、しなやかな演技にみるみるうちに引きこまれていった。観客の目は、荒川の動きを見逃すまいと、銀盤の一点に注がれる。ジャンプを次々と決め、得意のイナバウアーを披露すると、どよめきが起きた。

 演技を終えた荒川は満面の笑みで手を振り、総立ちの観客に応えた。「ゴールドメダル」の声が飛んだ。
 最終滑走のイリーナ・スルツカヤ(ロシア)の点数が下回り、荒川の「金」が確定すると、会場は再び総立ちに。

 閉幕まで3日に迫り、ようやく日本にもたらされたメダルは、金色だった。

 表彰式が終わっても、余韻に浸りなかなかリンクを離れない観客。名残惜しそうに会場を去るイタリア人男性が、「トゥーランドット」の旋律を口ずさんでいた。

アカピの記事が、物語調でなかなか良かったので長く引用しました。


「気品」「荘厳」「成熟した美」…外国メディアも荒川を称賛

 トリノ五輪フィギュアスケート女子での荒川静香(プリンスホテル)の金メダルは外国メディアも大きく伝えた。ロイター通信は「荒川はほぼ完ぺきな演技で、五輪史に名を刻んだ」と書き出し、冬季五輪最大の注目イベントでの偉業をたたえた。
 AP通信は「彼女は氷上のエレガンス(気品)。スパイラルは極上で、スケーティングは荘厳だった」とこれ以上ない称賛の言葉を連ねた。さらに今大会、不振だった日本に「荒川の素晴らしい演技が初メダルをもたらした」とも言及した。
 米誌スポーツ・イラストレーテッド(電子版)も同日、米ロ両国のライバルの失敗に言及した上で「荒川選手は最も上手にプレッシャーに対処した」と強じんな精神力を賞賛した。
 中国の新華社通信は「番狂わせが起こるという五輪の伝統を荒川が継承。五輪フィギュアでアジア初の金メダルを獲得した」と伝えた。
 欧州のスポーツ専門衛星放送「ユーロスポーツ」のコメンテーターは、「伊藤みどりや佐藤有香の世界選手権チャンピオンが達成できなかった五輪金メダルの夢を、成熟した女性の美を表現した荒川が勝ち取った。経験と成熟に裏付けされた勝利だ」と語った。(共同)

おお。中国のメディアまでが称賛とは、すごいじゃないですか。
韓国は・・・・?沈黙・・・?




荒川が「金」 フィギュアスケート女子

荒川「金」、フィギュア日本初…村主4位、安藤15位


荒川「すごーい」 笑顔輝きガッツポーズ

asahi_06022401

 青い衣装が白い氷に映える。イタリア歌劇の調べに乗り、凜(りん)とした表情で滑りだした荒川選手。しなやかな動きでジャンプを次々と決め、伸び伸びと優雅に舞う姿に大きな歓声と拍手がわいた。


荒川、鳥肌立つ「金」の演技 クライマックスで一気

 鳥肌の立つような素晴らしい滑りだった。得点が出るのを待つ「キス・アンド・クライ」で荒川の表情が見る見るうちに笑顔に変わった。SP首位のコーエンを逆転したことが分かると、珍しくガッツポーズ。スルツカヤの演技が終わり金メダルが決まると控室で安藤らから祝福の嵐でもみくちゃになった。


荒川にティアラ授与 伊・ピエモンテ州などから

 トリノ冬季五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得した荒川静香に24日夜(日本時間25日未明)、パラベラ競技場でイタリア・ピエモンテ州などから、金とダイヤモンドでつくられたティアラ(王冠型の髪飾り)が贈られる。


荒川に宮城県民栄誉賞、知事が授与の方針表明


日本は「金」に300万円 メダル報奨金

続々のニュース

個人的な感想を言うと、村主さんの滑りは、しなやかでしとやか。一度もミスをしなかった。自分的には彼女が銀メダルです。イリーナ・スルツカヤ(ロシア)はコケたし、サーシャ・コーエン(米)なんて2回もコケてるのに・・・まぁ、ショート・プログラムでの点数が影響したんでしょうけど、自分の中では荒川さんが金メダル、村主さんが銀メダルです。
荒川さんが力強い男性的な演技、村主さんが日本女性のおしとやかな雰囲気。
そう感じました。

excite_06022310

excite_06022311

excite_06022312

excite_06022313


安藤美姫ちゃんはコケちゃって15位だったけど、よくやった。誰もやったことが無い4回転に挑戦してコケたんでしょ?偉いよ。すごいよ。君はまだ若いんだから、次がある。浅田真央ちゃんとメダルを分け合えばいい。君には才能がある。あとは技術が熟成するだけ。

excite_06022301

excite_06022302

excite_06022303

excite_06022304

excite_06022305

excite_06022306

excite_06022307

excite_06022308

excite_06022309

4回転挑戦、4年後見えた 安藤美姫選手

 「降りられると思ったけど、甘かった。すっきりしました」。何かから解放された笑顔が、そこにあった。
 今季に入る前、「トリノ五輪で引退する」と言っていた。理由は「真央がいる
から。4年後は彼女に勝てない。負けるのは嫌だから」。


・・・・というニュースの中で、こんな話が。

「強制やめて」保護者訴え 卒業式の日の丸君が代

卒業式シーズンを前に、東京都立高31校に通う生徒の保護者らが23日、東京都教育委員会に「日の丸・君が代を強制せず、内心の自由を保障した式にしてほしい」とする要請書を提出した。
都教委の担当者は「学習指導要領に基づき国旗国歌の意義を理解させる必要がある」などと説明。同席した都立高3年の女子生徒(18)は「何も説明なしに、君が代を歌うことを強制されても理解にはつながらない」と訴えた。
3年の娘が都立高に通う女性(51)は要請後の記者会見で「娘は君が代を歌いたくないが、大好きな担任がそのことで処分されないかと心配している」と話した。


それに対するトラックバックでこの記事が。

売国奴と言われるのか?

言論の自由は憲法で保障されてる筈。
「歌わない」ってのも当然自由であるべきで、歌いたくなきゃ歌わなければ良い。
無理やり歌わせる方に問題があると思うのだが?
18にもなれば自分自身の思想に基づいて判断もしてるでしょ。社会に出る歳なんだしさ。
無関心でいる生徒より良いと思うけどね…

以前にも書いたが、個人的には日本なんて国家はどうでも良い。
単に生まれて住んでるだけ。グローバル化が叫ばれる中で、「国益」とか「愛国心」とか言ってるのもどうかと思う…
トリノ五輪が開かれているが、日本の選手を応援するのは高校野球の地元チームを応援するのと同じ感覚です。

そうですね。最後の、日本の選手を応援するのは高校野球の地元チームを応援するのと同じ感覚です。というのは、確かにその通りだし、大多数の日本人がそう感じているはず。

でも違和感がある部分があり、それに対するコメントがありました。

Commented by はのん at 2006-02-24 01:06 x
グローバル化ですか。
自国に誇りを持たずに世界潮流にすり寄ろうというのは、ただの金魚の糞だと思います。
通常の状態であれば、
水道水がタダに近い値段で、しかも生水で飲むことができ、
夜中に街中を出歩いても人さらいや強盗に出会ったりすることはほぼ無く、
警察が増長せずに誇りを持って職務に当り、
国民の99%以上が授業料も教科書も無料で普通教育を受けることができ、
また日常生活に差し支えない程度に読み・書き・算の技術を確実に習得でき、
一家にほぼ一台以上の電話・ラジオ・テレビ・パソコン等の情報機器を持つことができ、
郵便物が確実に届き、
停電が起こらず、
役所で書類一つとるのにも、量刑の軽重にも賄賂が不要で、
なによりほぼ飢餓というものを知らない国民で成り立つことが出来る国。

これらの全てを満たす国家が、ほかにいったいどれだけあるというのでしょうか。
知らず知らずのうちに受けてきた多大な恩恵には目をつむり耳をふさぎ、さも自分一人で生きてきたような錯覚を持つのが中学・高校の年代とはいえ…
いやはや、親までこんなばかげたコトに便乗しているとは。いや、逆かな?
情けないですねえ。

正直言って、僕の(普段の)持論はこの“はのん”さんの言葉により近いと思います。
だって、今この時点で日本に生まれて日本で生活しているということ自体が、世界中から見てかなり恵まれていると感じています(収入は低いけど・・・)。その恩恵を受けながら

> 個人的には日本なんて国家はどうでも良い。

という感覚が、自分には違和感がありました。親が昭和一桁、その兄が実際に出兵して生還し、その話を直に聞いているだけに、この人の言動は多分に“反体制”を感じました。

#多分頭の良い人なんでしょう。

それだからこそ、愛国心と、こういうスポーツとの混同をしている今の日本人を同列に見ないでほしいなぁ。と思ったりします。


おお。日の丸キライなアカピの記事に
日の丸がいっぱいだ!

そういう意味でも、今日はエポックメイキング。


荒川さん、ステキ。

excite_060224




↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

7:30:00 スポーツ | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/8822596

この記事へのトラックバック一覧です: 侍ニッポン:

コメント

コメントを書く