« 幸せになりたい | トップページ | 白い恋人たち »

BREAKFAST IN AMERICA

2006, 02, 14 火曜日

pi_20030214_13鳥のオリンピック・・・・いや、トリノオリンピックがちょっとだけ盛り上がっているような。
昨日テレビで少し見ました。

銀ムツ・・・いや失礼、今井メロちゃんは、大技にチャレンジしました。

思い出の地で悲運、「メロウセブン」着地に失敗
 トリノ五輪スノーボード女子ハーフパイプ(13日)――今井メロが両手で顔を覆ったまま動かない。動けない。予選2回目。最初の見せ場、後方宙返りに横の一回転を加えた大技「メロウセブン」の着地後にバランスを崩し、あおむけに倒れ込んだ。
 そのままの状態でゴールへ向かう今井。スタンドから拍手が鳴り響いた。
 両わきを抱えられ、ゴール脇に出てきた。苦痛に顔がゆがみ、痛みを抱えたままで本番を迎えていた腰が、再び悲鳴をあげた。

今井が転倒して病院へ スノボ女子HP予選で
 スノーボード・ハーフパイプ女子の今井メロ(ロシニョール・ディナスターク)が13日、バルドネッキア(イタリア)での予選で転倒して担架で医務室に運ばれた後、ヘリコプターでトリノ市の総合病院に向かった。日本オリンピック委員会によると、病院で腰椎(ようつい)ねんざと診断された。
 今井はコース上部で縦回転の大技に挑戦したが着地で失敗した。

sankei060214

いやぁ、外国人を含めて、あんなすごいジャンプなんてなかったよ。よくやった!結果としては失敗しちゃったけど、最後まで棄権しないで滑り降りてきた根性はすごい!

冬のオリンピックは、あまり勝ち負けにキンキンにならなくても、楽しんで競技して、見る方も楽しむスタンスで全然いいと思う。見ていて楽しいもの。


さて。

バレンタインチョコ万引き容疑、茅ケ崎市課長を逮捕

 スーパーでバレンタイン用のチョコレートなどを万引きしたとして、神奈川県警茅ケ崎署は茅ケ崎市文化推進課長容疑者(56)=同県寒川町小動(こゆるぎ)=を窃盗の疑いで逮捕した、と12日発表した。中村容疑者は「商品は買ったものだ」と容疑を否認しているという。
 同署の調べでは、容疑者は11日午前11時半ごろ、寒川町岡田のスーパーでバレンタイン用のチョコレート4点とカップめん3点の計7点(計3300円相当)を盗んだ疑い。

別にバレンタイン用のチョコという意識は無かったんじゃないでしょうかね。


ボリビアの大臣、「子供達にコカを」

 ボリビアの外務大臣が「コカの葉(コカインの原料)は非常に栄養豊富であるため、学校朝食のメニューに加えるべきだ」と主張しているそうだ。
「コカの葉には牛乳より多くのカルシウムが含まれている。学校朝食に加えるべきだ」とのダビッド・チョケウアンカ外務大臣の主張が、金曜日のラ・ラソン紙に掲載された。
ハーバード大学が1975年に発表した調査結果によると、コカの葉100グラムには18.9calのたんぱく質、45.8mgの鉄分、1540mgのカルシウムに加え、ビタミンA、B1、B2、E、Cが含まれているという。

コカインとして精製しなければ、コカは栄養があるのね。
コカコーラにはコカは入っているんでしょうか?




鯨肉をドッグフードとして販売する日本を保護団体が非難

 日本は科学的調査のためと主張して捕鯨をしているが、鯨肉のストックが多くなりすぎたためにドッグフードとして販売を始めた、と海洋保護団体が金曜日に発表した。
WDCSのマーク・シモンズ氏は「捕鯨は残酷な行為です。日本がドッグフード生産のために鯨を殺している事実に、不快感を隠せません」とコメント。
さらに氏は、「鯨がなぜ必要なのかについて、我々と日本は何度も話し合いをしてきました。しかし日本は、ドッグフードのために鯨肉が必要だとは一度も言っていません」と語った。

日本は商業目的での捕鯨を1986年に停止した。しかし翌年には科学的調査のため、という理由で鯨の捕獲を再開している。
WDCSの発表では、1998年3月に日本がストックしていた鯨肉は673トンだったが、昨年には4,800トンに達したという。今年、日本はミンククジラ捕獲量を2倍に増やし、ザトウクジラやナガスクジラもその対象となっている。

今回、WDCSはペットフードのウェブサイトに「安全でヘルシーな肉」として鯨肉が掲載されているのを発見した。
WDCSのサイトには、「鯨肉がドッグフードに利用されている事実は、日本が主張する『科学的調査目的での捕鯨』が政治的な意図に基づいたまやかしの理由であることを暴露するものだ」と書かれている


「牛の屠殺は残酷な行為です。アメリカが食肉生産のために牛を殺し、床に落ちたものもかまわず混ぜて日本に送りつけている事実に、不快感を隠せません」と言っておきます。


陽光燦爛的日子さんのところで、こんな記事が。

米国食肉加工労働者の声を聞け

私たちは、日本の皆さんの前で、タイソン・フーズ社は、安全対策と法令遵守を行うことに関しては、皆さんに約束する内容とは異なることを実際には行っており、約束と行動は一致していない、ということを証言したいと思って、訪日しました。

食品安全規則: タイソン・フーズ社は、「食品安全に長期にわたって取り組んできた」と主張しています。しかし、米国農務省の食品安全統計によると、実際の話は異なったものになります。近年、タイソン・フーズ社のパスコ工場は、全国で最も非衛生的な食肉・鳥肉処理工場にランク分けされました。1996年、タイソン・フーズ社は、米国食肉加工産業の中で、他の95%の会社よりも多くの、食品安全に関する「重大な違反」をしている、という警告を受けました。この「重大な違反」というのは、消費者まで到達して被害を及ぼすことが確実であると米国政府監督官が考える汚染、を意味します。マサチューセッツ大学の調査によると、工場の労働者の半分以上(52.6%)が食品安全規則違反を目撃しています。例えば、工場の労働者の20%近くの人が、腐敗臭のする肉を加工するようにとの指示を受けた、と報告しています。


他にも米国食肉業界の圧力は強大など、知っておかなければならない話が満載。ぜひ訪れてください。

■こんなところでもアメリカに薬漬けにでも書いたけど、やっぱりアメリカからの食材、、特に肉関連は5年ほど完全ストップした方がいいです。いくら吉野屋や他の肉業者が「困る」と言っても、ことは日本人全体の健康に関する深刻な問題。この件で毅然とした態度をとらなければ、はっきり言って日本はもう終わりです。
だってアメリカの圧力やヤクザまがいの脅しで日本国民の健康を切り売りしてしまうことになるんですから。

だいたい戦後の学校給食でパンなど小麦を使った製品が多かったのは、アメリカで余った小麦を(家畜用も含めて)日本に送りつけてそのまま継続してアメリカ穀物を食べる習慣をつけさせようとする魂胆だったんですからね。

ところがです。残念ですね~。世界的な健康ブームでかえって日本食がもてはやされているんですから~。

日本人なら納豆に味噌汁、豆腐に魚、お漬け物。
できたら鯨と、これは絶対外せない、白いご飯です!

そりゃたまには牛肉も食べたくなるだろうけど、オーストラリア産など安全性が高いものを買えばいい。なにも毎日食べる必要はないし、必要異常に低価格で売る必要もない。
“高級品”でいいじゃないですか。豚肉もおいしいよ。牛よりよっぽど健康にもいいし。
今までのような『安い、大量』というだけで安全の無いものより、『そこそこ高いけど安全』という選択肢をそろそろ考える必要があるのでは?

bluepeter01




↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

5:31:04 グルメ・クッキング | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/8651304

この記事へのトラックバック一覧です: BREAKFAST IN AMERICA:

コメント

貴重なコメント、ありがとう御座いました。こんなオイラですがちょくちょく遊びにこさせて頂きます。今後とも仲良くしてやってください。

投稿: たいが | 2006.02.14 19:39

コメントを書く