« イニシャルを探して | トップページ | スニーカーダンサー »

落書きだらけの青春時代

2005, 11, 01 火曜日

05-10-31_13-08続々発生!!
電車男・・・じゃなくて、『電車の出口を占拠して一番先にホームに降りようとして人の迷惑を省みない男』長いがなー!

また一人見つけました。
朝のホーム、みんな並んでいる横でそわそわ落ち着きのないカーキ色(土色?)のジャンバー。顔、髪形が日蔭忠雄にそっくりで、思わず沖雅也を探してしまいました。
電車がするすると入ってくる。
今日はいつもより一つ遅いやつだったので、快速と普通が同時に入ってきて、当然普通から快速へ乗り換えようとする人でごったがえする。その人たちをわざとやり過ごしてもう最後の最後の最後、「扉を閉めまーす」というアナウンスがあったとたんまだみんな入りきっていない入り口に飛び込んできて、背中でギュウギュウ押してくる。

あのな、

誰だって電車から早く降りたいし、乗り換え時間に失敗すると乗り継ぎで一本次の電車になってしまうのは同じ。お前だけじゃない。
みんながみんなそんなことしてみろよ、列車がホームに到着しても誰も知らんぷりで、「扉を閉めまーす」と言われた途端に入り口に殺到したらどうなる?まるで椅子取りゲームじゃん。
朝鮮人じゃあるまいし、静かに整列して譲り合って乗り降りすれば、今よりずっと早く乗車/降車が済むって。

参考
<トイレが空くのを並んで待っていると、韓国人のおばさん集団が列を無視して個室のドアをノックし始め(日本人女性により使用中のトイレです)、そこがまるで韓国の土地であるかのように振る舞い始めました。

やがて彼女たちは、日本人女性たちと一緒に並んでいる私が韓国人であることに気づき、なぜ列を作っているのか、トイレは壊れているのかと聞いてきました。彼女たちには、列を作るという概念、もっと正確にいうと、そこが韓国ではないということがわからないようでした。

日本人女性たちは、黙ってやり過ごしていました。彼女たちは静かに列に並び、韓国人たちが先に用を済ますのを待っていました。私もそうしました。もちろん私も順番を抜かされるのは嫌でしたが、それ以上に早くおばさんたちに立ち去って欲しかったのです。>


というわけで私が、ツインタワー脇の花壇(?)に、何かもぞもぞと動くものを見つけてどきっとしたごんです。皆さんいかがお過ごしですか?

上の写真なのですが、何か分かります?そんなに激しく動いているわけではなく、時々「もぞっ」と動いているんです。

それは何かと聞かれたら・・・・・・

05-10-31_13-09

この子でした。
正面(こっち)を向いているときにシャッターを押したんですけど、いかんせんこの携帯電話のカメラって、いちいちピントを合わせようとするもんだから、2秒半もかかって撮影できたときには横向いてた。
まるで卵を抱いている鳥のようでしたね。
この場所が暖かいのかな?



さて。

あるブログでこんな記事が載っていました。
メガソフトの社長死去


知らなかった。
メガソフトといっても、ピント来ない人もいるかもしれない。
今なら『ミュージックCDデザイナー』や、かつては『STARFAX』などの超ヒット商品を作ったソフトメーカーです。
それに、なんといっても忘れられないのは・・・いやいや、今も立派に現役で売れ続けている『MIFES』を世に出した素晴らしいもとベンチャー企業なのです。


いろんな人が社長の死を悼んでいます。
メガソフト、前坂さん、逝去

もちろんただの一般民の僕は社長と面識があるはずもありません。
しかし、もしあの時MIFESが無かったら・・・
今の僕はここに居ないでしょうし、今のような仕事をしているかどうか分かりません。

そのMIFESも20周年ということです。
メガソフトのページ
ここに文を寄せておられる林晴比古先生、この人の書いた話で僕の一生の半分が決定づけられました。


この間、親指シフトの話をする際に「20年使ってきた“JISかな入力”をやめ、親指に変えようと思います」というくだりを書いたと思います。
20年前の僕。

・・・・・もともと子供の頃から文章を書くのか好きな子供でした。
小学校2年の時、宿題で詩を書いて来いと言われ、原稿用紙10枚以上を書いていってあきれられたこともあります。
僕が高校ぐらいの頃、世間ではワープロが出始め、みんなこぞって購入し、はがきの印刷などをさせていました。
僕は梅田の紀伊国屋に毎日寄って、店頭のワープロに文字入力をしては印刷して遊んでいました。自分の書いた文が『活字』になる!新鮮な感動でした。
そのうちに警戒した紀伊国屋の店頭からお試し用のインクリボンが姿を消しました(笑)。
そのうちに自分もワープロを一台買ってもらい、毎日毎日それに向かって一生懸命文章を入力していました。
三洋のSWP-M21。液晶画面は標準で2行、切り替えで4行表示。文字入力は『かな入力』でしたこれは電源を消して次に入れる時には必ずかな入力になっていたので、自然とそうなりました。
やがてA4で5ページしか記憶できないのに不満を持ちはじめ、働きだしてすぐに5年ローン(!)で購入したのがNECのPC-9801UX21でした。


当時の雑誌(ASCIIだったか、Oh!PCだったかは忘れましたが)で、林先生が自分の文章を書く方法として、「私はMIFES+VJEで書いている。パソコンのワープロは清書するためのものではない。下書きという概念がない、いつでも、いま画面で読む文章が最終稿である。気に入らない部分があればそこを書き直せばそれが最終稿だ。文章の順番がおかしければ、入れ換えれば良い。それが完成稿だ。下書きから、もっと言えば発想の段階からワープロで書き始めるべきなのだ」

ショックでしたね。そうか!すべてをパソコンの中の文章にしてしまえば、それはデータとなり、自由に活用できる。検索も置換も自由自在。そのための道具としてテキストエディタ(スクリーンエディタ)とFEP(今で言うIME)で高速快適な環境が出来上がる!
もう小躍りしましたね。パソコンを買ったはいいが、アプリはZ’s STAFF Kid98でお絵描き(なんと16色!)とリードレックスのPRESBOXを買ってしこしこ文章入力をしていました。
しかしもともとDTPソフトなので重たい重たい。そんな時目にした林先生の言葉で、MIFESとVJE-βを買いに走りました。
Kid98には単文節変換のVJE-αが載っていましたが、βはそれとは全く違い、また以前使っていたSWP-M21とも全然別世界のものでした。
もうキーボードを叩く手が止まらない止まらない。
その文章を書く楽しさを教えてくれたのがMIFESでした。
理論上、文章の大きさに制限かありませんでしたから(メモリ量によって制限は発生するけれど)、どんどん文章をつなげていって簡易データベースにしたり、カセットテープの文章を起こしたりもう使い放題。端から端まで検索しても数秒もかからない。まったく素晴らしいの一言でした。なんでこんなに便利なものを世間の人たちは使わないのだろう?

その後、MIFESのコントロールのスクリプト、中間(半コンパイル)言語のMIL言語でコーディングすることにはまり、やがてC言語に手を出して・・・・

その後の話は省略しますが、惜しいことにDOSからWindowsへと興味が移行したのは僕は世間よりずーっと早く、Windows Ver2.11の時に既にパソコンにインストールして切り替えで使っていて、Ver3.0、そしてセミブレイクしたVer3.1の時に、まわりが止めるのも聞かず自分のシステムを完全移行してしまいました。その時はWindows上で動くソフトはほんっとに少なく、DOSのMULTIPLANがWin上ではEXCELになっているくらいで、殆ど使い物にはならなかったわけですが(パソコン通信はCCT-98ⅢをDOS窓で使っていた)、一番困ったのはエディタでした。DOS窓でMIFESを動かすとすんごく遅いのです。これはWindows側の問題なのですが、背に腹は換えられず秀丸エディタに鞍替えしました。その後発売されたWin版MIFESも買って使ってみたのですが、使いにくかったのでそのまま秀丸使いに、そして今はWZ使いになっているわけですが、それでも『MIFES』と聞くとあの青いパッケージを今でも思い出します。
もしMIFESがなかったら、僕はパソコンを買ったはいいが使わなくなっていたかもしれません。
僕にとってパソコンを使う、とはMIFESを使う、と道義でした。

上記のブログの方たちはメガソフトの社長と親しかったようですが、僕もありがとうございましたと言いたい。ご冥福をお祈りします。


しかしこうして書いてきて、つくづくパソコンって金食い虫だなぁ。
いっぱい預金があって、それを引き出せたら・・・と思っている人に、この記事を紹介して今日は終わりたいと思います。

今日も預金が引き出せない。




↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

0:05:00 パソコン・インターネット | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/6799940

この記事へのトラックバック一覧です: 落書きだらけの青春時代:

» 今日も預金が引き出せない。 [由無し事の鏡]
今日もたっぷり銀行に預金を振り込んできました。 預金通帳は持ってないけど、俺の預金もう結構たまってるよ? そろそろ引き出させてくれてもいいんじゃないのかなぁ? でも、この銀行の難しいところは、 毎回毎回引き出すたびに“暗証番号”が変わってしまうのです。 ... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 01:29

コメント

う~ん、そういう話の展開でTBに持ってくるとは思いませんでしたw

投稿: もんもん | 2005.11.02 01:32

コメントを書く