« 灰色の指先 | トップページ | 早春物語 »

星空サイクリング

2005, 09, 28 水曜日

今帰って来ました・・ってわかんないって。

電車の中でドア側にいたのですが、途中の駅からちょっとバカっぽいカップルが乗ってきて、混んでたので同じドア側に来ました。
そんなに大声では無いのですが、ずーっと話し続けています。
彼氏彼女ではないようですが、女の方は「年下が好き」とか、そんな話ばかりを続けています。男は、口説こうとしてるのか?あんまり男前には見えないけど・・・こいつなら、彼女がいても口説きそうだな。

僕はそんなことしません。

でも、女の方はそんなこと感じているのかどうかわかりませんが、言い寄られて嫌な気はしないでしょう。時間も時間だし、駅を出たとたん、
「なぁ、ええやろ?ええやろ?ええやろ?・・・」
てな感じでどこかになだれ込んでいる可能性もあるでしょう。

女の方は、しゃべりを聞いているかぎりでは、自分に自惚れているバカ女ではなく、ちょっと頭は弱そうだが悪意のないアホ女みたいでした。性格は悪くなさそう。
顔も普通。
またこの女がええ乳してたんですよねぇ。
バスクリン色のシャツ(女の人の服をどういえばいいのかわからないのでこう書きますが)の盛り上がりが、これまたええ感じに盛り上がっているのですよ。
前にも何回か書いているように僕はおっぱい星人ですが巨乳星人ではありません。
巨乳タレントは、(おそらく)脱いだら垂れていることでしょう。巨乳タレんとはあまり好きではありません。

でも、さっきの女は、ちょうどいい感じに・・・・

・・・おほん。というわけで私が、自分に関係ない女の乳を、見てないフリして夜のガラスを鏡がわりにしてしっかり観察してしまっているごんです。みなさんいかがお過ごしですか?
いやあ。若いときはあんなのが目の前に来たら、もうあとで大変苦しんだものですが、今は性欲が少なくなりすぎて、冷静に観察してしまっています・・・

・・・・・( ´Д`)=3ハァ

・・さて・・・

チーム・マイナス6%運営事務局から、メールが届きました。

> 今週末でCOOL BIZが終了します。

ええっ?そうなの? ノーネクタイはもっと続ければ環境のためにいいと思うんですが、どうでしょう?いっそのことやめちまえばいいのに。

> 【3】ワンポイントQ&A「エコドライブのポイントは?」
> 車は運転の仕方によって、燃費が大きく変化します。

> <走行中>
>  ◎滑らかな発進を
>   人ごとと思っている方も多いかもしれませんが、
>   少しだけ意識して
>   運転してみるだけで、驚くほど燃費に差がつきます。
>
>  ◎マニュアル車は早めにシフトアップを
>   低速ギアで引っ張ると、CO2やNOXの
>   排出量が増大します。
>
>  ◎一定速度で走る
>
>  ◎エアコンの使用は控えめに
>   窓を開けて秋のここちよい空気を
>   楽しんでみてはいかがでしょうか。

この、『マニュアル車は早めにシフトアップを』に、意義を唱えます。

> 詳しくは「CO2減らそうネットワーク」のJAF:
>「みんなで始めようエコドライブ」をご覧ください。
http://www.jaf.or.jp/ecodrive/index.htm

とあるのですが、リンク先を参照しても、シフトアップうんぬんについては記述がありません。

これは、昔から言われている迷信をそのまま“自分もそう思っているから”裏を取らずに載せちゃったということなのでしょうか?


実際、上記のように思っている人も多いと思いますが、
これは大きな間違いです。

確実なデータを見たい方は、自由にネットを検索していただければいいと思うのですが、内燃機関の(特に今のガソリンエンジン)には、最大出力回転数/最大トルク回転数 というものがあります。
こんなグラフです・・・

torque


(手書きで適当です。)

この最大出力(hp、psなどと表記されます)は、『加速のための係数』のようなもので、その回転数あたりだと一番加速力が強いというものです。

それとは別に、最大トルクは、一番“力が強い”帯域のことです。
つまり逆に言えば一番ガソリンを消費しない帯域です。

ここで問題なのは、エンジンによって性格が違い、
『高出力・高回転型』と、『低回転だけど高トルク型』があるということです。

車のエンジンより、より違いが激しいバイクのエンジンで説明しますと・・・

ひところはやったレーサー型のバイク。
特に2ストローク車は極端なのですが、4ストでも、7000や8000回転まで回さないと、満足な走りができないものもありました。ものによっては10000回転以上が出力のピークのものも・・・

対して、スーパーカブをご存じだと思いますが、あれは最高速度が早いバイクではありません。しかしながら、少しのガソリンで驚くほど長距離を走ることができます。これは『低回転だけど高トルク型』だからで、低い回転数で最大トルク(前に進む力・バイクを押し出す力)が発生し、回転数が低いということはガソリンの消費も少ない。その代わり、それ以上高速回転する力はない(加速性能は無い)ということになります。


そこで先程のチームマイナス6の記述ですが、『早めのシフトアップ』が、すべての場合に省エネになるとは限らない、ということです。
エンジンの種類によっては、必要以上に低い(トルクの出ない)回転数で無理して動かし、そのために余計にガソリンを消費していることがあります。
場合によってはノッキングが起き、エンジン自体の寿命も縮んでしまいます。

ですので(長くなりましたが)、この項目については、『最大トルクのあたりの回転数を保つように心がけて・・・』となります。

皮肉なことに、このロジックはオートマチック車のトランスミッションの理屈と合致します。一般には『MTのほうがATより燃費がいい』と言われていますが、それはあくまでプロドライバーが極限まで性能を引き出したときの話。普通の人が普通に使うだけなら、そのうえ、上記のような迷信が一人歩きしている状況では、長期的に見てATのほうが安全で効率的なのは間違いないのでは?


自転車が一番ですよ。自転車。
オランダなんか、人口より自転車の台数の方が多いって言う話ですよ。


↓登録してみました。面白かったとか、ふう~んとか思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

0:54:00 日記・コラム・つぶやき | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/6151308

この記事へのトラックバック一覧です: 星空サイクリング:

コメント

コメントを書く