« 僕の彼女はウエトレス | トップページ | どんなふうにこの夜は終わるのだろう »

男はつらいっすねぇ

2005, 10, 20 木曜日

img23突然のメールをお許し下さい。

セックスレスな主婦、女性だけの職場、女子大生、仕事に追われるキャリアウーマン、調査をしていくうちに、欲求不満で悩んでおられる女性のほとんどが、お金はあるのに出会いがない、というのがわかって参りました。
これはビジネスになると思い、株式会社「ウーマンフリー」を設立致しました。

女性から会員費を頂き、秘密厳守というのを絶対条件に、割り切りで関係を持てる男性を紹介する、という方法で収入を得ています。
もちろん男性からは一切お金は頂きません。
それではただの出会い系と変わりませんので。

欲求不満な女性のネットワークのおかげで、女性の会員を集めるのはそれほど難しくありませんでした。
そして、SEXしたいのにできない環境に置かれている女性が世の中にこんなに多くいることに驚かされました。
6月現在、全国各地に約6万人の女性会員様が登録しておられます。
中にはサポート可能な女性も多数いらっしゃいます。
しかし、今度は男性会員の数が慢性的に不足するという事態に見舞われました。
女性会員の方からは会員費を頂戴しておりますので、肝心の男性が足りません、とはとてもお伝えできません。
そして先日、男性に限り登録制度を廃止するに至りました。
現在、直接WEBサイトから女性と連絡を取って頂くシステムに移行中でございます。

このメールでURLを記載してしまうと、未承諾広告等の法律に違反してしまいますので、貴方の承諾を頂きたくメール致しました次第でございます。
ご興味ございますでしょうか。
まずはご覧になられるだけでも構いません。
次のメールでお教えしてもよろしいですか?

もしご希望なさらない場合は返信なさらずに、削除して頂けるようお願い申し上げます。突然のメールでご迷惑おかけしたことを深くお詫び致します。
大変失礼致しました。

株式会社ウーマンフリー



というわけで私が、欲求不満でモンモンとしている大量の美人をイメージしてしまったごんです。みなさん、イカく・・・いや、いかがお過ごしですか?

なくなりませんね。この手のメール。
> URLを記載してしまうと、未承諾広告等の法律に違反して

ほんとですか?しかし、今やネットで何かしようという時は必ず検索サイトから探し出すのが当たり前になってると思うんですが、わざわざメールで大量発信なんてしなくても、ヤリたい人はぐぐってたどり着くんじゃないでしょうか?
その時点で、『ネットを使って大量の釣り』という幻想に溺れているような。
でも、メールの一斉送信なんて殆どタダでできますから、広告としては楽で、その上引っかかってくれるカモが必ず一定の割合居るのなら、費用対効果の点から考えても、やる価値はあるのかもしれませんが。


> SEXしたいのにできない環境に置かれている女性が
> 世の中にこんなに多くいる

それはひょっとしたらあたってるかもしれません。
数十年昔に比べたら、男の性欲は低下の一途、どんなに苦労しても女を口説き、ベッドインしてそう中、射精・・・ふう。という努力をあんまりしなくなったような気がします。
何十年も前の男が実際どうだったかはわからないのですが、今は思春期に入る前から周りには性の情報がいっぱい。それも子ども向けの『少年××』の表紙が巨乳タレントで、巻頭グラビアはそのデカパイやキツく小さな水着の股のドアップ満載。
お手軽にコケてしまいます。

すいません・・・僕もその口でした。
モテナイ君は、モテる努力をするよりも、紙の上の妄想に走ってしまったのです。

高校の帰り道、産業道路を吹田-摂津と北上してくるとローソンがありまして、そこで毎週『週刊プレイボーイ』を買っては読んでいたのです。
もはや“見ていた”ではなくて“熟読”でした。
無論現実の女の子に興味が無いわけではなく、まあ数少ないですがいろいろといんぐりもんぐりはあったのですが(きゃっ!)、一昔前の男たちの武勇伝にはかないません。
赤線時代の男性はみな逞しかったんではないかしらん。

それとは対称に、男性誌の女性版とも言える女性誌で盛んにセックスの記事を取り上げるようになったのもその頃ではなかったかと。
『セックスできれいになる』
『イクって何?』


女性にも太古から性欲はあったでしょう。
しかし日本に関して言うなら、女性は慎み深くはしたないことをしない、が理想であったでしょうから、“そのこと”を公言することはあまりなかったでしょう。

そもそも、ごくごく最近、近代になるまでは女の子は12~13歳で嫁に行く方が多かったと思います。まだ初潮の無い娘もいたことでしょう。性欲なんてまだみじんも無いころ。
女として性感が開花するころには既に4人ぐらい産んでいるとかだったのでは?

東北などでは『夜這い』の習慣もありました。
未婚の男が既婚の女性の家に上がり込み、性交をする。もちろん公認です。といっても目の前でやるわけではありませんが、今のようにサッシ・密閉住宅ではありませんから、その様子は筒抜けでしょう。
それで妊娠した子供もその家の子として育てる。農業が主だった時代では、働き手は多いほどいいですからね。
家ではなく村自体が家族の単位でもありました。


それが今は女性が働いていることによる初婚年齢の高齢化で、肉体は熟して熟れ落ちそうになっているのに、性交の機会がなく、ひとりで慰める女性の多いこと・・・

・・・・なんて考えるのは、
大間違い

女の人は、そこそこやってますよ。(たぶん・・・)
やろうと思えば手近で充分調達できるはず。

人間は生まれてくる時に男の方が少し多く産まれてくるようになっているんです。
もともと男は女に比べて体が弱く、争い(戦なども含む)などで死ぬ率が高いので成人するころに釣り合うようになっていたんです。
それが医療の進歩で男が死ななくなっちゃったもんだから、僕のようなカス男がたくさん余るようになっちゃったんですよ。

特に僕の学年は60年に一度の『丙午』だったんで、学年でも女子が少ない少ない!(おっと、トシが・・・)

果たして、どんなにがんばってもあぶれる男が出ることになりますが、これまた不思議なことに“全く性交渉の経験がない(プロとの性交渉除く)”割合は、男女とも各年代でそれぞれ同じぐらいごくわずかなのです。と言うことは、
・男性が交渉を持った相手の数
より
・女性が交渉を持った相手の数
のほうが(全対数の合計では)多いいとう結論になるのです。


あ、ここで書いているデータは今までに読んだいろんな記事から推測して頭の中で勝手に想像しているので、「証拠のデータを出せ!」と言われてもありません(^0^*)。
その上そういう情報自体が古いので、今はまた違っている可能性もありますが。

で、悲しき男はバブル時期、メッシーアッシーなど涙ぐましい努力の上、ごくまれにドッキングできることもある・・・状態だったのだと思います。
中尊寺ゆつ子のマンガ状態ですな。

20030708tback

今はその時代よりさらにキツくなって、女性の性は既に商品化完了済みです。
アソビの性交渉にも、結婚にも、女性が自分の価値を値踏みし、ある程度のボーダーライン以上でなければ納得しない。商談が成立しないのです。

女の子は、売り手市場。
そのことを自覚していたのが少し前の女子高生ブーム(?)なのです。

その上、食事の洋風化、高カロリー化によって、女子の体が成熟するのが低年齢化しているのも関係してきています。

■生殖器に影響する食べ物


・・・つらつらと書いてきましたが、そういうもろもろの事を考えまするに、冒頭のような『欲求不満で悩んでおられる女性』が欲求を解消する機会も決して少なくないはずなので、メールを受け取った方は、

決して心配しないように!

「僕が解消してあげよう」って考えることの方が妄想です。
こんなグッズが平気で新聞に載ってるぐらいですから。

vibrator_finger

以上、こんなことを書いたのは決して僕が欲求不満だからだけではありません。




↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

RSSにも対応しています。Firefoxなら、標準で使えますが、IEでもブックマークとかしてもらえたら嬉しいな。

0:06:15 恋愛 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/6479741

この記事へのトラックバック一覧です: 男はつらいっすねぇ:

» 驚異の借金の返済スーパーテクニックを大公開! [公開決定!ホントにできる借金返済法]
今回は、もしかしたら将来に起こるかもしれない!お話です。 最近は何が起こるかわからない!と言われていますが、本当にそうなのでしょうか。 確かに何のまえぶれも無くに危険なことや困ったことが起これば、 対応出来なくなるのは仕方ありません。 でも、あ....... [続きを読む]

受信: 2005.10.20 22:48

コメント

コメントを書く