« シンデレラ・リバティ | トップページ | SOUL大臣 »

彼女の名前を呼ばないで

2006, 02, 20 月曜日

abiru03シチズンクロックより、3つの電波を受信する電波クロック「スリーウェイブシリーズ」が2 月下旬に発売されます。従来の福島局(周波数40kHz)と、九州局(周波数60kHz)からの電波受信以外に、AMラジオの受信も加えた3つの方法で受信する電波時計です。今まで電波時計として機能をしていなかった環境でも、つまりはAMラジオ受付ができる場所であれば電波時計としてご利用になれます。

すいません、AMラジオが受信できない環境なんですが・・・

スーパー宇宙線、日米共同観測へ 相対性理論にも影響?

 宇宙から地球に降り注ぐ宇宙線の中に、けた違いにエネルギーが高い「スーパー宇宙線」があるとの説をめぐり、真っ向から意見が対立する日米の研究チームが手を組み、米国ユタ州の荒野で壮大な観測を始めることになった。日本チームの主張通り「スーパー宇宙線がある」となれば、アインシュタインの打ち立てた相対性理論にほころびが見つかる可能性もある物理学の一大事だ。

なんかゲッターロボを思い出します。


男性教諭、二審も無罪 知的障害女児への強制わいせつ

 勤務先の千葉県内の公立小学校で03年、知的障害のある女児2人の体を触ったとして強制わいせつ罪に問われ、懲役7年を求刑されたが一審で無罪となった男性教諭(46)=休職中=の控訴審判決が15日、東京高裁であった。高橋省吾裁判長は「被害状況に関する女児らの供述の信用性には疑問がある」と述べて検察側の控訴を棄却、一審に続いて無罪とした。

 教諭は、知的障害児らの学級担任だった03年5月と7月、教室内でそれぞれ1人の女児にわいせつ行為をしたとして起訴された。捜査段階で容疑を認めたものの公判では否認に転じ、無罪を主張。知的障害がある被害女児の「教室内のカーテンで仕切られたスペースでわいせつ行為をうけた」などとする供述の信用性が争点となった。

 高裁は「たとえカーテンを閉じたとしても、カーテンの下端と床の間にはすき間がある。教室には他の児童、教員もおり、すぐ発覚する可能性がある場所で犯行があったとする供述は不自然」と指摘。女児の1人の証言については「真実の記憶に反しているという疑問がある」、もう1人については「一部が想像の産物としか理解できない点がある」と述べた。

難しいんですけどね。ただ、“証言”というものの信用性という点で冤罪が発生しないことを願います。



滋賀県長浜市での子供を二人惨殺した事件。かわいそうでなんとも言えません。
親御さんの気持ちを考えると、気の毒で痛々しくて・・

人を殺すというのはどう言うことか。

たいがさんのブログで、人が人を殺すというテーマの記事がありました。

重いです。

その記事に僕が寄せたコメントを載せてみます。


僕自身の中では、“理由ある殺人”は許容する気持ちはあります。
特に、

> 末期癌で、死ぬ間際の断末魔から少しでも
> 救いたいと安楽死を願う家族や医師。

> 自分の家族が、想像を絶するような残忍な方法で
> 殺害され、その犯人を仇討ちのため殺してしまう。

> 重度のうつ病を抱える妻から、生きていく夢も
> 希望もなく数年の間、自分を殺してくれと
> 懇願され、気が狂いながら手をかけてしまった夫。

当人でないとわからない苦しみがあるというのに。

しかし、法律ではそうなっていません。
“どんな理由があれ、殺したら悪いのだ”という一元論。
僕にとってはこっちの方が極端に思えてしまうのですが、昔「人の命は地球より重い」と白痴な言葉を吐いた政治家がいました。

地球の方が重いに決まっとるやんけ!

・・しかしながら、集団の中で生きていく上で周りの人と生きていく上での最小公約数が法律(刑法)だとするなら、それは時代によって変わっていくものであるべきだというのが僕の考えです。

なので、終戦後親を亡くし、生きるために盗みを働いた少年の将来を慮って存在したのが少年法なら、現在に適用すべきではなく、(場合によっては)実名報道の上極刑にもすべきだと思っています。


ただ、今回の子供二人惨殺は、そういう正当性が全くありません。

ちなみに、mumurさんとこで書かれている記事。
通名報道で有名な朝日新聞が、国籍と本名を報道する

中国籍の鄭永善(てい・えいぜん)(日本名・谷口充恵)容疑者(34)

朝日新聞は、とっくの昔に“報道”ではなくなっているのですね。





↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

5:31:54 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/8749048

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女の名前を呼ばないで:

コメント

コメントを書く