« ぜんまいじかけの嘘 | トップページ | BREAKFAST IN AMERICA »

幸せになりたい

2006, 02, 13 月曜日

evangelion01明日はバレンタインデーです。
当然のごとく、僕には全く関係ありません。
まったく、むぁったく、むぁぁぁぁっっったく!
関係ありまっしぇん!

この時期、かわいい女の子から告白されるヤツなんて、地獄に落ちてしまえ!

・・・・なーんてね。うらやましこと火のごとしなのです。

突然ですが、ザウルスを売ってしまいました。

この日の記事で、あんなに喜んでいたんですけど、結局無線カードがなかなか手に入らなかったり、Linux OSであるためにツール類があまりなかったり、なまじHDD内蔵な為に反応速度が遅いとか・・と、今だからわかる使いにくさで、結局持ち歩くことさえ少なくなりました。

で、今いいなと思っているのがWILLCOMのW-ZERO3です。
こりないなぁ。

というわけで私が、会社の人から借りた『エヴァンゲリオン』のテレビ版全編と映画版を一気に見て、とんでもなく鬱になっているごんです。皆さんいかがお過ごしですか?


耳あかのタイプ、1塩基の違いで決定 長崎大教授ら発表

人間の遺伝子って、細かいところでやっぱり違うんですね。エヴァでも「使徒と人の違いは殆ど無い」というセリフも思い出します。でもあの映画のラストって、どういう意味なんだろう?やっぱり分かりません。

昨日テレビでやってた『キャシャーン』、ラスト30分しか見れなかったけど、これも終わり方が???

人がどれだけ努力しても叶わない夢。それはなんだろう?
他のものを全て犠牲にしても、手に入れたいもの。それはなんだろう・・・

evangelion02



毎日毎日、会社に通う。
日中仕事をしている時に喜びなんて無い。
そもそも、達成感の無い部署であることもその一因だとは思うんだけど・・

考えたら、初めて仕事というものに就いてから、いろいろなことをしてきたけど、それぞれの中で自分自身の喜びというものがあっただろうか・・?仕事に対する。

もしかして、僕は何も考えずに生きてきたのだろうか?

もしかして、僕はバカなのか?


テレビでやってた『記憶のチカラ』。才能とはすごいもんです。盲目ながら音だけで対戦ゲームを勝ってしまう人、音を一回聞いたら全て記憶して再現できる人。同じく一旦記憶した順番を再現できる人・・・・

やっぱりこういう人たちって、普通の人とは違うという意識を持って生きているのでしょうか?

人より優れている。何かひとつの方向だけだけど、周りの人がどんなに頑張っても叶わない能力を持っているとしたら、その才能の持ち主はその力にすがって生きていくのだろうか?それとも・・?


これを読んでいるあなた、あなたには何か他人に誇れるものがありますか?
僕にはありません。

あなたは、周りの人に必要とされていますか?
僕はそんな感じはありません。

誇れるものが無ければ生きていても仕方がないという意味ではありません。ただ、“他人と違う”、“ある観点で全く異質”というのは、他人の始まりであり、だからこそ言葉のようなコミュニケーション手段というアダプタを通して“他人”と関わり合う。

エヴァでは、その壁(ATフィールド)を取り払って人類がひとつに溶け合うことが幸せだという定義をしていました。

う~む。何を思い出したかというと、『ペリー・ローダン』に出てくる超生物、ハルノ“それ(不死者)”です。
多くの生命体がひとつになって、肉体さえ持たずにただエネルギー体となり、統一された意志だけがある。そんな存在・・・・


それって、そのまま存在する意味があるのだろうか・・・・?


自分と違う“他者”がいるからこそ自分の存在が確認できるような気がします。

・・・・


・・・・

なんかわけわかんなくなってきました。


ああ・・・幸せになりたい。




↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

1:22:41 心と体 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/8633950

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せになりたい:

» 人が人を殺す [夢は寝て見る]
今回はちょっと真面目な話を書こうかと思います。   オイラは、人が人を殺すという [続きを読む]

受信: 2006.02.14 18:27

» 放火事件 [夢は寝て見る]
手広くビジネスを展開しておりますと、 必然的に飲食店なんかも系列の中には ござい [続きを読む]

受信: 2006.02.14 19:32

コメント

コメントを書く