« まだ見ぬ君へ | トップページ | アミーゴ »

炎のたからもの

2006, 02, 09 木曜日

06-02-09_05-05今日は服の日。フグの日でもあるそうです。

昨日は結構寒かったですね。
でも風がキツイだけで、風さえ止めば日差しはけっこうです。
暴力的な風も、「ナンダコノヤロー」というぐらい思いっきりな春一番なのでしょう。

マトリョーシカがテルミンになっちゃった!?

かわいいマトリョーシカの中にテルミンが内蔵された話題の楽器・マトリョミン。

過去記事でも書いたけど、欲しい。

06-02-09_05-06

06-02-09_05-07

06-02-09_05-08

06-02-09_05-09


昨日の紀子様のご懐妊の話なんですけど、男の子かどうかでやきもきするより、やっぱり昔の側室制度を復活させるべきなんじゃないかなぁ。

←のおすすめ本リストにも挙げてある三人目の子にご用心! 男は睾丸、女は産み分けに、生まれてくる子供の性別が別れる理由について研究されています。

昔の記事でも書いていますが、

・地位の高い男には息子が多い!
・愛人は息子を生む?
・裕福な家の娘はなかなか嫁に行こうとしない
・浮気をするほど美しい 選んでいるのは常にメス
・興奮すると排卵する?クリスマスで、大停電で

さて、あるメスが妊娠したとします。
栄養たっぷりのメスなら、体格のいい子供を産むことができるかもしれません。その場合、娘より息子の方が、戦いに勝てればより多く遺伝子を残すことができるので、結果的に今妊娠しているメスの孫、つまり自分の遺伝子を多く残せるということになります。

しかし、妊娠したメスが栄養状態が悪く、体格のいい子供が産めない場合は、息子より娘を生む方が、数は少ないですが確実に自分の遺伝子を残す孫を作る可能性があるのです。

皇室が栄養状態が悪いとは思えませんから、やはりストレスなのでは?
心も身体ものびのびとした行為(失礼!不敬罪じゃないよ)で、ぜひ男の子を授かるようにしてもらったら・・・
それが無理なら、やっぱり側室制度です。

[参考]
アジアの真実

天皇家の万世一系(男系)による皇位継承という伝統を守ろう!




シンガポール上級相、靖国参拝の中止求める

 シンガポールのゴー・チョクトン上級相(前首相)は6日、アジア太平洋円卓会議で基調講演し、靖国神社について「日本の指導者たちは参拝を断念し、戦犯以外の戦死者を悼む別の方法を考えるべきだ」と述べ、小泉首相や閣僚が参拝を中止するよう強く求めた。
 ゴー上級相は、「この件に関して、日本は外交的に孤立している。(中韓以外の)アジア諸国だけでなく、米国でさえ日本の側に立つことはできない」と指摘。
「経済改革のため国内の安定を優先する中国は、日本との間に問題を抱えることを望まないはずだ」と述べて、靖国参拝の断念が歴史問題の解決につながるとの見方を示した。
 一方、中国に対しては「歴史問題を強調することで戦争を知らない両国の若者世代に否定的な意識を植え付けるのは、中国の利益にならない」と述べ、自制を求めた。

これがほんとのゴーマニズム?!

数日前に産経抄で書かれていたこと。

小泉純一郎ししゅょうが靖国神社参拝をやめないかぎり日本は世界で孤立すると誰かが言っていた。
米国の大学などがイギリスBBCの依頼で行った三十三カ国四万人に対する世論調査によると、世界に好影響を与えていると一番に評価された国は日本だった。
三十一の国で日本の影響力について肯定的評価が否定的評価を上回り、うち二十カ国で肯定派が過半数を占めた。回答国全体でも肯定派の平均は55%、否定派は18%で、孤立どころか相当な人気である。
日本否定派が半数を超えた二カ国が中国と韓国なのは言わずもがなか。留意するべきなのは日本肯定派が一番多かったのがインドネシア(85%)、次いでフィリピン(79%)と、ともに東南アジアの国だったことだろう。
「アジア人民の感情を傷つけた」というプロパガンダは情報統制下の中国国内ではともかく国際社会ではもはや通用しないということだ。東南アジアの国々にとっては、目の前にある中国の覇権主義の脅威の方が切実と映る


「アジア人民の感情を傷つけた」

人民って・・・その時点で「中国国内の話ですよ」と宣言しているようなもんなんだけど・・・

シンガポールのゴー・チョクトン上級相(前首相)は、中共から圧力を受けたのか?それとも中共お得意の女を抱かせてそれをネタに脅迫されているのか。
それとも本人自体がそういう勢力・団体の思想を持っているのか・・・

いずれにせよフィリピン国内で孤立しちゃうでしょうね。

今回の紀子様ご懐妊のニュースに対して、諸外国や国内の団体がどういう態度に出るか。
じっくり見てみることにします。


今日が福の日でもありますように・・

06-02-09_05-10




↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

5:58:47 経済・政治・国際 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/8575172

この記事へのトラックバック一覧です: 炎のたからもの:

» 秋篠宮妃紀子さまの育児日記 [我楽侘箱の世界]
紀子さまの育児日記 秋篠宮妃紀子さまが39歳でご懐妊されました。 おめでとうございます!! 皇室典範改正論議にも影響がありそうですね〜 そんな紀子さまが眞子さまをご出産された直後にこんな本が出ました。 出産直後にこんなエピソードがあります。 ....... [続きを読む]

受信: 2006.02.09 16:47

» 皇室典範改正 [woody経済新聞]
 時期を逸した感はあるがこの話題を。  今週、大きな話題がありました。秋篠宮妃紀子様がご懐妊されたそうです。正直言うと、これほど因果な運命を背負った子供は、戦後いなかったと思う。実は先の2人の親王妃の懐妊が発表されたとき号外は出なかった。それが今回は4紙が号外を出した(アッコにおまかせより)。これほど注目を受けているのは勿論皇室典範改正の問題があるからである。下手すりゃこの問題は去年の郵政民営化法案以上の政争になる可能性がある。自分としては、もしも皇室典範改正法案が否決されたら、衆議院を解散し「皇室... [続きを読む]

受信: 2006.02.15 19:45

コメント

コメントを書く