« はぐれそうな天使 | トップページ | ワカンナイ »

ねこの森には帰れない

2005, 08, 19 金曜日

05-08-18_13-01ねえ、思いません?
なんであんなに東海道線って揺れるんだろう横に。
加速、原則で前後に揺れることはあるかもしれません。でもあんなにわざとのように左右に揺れるのはなんで?
乗っているだけでとっても疲れます。阪急線や京阪線はそんなことないのに。


昼に休憩している外のベンチで。
この間写真を撮った鳩と同じ固体だと思うんですけど、僕が座っているベンチに近づいては離れていきます。
とぼ、とぼ、とぼ、と足元まで来ては僕の顔を見て、またとぼ、とぼ、とぼ、と向こうに行きます。

少し前まで女の人が座って何か食べていたから、なにか食べ物をもらえるかと思っているのかな?・・・とみたら足元に小さなパンくずが。そうか。これか。

「ごめんな」と言ってベンチを離れると、こんどはゆっくり、でもしっかりベンチに近づいて何かついばんでいました。

05-08-18_13-02


という日常もありーの、ネット上のニュースもありーの。

千葉県松戸市に「マツドナルド」は実在するのか
サッテリヤもすごい。

ガンダムと美術館
アートになると、とたんに意味不明に見えるんですけど・・・

愛媛の“郷土料理”? ポンジュースごはんを炊いてみた
「蛇口をひねるとポンジュースが出てくるポン道があるんだろって言われるんすよね」

え?無いの?ポン道。でも自動販ポン機はありますよね?ね?

拡大し続けるグーグルに懸念の声
巨大化する『Google』にひそむ危険性
ある意味、情報を勝手に抜き取られているのと同じですからね。

情報と言えば、日本は変な国です。
俗にスパイ防止法と言われた治安に関する強化法案は大騒ぎで妨害してつぶしたくせに、人権擁護法案は推進しようとしている。
明らかに、一部犯罪者にとって有利な状態に持っていこうとしている。
一部というのは特に外国人犯罪者たち、その集団。
その集団というのは特に特に特に支那や半島からの、犯罪を前提として密入国し続けている奴等のことです。はっきり言って。

民主党は、特に岡田代表は韓国朝鮮人のために一肌脱ぐつもりのようです。
さらに日本という国家を外国人犯罪者の巣窟にし、消滅させるつもりです。

冗談かと思う人もいるかもしれません。しかし事実です。
自分のアイデンティティーを日本に置かず、韓国にシンパシーを感じている人間がいるということです。それも国の重要なところにも、あちらこちらにも。

ずーっと不思議でした。なんで日本人なのに自分の住む国を陥れる必要があるのでしょう。
子供の頃から学校教育では「日本に無理矢理連れてこられた気の毒な朝鮮人がいる」ということは聞いていました(どちらかと言えば大阪では部落問題の方が取り上げられることは多かったような気がしますが)。

しかしここ1年で“事実”が分かってくるに連れ、そうではないんだということが分かってきました。

ウトロの話

明らかに不法占拠の無理、めちゃくちゃ。これが半島民族の正体なのです。
彼らをサポートしている団体は、そのことを知らないのか?
いや。僕でさえこんなに確かな情報が手に入るのに、行動を共にすることもあるはずの人間が気づかないわけがありません。

問題は、左翼の人たちは、現在自分たちが声高に叫んでいる情報は間違っている、もしくは捏造だと知っていてテレビやマスメディアをゆがめて嘘の報道をさせていることにあります。
彼らは間違った情報を素直だから信じているのではなく、事実は違うことを知っており、また 自らで更にひどい歪曲をすることもしばしばある。

在日の半島人がするかもしれないことは容易に想像がつきますが、
日本人までがなんでそんなことをするのでしょうか?

少し前のオウム禍、酒鬼薔薇の惨殺鬼、そしてAmwayについて

みんなプライドが高いが精神が小学生止まりの自分に甘く、他人には厳しさを求める心理構造です。ただし、知能水準は中途半端に高いため、自分の社会的な位置を認めることが出来ず、「これは本当の自分ではないはずだ。何かしなくてはならないはずだ。」などと模索し、あるものは新興宗教にからめ取られ、あるものはボディピアスを数十ヶ所もしたり、援助交際という名の未成年売春、オヤジ狩り・カツアゲ・・・

そのひとつのタイプと見ることは乱暴でしょうか?

この左翼活動のまやかしのひとつに、「自分は人のため、世の中のため、弱者や虐げられている人たちのために立派なことをしているのだ」と思い込めるところにあります。

その上、マスコミや日教組など自分たちと普段関わる人々は自分を支持してくれる。自分の行動を正しいと認めてくれる。

正義の人の誕生です。

彼ら、彼女らはこの陶酔から抜け出せないのです。

彼らのアイデンティティが半島にあり、日本人を虐げることに快感を感じ、自分がより高次の存在であるような気になる、
自国に文化が一つもなく、日本文化のパクリのみのため、自分に自信を持つために子供を殺した酒鬼薔薇や、オウムの信者ととてもよく似ている状態です。
オウム信者も終盤では自らの団体の犯罪を知っていながら、仕方がない、または必要だからと肯定していました。

現状の彼らはこんな感じなのではないかと推測しました。

ただし、在日の全てが悪というわけではないと思っています。そう思いたいです。二世、三世はもうすでに日本人としてのアイデンティティーを持っていて欲しい。もう替えることが出来ないというのなら、国籍を日本に帰化させて、一緒に日本人としてこの国を良くしていこうと手を取りたい。

でも朝鮮ベースと言わずにこっそり活動している団体も数え切れないほどいます。
例えばNOVAが統一教会の資金源になっているという情報もありました。

僕たちはいろんな情報を手に入れ、精査し、事実を見分ける目を育てなくてはならないのでしょう。

・・・・

自分の中で一応落ち着くところまで来ているので、この韓国朝鮮問題はしばらく書かないでおきます。またいつか書くこともあるかもしれません。
その時には今より日本の状況がよくなっていることを願っています。

ここにTバックしました。
「行ってみよう 見てみよう!歴史をめぐる日韓交流記」

0:05:00 経済・政治・国際 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/5534746

この記事へのトラックバック一覧です: ねこの森には帰れない:

コメント

コメントを書く