« 男はつらいっすねぇ | トップページ | 雨音はショパンの調べ »

どんなふうにこの夜は終わるのだろう

2005, 10, 21 金曜日

おい、JR西日本!
今日はおまえ(法人格)に言いたい事がある!よ~く聞け!

ひと~つ!

毎朝大阪駅のホームにに7:20に着く快速と普通!
別々に走っているはずなのに、快速が大阪駅のホームに入るとき、スピードを落として、普通電車を待つようにゆっくりになり、同時にホームに入るな!
同時にホームに止まることはあるだろう!でもな!
普通と快速と顔を見合わせながらだんだんスピードを落としていき、やがてゆっくり止まってからいっせーのーで同時にドアを開けるな!
ホームに一度に人があふれてむちゃくちゃ危険だろーが!

基点主要駅だから、ホームに同時に車両が止まっていることはあるだろう!
乗り換えとかで。
でもな!
わざわざせーのーで同時にドアを開ける必要があるのか?

お~い!
今日は一つだけだ~!


というわけで、自分が60歳で死ぬということがわかったごんです。皆さんいかがお過ごしですか?

テレビで、自分の一分間の脈拍を測って、それで4376を割ると、だいたいの寿命がわかるというものです。
これは心臓の鼓動が一生でだいたい同じぐらい打つと寿命になるということかららしいです。

確かに長生きの象と短命のネズミの総脈拍数がほぼ同じとは以前聞きました。
なるほど・・・っておい!


気になるコネタ。


今やわんちゃんも納豆を食べる時代

もともと犬やチーズや納豆のような発酵臭は好きなので
ああ、それで・・・・・○○ー犬が(ry(意味不明)
臭いところ(ry ナメナメ(ry


減量してよりよいセックスライフを

太った女性たちが減量を始めると、セックスライフの質まで向上するそうだ。
適度な減量でも自分はセクシーではないと感じる感覚から解放され、性欲が昂進するという。

うーむ。太っている度合いにもよるでしょうね。
一般に(偏見かもしれないけど)やせ型の人、いわゆるガリ気味の女の人は淡白な気がします。むっちりな人ほど性ホルモンが多量に分泌して、局部は剛毛のような気が・・・
それで性欲も比例して高くなる・・・

どっちが好きかといえば、これは言わずもがなでしょう。

こんな話題があるかと思えば、男の方からも逆襲。

裸の藤原竜也、写真集で「自信」肉体美

一糸まとわぬセクシーな裸体を・・・でも、隠さなくちゃでしょ?
女性の『性器(生殖器・生殖接合器)』は、殆ど体の中にありますから、まっぱでも見えるのは陰毛だけですが、男性は『性器』が全部体の外にありますから、

丸見え

ですよね?本当に一糸まとわずのヌードなんでしょうか?
モックンみたいに、影になるようにしたり、何かで隠したりするんでしょうね。




あらためまして、ごんです。

今日はちょっと前に録画していたけど見る時間がなかった番組を見ています。
『老後の不安解消』と、『爆笑問題の霊魂・死後の世界はあるのか』。
『老後・・』は今見ながら書いていますが、『霊魂・・』はなかなか面白かったです。

オカルト番組のように「幽霊がカメラに映った!!」というものではなくて、日本人の死生観・宗教観などを各地の祭などから考察したり、インドの宗教観が日本と似ているとか、いろいろ興味深い考察が述べられていました。

そもそも日本では、天地万物に霊が宿り、神としてお祀りするという、古代から続く原始宗教の形態です。それは欧米の一神教(ユダヤ・キリスト・アラー)のような絶対唯一の神ではなく、おおらかな少し抜けた感じの愛すべき神々たち。
一神教では倫理観と罰、日本では道徳と許し。世界観も、社会の構造も全然違ってきます。

確かに聖徳太子が「和を持って尊しとなす」と言ったように、争いごとを起こさず、みんな仲良く助け合って生きていきましょう。と言うことですね。

これは「汝の隣人を愛せよ」という言葉とはほやはりちょっと違う意味なのでしょう。


番組の後半では、『霊魂は本当にあるのか』ということで、霊が“存在”するか否かということではなく、“霊があると認識すると”という切り口。
そもそも人間以外の動物には『死』というものの認識が無い。一番進化していると言われる猿でも、自分の子供が死んでも、“死んだ”ということが認識できずにそのままずーっと抱き続けて腐るまで気づかないそうです。

人間に進化してくるうちに、時間の概念ができ、“未来”を認識するようになってから、“死”を発見したのだとか。

そうか・・・『死の発見』か・・・

それで死んだ後の事を考えると恐ろしくなるので、そのために霊魂・死後の世界を考え出した、という結論でした。

なるほど。

それでもその死後のイメージも、日本と欧米では違うんじゃないでしょうか?
それについてはまた書きたいことがあるけど、それはまた別の機会に。

まあ、60で死にますからね。
というか、そんなに生きないような気がする。





↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

0:05:00 心と体 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/6492878

この記事へのトラックバック一覧です: どんなふうにこの夜は終わるのだろう:

コメント

コメントを書く