« 桜んぼの木とりんごの木 | トップページ | さよならを言う気もない »

黄昏で見えない

2005, 12, 27 火曜日

05-12-20_08-27ああああ・・・・・・
完全にカゼがひどくなりました・・・・
今日休もうかな・・・

個人情報過剰保護「暮らしにくい」6割…読売調査

 読売新聞社が行った個人情報保護法に関する全国世論調査(面接方式)で、国民の6割が個人情報の漏えいを懸念するとともに、個人情報の過剰保護によって、暮らしにくく不便な社会になるとの不安を感じる人も、6割近くに達していることがわかった。
 今年4月に全面施行された同法については、個人情報保護を理由に、役所などが情報を隠したり、出し渋るケースが出ており、国民の多くが、こうした対応に不信を持ち、顔の見えない「匿名社会」の進行に不安を抱いていることが明らかになった。
 役所や学校、警察などで相次いでいる個人情報の出し渋りの具体的事例六つについて、おかしいと思うかどうかを聞いたところ、すべてで「おかしいと思う」が「思わない」を上回った。
 「おかしい」と思う人が最も多かったのは、「地方自治体が、災害時に助けが必要な一人暮らしのお年寄りなどの情報を、地域の世話役である民生委員に教えなくなった」で、84%。続いて、「病院などが、事件や事故でけがをした人の容体や、容疑者の入院の有無について、警察の問い合わせに応じなくなった」「中央官庁や地方自治体が、懲戒処分の職員の氏名や、退職者の天下り先を公表しなくなった」各78%、「学校が、児童・生徒の緊急連絡網を廃止した」75%――などの順だった。

やっぱりね。
なにかを隠蔽するにはとっても都合がいい土壌を整えようとするわけだ。加えてその次にこんなことを考えている。

「被害者名発表は警察が判断」修正・削除なし

 犯罪被害者基本法に基づく政府の犯罪被害者施策推進会議(会長・安倍晋三官房長官)の会合が26日、首相官邸で開かれ、政府などの今後の取り組みをまとめた基本計画案を全会一致で決めた。27日に閣議決定される。
 被害者を実名・匿名のどちらで発表するかの判断を警察に事実上委ねる項目については、報道機関だけでなく被害者からも異論が出ていたが、修正・削除されず計画案に盛り込まれた。

ただでさえ、犯人の名前まで隠されている現実があるというのに!

覚醒剤を所持した男が小学校に侵入

mumurさんとこはとっても勉強になる。

ああ・・・喉が痛い・・・頭痛い・・・
身体だるい・・・・

いまの日本のジャーナリズムも風邪をひきかけています・・・・
助けて・・・・





↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

5:21:49 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/7858232

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏で見えない:

» 相も変わらぬ天下り天国。いっそ「天上がり制度」にしたら? [町人思案橋 (時事と常識戯問7問/平日)]
●★●●●●●7問中2問目 問題:「国家公務員天下り、公益法人へは438人」(YOMIURI ON LINE 051226)●国家公務員で、課長・企画官担当職以上というのは、どのぐらい偉いのでしょうか。まぁ、ヒラではないことはわかりますが●昨年8月からの1年間に退職した「課長~以上」の人は1200人余りいたそうです。政府は、彼らの再就職先を調べて発表しました●いわゆる天下り先としては、公益法人がいちばん多かったとのこと●ところで、次の人物と天下り先のうち、「間違った組み合わせ」はどれで...... [続きを読む]

受信: 2005.12.27 12:13

コメント

素町人@思案橋 http://blog.q-q.jp
 突然で恐縮ですがご招待です
「役人/天下り」に関するクイズを作りました。
「相も変わらぬ天下り天国。いっそ「天上がり制度」にしたら?」
という記事です。
問題は、「国土交通省の前次官の再就職先は?」
正解は→ http://blog.q-q.jp/200512/article_127.html
 他にも「政治/経済雑学クイズ」がたくさんあります。
 お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)

投稿: 素町人@思案橋 | 2005.12.27 11:17

コメントを書く