« 夢見る人 | トップページ | THE SIGN »

幸せの黄色いリボン

2005, 09, 13 火曜日

gucatb京橋の駅前で、まだ生息していた中途半端ガングロ・ケバ女子高生が、マックシェイクを左手で持って、その手を左ハンドルの上に置き、顎をストローに突き出して口をつけて吸いながら右ハンドルの上に置いた右手で携帯電話を押しながらその画面を見ながら自転車を走らせていました。
どっちの手もハンドルをにぎってない、どっちの手もブレーキに手がかかってない、その上前方をまるっきり見ていない状態で走っている。

もう、バカとしか言いようがない!!

サーカス?アレグリア?
こいつを撥ねても罪になっちゃいけない。

会議で遅くなりました。
梅田の夜、歩いてるネーチャンたちがキタナイ。
18年ぐらい前に西天満で働いてたときにも夜の町には若い男や女、おっちゃんが歩いてましたが、今歩いてるにーちゃんねーちゃんは、きたない。

特にねーちゃんたちは肩だし脚だし、このままいくと乳出して歩いても平気になるんじゃないかな?
そんなにーちゃんねーちゃん(10代だろうけど)たちが梅田歩道橋の上や下でだらっと座っている。そこそこの人数が。

何か騒がしいんですけど。

どんしゃんどんがらがんがんどどんどんどんがらがんがんばんばががんどんしゃんどんどんしゃん

ドラム?
なんかどっかで聞いたような下手な歌が大音量で流されている。

向こうの梅田花月方面にもひとセット、ブラスバンド+ドラム・・・

これって迷惑条例で逮捕できないの?
梅田って、店とか電車とかしかないんじゃなくて、住んでる人もいるよ?
「ひっこーし!ひっこーし!」ってあのおばはんと同じじゃないの?

それでもそのやかましい歩道橋の下で、ひとりキーボードとアンプ、エフェクターをつなげて弾き語りをしている女の人がいました。
アンプを通しているので全く聞こえないわけではないけど、直上にやかましバンドがどんちゃんやっているので、よく聞こえない。
手前にはCDが置いてあり、売っているのでしょう。

この大きいアンプやエフェクターやもちろんキーボード、台など、一人で運んできたのかな?だとしたらすごい根性です。

しかしながら・・・・

この人たちは、いったい何がしたいのでしょう?
まさか一昔前のサクセストーリーをそのまま夢見ているのでしょうか?

今の音楽業界は、実力なんて関係ないんですけど?
コネと貢ぎ物なんですけど・・?
コネはそのままコネ、貢ぎ物は、売り出そうとしている事務所がプロデューサーやレコード会社の決定権を持つ人に女を斡旋すること。

でも、人は幸せを願わずにはいられない。ハッピーエンドを夢見て生きているものじゃないでしょうか?必ず良くなる、必ず幸せになると信じながら生きている。
なんて言ったりして。

「プロになる気はないよ、趣味だから・・・」と言うかもしれません。でも、曲づくりや音楽に関わる時間って、すごくかかっちゃうでしょ?仕事と両立できるんでしょうか?

え?お前もブログ書くのに遅筆だからすごい時間かけてるじゃんって?

これは趣味ですから・・・・


↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

0:36:40 音楽 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/5918715

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの黄色いリボン:

コメント

コメントを書く