« 大地の目覚め | トップページ | リンゴの唄 »

泣かないでアルジェンティーネ

2006, 01, 23 月曜日

katerine02

というわけで私が、やっとデイジンのカトリーヌDVDに応募したごんです。皆さんいかがお過ごしですか?
応募するのを忘れるところでした。


東京都心も銀世界 冷え込み続く

 都心では8年ぶりとなるまとまった雪がやみ、首都圏には22日、青空が広がった。しかし、厳しい冷え込みで屋根や路上には積もった雪が残り、東京中心部の街並みは一面、白く染まった。

いやー。寒い日が続きますが、東京が銀世界というのもすごいです。


この日に書いた鯨の話に関連して、こんなニュースが。

テムズ川にクジラが出現

金曜日、小さなクジラがテムズ川を遡上してロンドン市内に現れ、多くの市民が見物に駆けつけて交通渋滞を引き起こした。
クジラはチェルシー橋付近の浅瀬に迷い込んだため、3人が川に入って水面を打ち、こちらへ来ないようにエスコートした。クジラが浅瀬から離れていったときには、拍手喝采が起こった。
しかしその直後にも再度浅瀬に乗り上げそうになり、今度はもっとたくさんの人々が川に入って誘導した。


テムズ川に現れたクジラ 続報

海洋学研究者が土曜日に述べたところでは、ロンドン中心部のテムズ川に現れたクジラは、大変疲労しており方向感覚も無く、海に戻ることができないかもしれないという。


テムズ川に現れたクジラ、死亡

テムズ川に迷い込んだクジラは、海に帰ることができなかった。体長6メートルの若いキタトックリクジラは、救出作戦の最中に健康状態が悪化し、土曜夜に死亡した。
救出作戦を統率したイギリス海洋生物救助グループのトニー・ウッドリー氏は、「それは常に時間との競争なのです」とロイターに語った。
「たくさんの子どもたちが、ロンドンに迷い込んだキタトックリクジラを覚えていることでしょう。将来、彼らが熱心な海洋ほ乳類愛好家・自然保護運動家になることを望みます」
クジラは食糧を求めて迷い込んだか、騒音もしくは軍事実験の影響で通常の生息環境を離れてしまったのではないかとみられている。


あのね。鯨自体が食料難になっているぐらいの状況なんじゃないの?
やっぱり捕鯨をしなくては、人間に残された最後の食料庫である海の資源が枯渇するっちゅーねん・・・




市場乱し株主に多大な損害 粉飾企業の末路は“破綻"

二〇〇二年の長距離通信大手ワールドコム事件で、創業者で元最高経営責任者(CEO)に禁固二十五年(求刑八十五年)の判決が言い渡され、四億二千八百万ドル(約五百億円)の損害賠償支払いが命じられた。

ワールドコムも株式交換による方法での粉飾決算というライブドアと同じ手法だったようです。

海外でも報道されているようで。

海外メディア、東証酷評 ライブドアショック

英紙タイムズは東京発で、東証のトラブルについて「突然、誰も株を売ることができなくなり、大混乱に陥った。寛容に表現しても、東証のPRとしてはよろしくない。公平に表現するなら、まったくもってばかげている」と皮肉った。

日本は経済後進国だったんでしょうかね。


今日は『電子メールの日』ということです。
YOMIURI PCでパソコン操作の 禁じ手26という記事が載っているようです。

OS/ハードウエア編
動作中にUSB機器をいきなり引き抜いた
無線LANを暗号化なしで使っている
プリンターを3か月に1回しか使わない
デフラグを毎日実行している
汚れたディスプレーをティッシュでふいた
毎日、パソコンの電源ケーブルを抜く
雷が鳴っている中、パソコンを使い続けた
ADSLモデムの電源を切ったことがない
フリーズしたので慌てて電源を切った
古いパソコンを燃えないゴミとして捨てた
ノート型パソコンを常にAC電源で使っている
「Windows Update」をしていない

ファイル/ソフトウエア編
HDD内のいらないファイルをまとめて削除した
重要ファイルを1台のHDDに保存している
デスクトップにアイコンをたくさん並べている
デジカメ写真を加工後、上書き保存した
市販ソフトを複数パソコンにインストールした
機能が似たソフトを複数インストールしている
重要ファイルを共有フォルダー内に保存
すべてのパスワードを共通で使っている
ウイルス定義ファイルを更新していない
デジカメ写真をそのままメール添付で送った
掲示板でのやり取りで住所を書いた
怪しげなサイトのリンクをどんどんクリックした
XP標準のファイアウォールを使っている
パスワード再登録の要請が来たので従った


デフラグを毎日実行している
ADSLモデムの電源を切ったことがない
ノート型パソコンを常にAC電源で使っている
HDD内のいらないファイルをまとめて削除した
デジカメ写真を加工後、上書き保存した

って、ダメなんですか?
さすがにデフラグは半年に1回ぐらいしかしていないけど、ADSLモデムの電源なんて切らないし、ノートパソコンは基本ACに繋いで使うでしょう?ダメなの?

パソコンというものが比較的新しいツールであると言うこともありますが、その使用法とメンテナンス法についてのきちんとした方法はまだまだ手さぐりの部分あり、なんでしょうね。


英語リスニング、故障などで436人が再テスト

今年から新たに英語のリスニング(聞き取り)テストが導入されたが、ICプレーヤーの故障などのトラブルが相次ぎ、同センターの22日午前1時半のまとめによると、全国で436人が再テストを受けた。同センターは今後、メーカーに原因を分析させる。
 トラブルがあったのは、東京大や東北大、北海道大、京都大など。再テストの対象者は本試験の終了後に再テストを受け、音声が聞こえなくなったところから改めて解答した。

 トラブルの主な原因は、▽途中から音声が聞こえなくなる▽声が大きくなったり、小さくなったりする――など。東京大では、7人が機器の故障などの理由で再テストとなった。北海道大では、5人の受験生から「音量が上下して聞き取りづらい」などの訴えがあった。


英語リスニング、28人増え453人が再テスト


リスニング不具合、構わず続行5件…センター試験

21日に行われた大学入試センター試験の英語・リスニング(聞き取り)で、音声を聞くICプレーヤーの不具合を訴えた受験生に対し、試験監督官がそのままテストを続行させたケースが5件あったことが22日、分かった。
 5人がテストを受けたのは、静岡大と群馬大、大阪産業大、名古屋市立大、就実大。いずれも試験中に挙手し、「音声がかすれる」「イヤホンが片方しか聞こえない」などとメモで訴えたが、監督官から試験を続けるよう求められ、最後まで解答を続けるなどした。同センターは理由の調査を進めているが、「本来なら本試験後の再テストを受けさせるべきだった」と指摘している。


聞き取りがうまくいかなかった人、気落ちしないように。

ICプレーヤー、そのまま持ち帰れるらしいですが、既にネットオークションに出ているらしい。
電池を入れれば問題をずーっと聞くことができるということは、MP3プレーヤみたいにデータを記録するものではなく、もともとの本体に最初から再生専用として書き込まれているということか。

あのー。受験、それも大学受験はひょっとしたらその人の人生を左右する可能性もある重要なことですよね。それなのに事前確認はちゃんとしていたのかどうか・・・
だってそのICプレーヤーの数って膨大だろうから、一つ一つ確認するなんて不可能。結局メーカーから納入されたものをそのまま出したんでしょう。
これって、どこのメーカーが作ったんでしょうか?
情報求む。





↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

6:01:29 教育・学校 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/8292913

この記事へのトラックバック一覧です: 泣かないでアルジェンティーネ:

コメント

コメントを書く