« 魔法の時計 | トップページ | ライオンは寝ている »

悲しいくらいほんとの話

2005, 08, 09 火曜日

朝、コンビニで缶コーヒーを買おうとしたら、頭に缶ゲーというものがおまけに付いてきます。
早速検索。

今日のねーちゃん

私の食卓。

風の向くまま♪

overeating・・・?

ブツヨク人~ ブツヨクノススメ ~

ittanCM

みーんなブログです。

ふむふむ。そうか。ファミマ限定なんですね。
最初何が入ってるのか分かりませんでしたが、ミニゲームでした。
詳細は上記のブログを見ていただければと思いますが、僕の買ったものの中に入っていたのは、黄色い『反射神経』ゲームでした。

電源を入れてみます。音楽が流れますが、

どう聞いてもランバダだ。

衆議院が解散してしまいましたね。
今日は弁天山の花火大会でした。テレビで議会の録画中継をしているときに窓の外では花火がドカンドカン炸裂していて・・・・

なんか不思議な感じ。


こんな話があります。
あんた何様?

中国が情報統制をするのはいつもの事ですが、
海外の報道では、「エボラか?」とまで報道されているのに、
日本も情報統制されているのはどういうことでしょうか?
日本のマスコミは、中国にとって不利な情報を報道しないという
「日中記者協定」に縛られているのか、ほとんど報道されていませんし、
外務省の海外安全ホームページにも情報はありません。


ああ、マスコミ・・・日本のマスコミは、こんな大切なニュース、危機情報・危険情報をなぜ報道してくれないのでしょう。日本人の健康や命はどうでもいいのでしょうか?自分たちだって口にするでしょうに。
そんなに中国に媚びて、なにかいいことがあるのでしょうか?

ひとつもありはしません。害毒の国、中華人民共和国です。旧ソ連よりよほど危険で、迷惑です。

国としての精神が病んでいる朝鮮半島はまだましなのかもしれません。大陸の広大な土地で、地球を汚染し続けているのですから、他人事ではありません。

次に見ていただきたいのがここです。
中国の7色に輝く亜茶(じゃなくて河川と食品)

河川の汚染対策の遅れについても最近では、「旧日本軍が遺棄した毒ガス兵器が原因だ」などと見え透いた嘘をついて責任逃れをして、真面目に取り組んでいません。

やっぱり!変だと思ったんです。なんで満州ではなくて中国領地内にそんなものが・・?
使用できるようなそんな毒ガス兵器を日本軍が使用できる状態で持っていたというのでしょうか?そんな強力な兵器を持っているなら、なんで南方で負け戦だったのでしょう?
自分で公害・有毒物質を作っておいて、それを日本のせいにするなんて。まるで「我々はサリンで攻撃されている!我々は被害者だ!」と言い続けていたオウムと全く同じです。

あ、そうか。麻原も朝鮮人でしたね。

恐ろしい・・・ものすごく恐ろしいです。
安い安いと喜んで中国産の食品を口にする日本人。
次の世代では奇形児が恐ろしい割合で出現するでしょう。
その時に後悔してももう遅いのです。

やめましょうよ、中国から食べ物を入れるのは。


アメリカの牛肉が極めて危険だと以前書きましたが、牛丼だってそこそこの値段がして当たり前じゃありませんか。自分の体のため、子供の体のためです。

ちなみに中国で

日本として何が出来るかというと、これはもう自給自足を推進するしかありません。

日本のマスコミ(テレビ・新聞含む)が伝えなくても、ネットで本当の情報をキャッチしないと、これから先の時代、命がありません。お気をつけください。

0:05:00 健康 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/5369650

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいくらいほんとの話:

コメント

コメントを書く