« 失恋レッスンABC | トップページ | 赤坂の夜は更けて »

銀色ドレス

2006, 01, 16 月曜日

427406619309前にも書いたのですが、僕はファッションセンスがありません。
というか、ちん○さえ見えなければ、どんなカッコしててもいーじゃん。ってなやつなので、今までファッション雑誌も買ったこともなければ、おしゃれな服を売っている店(すいません。単語がわからない・・・・)に近寄ったこともありません。
生まれてから服を買ったのは、子供の頃のニチイとかジャスコとかサティだけです(悲)。

この日に書いたように、私服も殆ど買っておらず、俗に言うもっさい、ダサイ格好をずっとしているのです。

それって、もんのすごくオタクっぽい格好に見えるんでしょうね。
冬ともなれば、決まって革のハーフコート、チェックのシャツにGパン。最近はこの間買ったジーンズじゃないズボンを履いているんですが、それでも

姿見で自分の格好を見たことが無い

くらいですから、そのレベルは推して知るべしなのです。

服を買うぐらいなら、パソコン関係の部品を買った方がいいし、ファッション雑誌を買うぐらいなら、パペットマペットや鉄拳のネタ本を買ってしまう、そんな変な人です・・




この間京橋の紀伊国屋で脱オタクファッションガイドという本が平積みされていました。
表紙がアニメっぽいし、中を見れば漫画だったのでぱらぱらとめくっていました。
『オタク』と言う存在自体が自分とはかけ離れた存在のつもりで今まで生きてきましたが、中に書いてあることを見ると・・・・

これって、僕の考えてたこととほぼおなじ定義だったのです。

ガーン!

ということは、街ですれ違う人には僕がオタクだと思われていた可能性がすんごくすんごく大であったということに気づかされてしまいました・・・

買いましたよ。

本の紹介には、
「人は見た目で判断されてしまう」―悲しいかな、現実です。
好かれるオタクになるために。オタクであることが誇れるオタクになるために。
脱“オタクファッション”によって今まで見えなかったものが見えてくる!
人気サイト「脱オタクファッションガイド」待望の書籍化。
すべての脱“オタクファッション”志望者に捧げる一冊

でも、この本は

高校生から

大学生ぐらいの

人向けに書かれてるんですよね。
こっなおっさんが買う本じゃないんですね・・・・


しくしくしく・・・

でも、やっぱり誰か(女の子)に、一緒に買い物に行って教えてもらいたい・・・コーディネートしてほしいなぁ~

20051128053809a

だって、そう言うセンス、感覚が無けりゃ、ダメですよね・・・

20051128053809b

人生の流れる先をどんどん間違えて、大きな海に着くべき所をどこかの川のゴミがたまっているところに引っかかってずーっと無駄な時間を過ごしてきたような気がするごんでした・・・・




↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

0:05:00 ファッション・アクセサリ | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/8181469

この記事へのトラックバック一覧です: 銀色ドレス:

コメント

コメントを書く