« ピーナッツバター | トップページ | 蘇州夜曲 »

風が吹いてひとりぼっち

2005, 11, 15 火曜日

zenin_syuugou意味もなく毎日起きて仕事に向かう
何をするでも無い毎日と
目的の無い生活

 死なないことが目的
 だから毎日ものを食べる
 とりあえす生きている自分
 だから毎日疲れている


死んだ魚のような目をして
人を打つ言葉も出せず
ただ、歩いている

 型にはまることが目的
 だから毎日を続けている
 とりあえず生きている自分
 だから時間に追われてしまう


  亡霊だらけの日本
  他の国でも多分変わらない
  とりあえず人を殺してみる
  だけど認識は変わらなかった

  生きているって重荷だ
  そう言えば産まれてから今まで
  あなたは望まれていたと
  言われなかった気がする


携帯画面を見つめるフリ
その間だけは何にも
考えなくていいから

 目的が無いことが目的
 だから毎日つまらない
 とりあえず生きている自分
 だから哀しくさえならない


今釣り上げられた魚
その目が僕を見た
はっきりと

2005.11.15 03:30




シュールだなー。

『シュール君』と言いながら、その実外見以外はちっともシュールじゃないキャラクターにひとこと言っておけば良かった。


というわけで私が、何のために生きているかわからないのにまだ生きているごんです。皆さんいかがお過ごしですか?

奇しくも(?)今日は坂本龍馬の誕生日です。日本を大きく変えた人物の誕生日にこんなことを思う。

今これを呼んでくれているかたがいらっしゃったら、聞いてみたい。
あなたは何のために毎日生きているのですか?
楽しいから生きている、と言う人がいれば、それはとってもうらやましいです。

子供が、孫の成長が毎日楽しみだ
そんな毎日はとっても充実しているでしょう。

仕事に生きがいを感じている。自分がいなければ出来ないこの現場の充実感。
ああ、そういう人もいるでしょう。高度成長時代といわれた1970年代の日本はそういう感じだったんでしょうね。公害問題もありましたが、学生運動も終焉に向かい、社会全体に活気があったような気がします(当時のことを知らないので偉そうなことは言えないけど)。


自分自身も毎日不安で辛い日々を過ごしているのですが(甘えといわれればそれまでですが)、今の職場で自分のチームに一人、よく休むヤツがいるのです。
決して身体が弱いわけでは無いと思います。どっちかといえば僕の方が身体は悪いはず。

土曜日、日曜日と過ぎて、月曜日の朝。
「休みます」
おいおい。

金曜日の朝。
「休みます」
おいおい。

祭日の次の日。
「休みます」
おいおい。


でもその休んだ次の日にしんどそうかといえば、ケロッとして冗談口や憎まれ口をたたくぐらいなので、けっして体調不良とは考えられないのです。

心理的なものか?と思っていたのですが、同僚の意見では、「有給休暇を悪用してショクナイ(アルバイト)しとるんちゃうん」と言っています。
なるほど。そんな可能性もあるか。

でも、社会人となれば、毎日出勤してそれからだと思うのですが、甘いですか?
さっきのやつのような態度がずーっと続くとなれば、こちらも何らかの態度をとらざるを得ません。といっても、もう既に“基本は無視”状態なんですけどね。

といいながら、自分の方がとっても辛い気持ちを毎日引きずって・・・
こうなに腹が立つのも、深層心理ではヤツのことをうらやましいと思っているのかもしれません。

毎日の自分の原動力をどこに置くかだと思うのです。
かわいい彼女がいれば、それだけで毎日生きて行ける。
そう感じています。

ただし、その彼女に去られたら、もう生きていく気力が完全になくなるかも・・・

捨てないで・・・

05-11-15_08-08

今日も目が覚めた。
今日も生きていた。





↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

5:02:53 心と体 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/7118045

この記事へのトラックバック一覧です: 風が吹いてひとりぼっち:

コメント

コメントを書く