« 哀しい賭け | トップページ | 首輪のない犬 »

キリンと月

2005, 12, 11 日曜日

05-12-10_16-31というわけで私が、ビルにある公衆便所のウォシュレットから草津の温泉が出ればいいなと思っているごんです。皆さんいかがお過ごしですか?

クリスマス一色の世間、彼女・彼氏の居ない人には辛い季節ですが、耐えましょう。これはもうどーしよーもありません。

姉歯、姉歯とテレビでは単純な個人攻撃が相変わらずですが、僕と言えば、寒い中梅田まで行ってきました。なんでかと言うと・・・・

全国のピッコロカリー

ファンのみなさま!

ニュースですよ!

ただいまお持ち帰り用のレトルトパックが500円です。
昨日帰りに見つけたんですが、買うのを忘れていました。
今日はわざわざ買いに行ってきました。
『歳末』の字を間違えて紙で貼ってるのなんて気にしない。

05-12-10_16-35

この写真を撮った後でレジを見ると、とーってもかわいい女の子が立ってました。
写真を撮っとくべきだった・・・・

4つ買いました。2000円。


テレビ版『着信アリ』、なかなか凝った作りです。
普通映画化ヒットしたのに便乗したテレビ版は、映画を水で薄めた感じになるんですけど、これは全く別モンになっていて面白いです。
来週最終回。
ひょっとして、エンディングの白いワンピース着た双子(?)も、亜美由美と関係あるのかもしれませんね・・

魔法使いが箒にまたがって空を飛んだりしますが、女の子なら食い込んで仕方がないと思う。




仕事にやる気の出ない日本の若者 日本人の就労意識に変化

日本の20代から30代の4分の3近くが現在の仕事に無気力を感じており、半分が機会があれば転職したいと希望している。
回答者たちは現在の仕事が「社会的な使命感」や成長の実感に欠けていると感じており、やりがいを感じる条件として高い報酬や自分らしさの表現を挙げている。調査対象となったのは若い労働者1000人。

急速な経済成長の終焉と1990年代初頭のバブル経済の崩壊に続く停滞によって企業は引き締めを余儀なくされ、日本の古い労働倫理も変わらざるを得なかった。

代わりに、 若者たちはより個人主義的なライフスタイルを追求している。およそ50万人の若者が、就業、就学、職業訓練のいずれもしていない、いわゆる「ニート」であり、臨時の職を渡り歩く「フリーター」の数も増加している。

野村総合研究所の女性スポークスマンは言う。
「人々が食べるために働かなければならなかった経済成長時代に較べ、現代の人々は満足のいく生活水準を実現しているようです」
「しかし、企業は競争を勝ち抜くために、従業員のモチベーションを高める策を取る必要があります」彼女自身は30代で、仕事へのモチベーションは非常に高いと語った。


はっきりいって、甘いね。

あま~い!

speedwagon_itoda01

昔鴻上が『夕日堂』で「日本は甘えの文化」と言っていましたが、確かにそういう側面はあると思います。
今回は自戒を込めて書いています。

> 機会があれば転職したい

今就いている仕事よりいい仕事ってあるの?

> およそ50万人の若者が「ニート」であり
> 現代の人々は満足のいく生活水準を実現しているようです

親が喰わしてるからでしょ?


今お世話になっている仕事場。つくづく思いますが、

頭悪い。

これは別に会社攻撃でも個人攻撃でもないんですが、なんてやる気のない会社なんだろうと毎日毎日思いながら過ごしています。
おそらくこんな文章を会社の人に見られたら即馘なんでしょうけど、バレてないと信じて書きます。

僕の立場としては、そこの正社員じゃなくて“協力会社”という立場での派遣。今までいろんなところで働いてきた(そのうち“仕事”というサブブログを立ち上げます)ので、各会社ごとの色というか雰囲気などの違いを感じてきた僕ではありますが、ここは特に酷い。なまじ会社の規模が大きいだけに(実際、ワールドワイドなことは確か。名刺を渡しながら「○○のごんです」って名乗れるなんて思いもしなかった)、内部の腐敗もものすごかった。
地元大阪ではよく言われる『大阪市の腐った現状』に勝るとも劣らないのがすごい。

たとえば、上司になにか指示される。すると全くそのことしかしない。なぜそうしなくてはならないか、何のためにするのか、を考えもしない。挙げ句の果て、上司の意向を図ることも無く、意味も理解していない。なので提出時にこっぴどく叱られている。

僕からすると、叱られて当たり前の状態なので同情はできないのですが、その上司とて更に上の偉いさんが気まぐれに出した命令に無条件に従っているだけ。

これではいい仕事なんかできないって。

うちの会社は民間企業なんだから、最終的には物を売って生活しているはず。それがお客さんの方を見ずに上司のご機嫌のみで仕事しててどーすんだって話です。

自分自身の、仕事に対する目的がない。
したがってモチベーションも生まれない(低いではなく、そもそも無い)。

ゾンビの群れに見えます。

ここで書いたような気持ちです・・・・


理想とする自分は、甘やかされたプライドの高さもあいまって月のように高く、その実就職した企業は大きいだけで動きの鈍いキリンであったため、「自分が活かせない」と感じている、か。

05-12-10_16-32

甘えんじゃないよっ!





寛子ちゃん、
本当に本当に大好きです。
って・・・

僕に向かって言ってください・・・




↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

1:51:17 仕事 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/7563435

この記事へのトラックバック一覧です: キリンと月:

» 仕事に無気力、なんと75% [ココロのカフェ・オフ会日記]
「なぜ勉強するの?」               と子供に聞かれると「仕事のためだよ」            ...... [続きを読む]

受信: 2005.12.11 19:59

コメント

コメントを書く