« 青春時代 | トップページ | ひとりの時間 »

おいしい水

2005, 08, 06 土曜日

文章を書くのって大変です。
こんな足りない頭を絞って書いているからかもしれません。
毎日ちょっとづつ書こうと思っているのに、ついつい想いが入って全力で書いてしまうから・・・・・
3時間ぐらいかけて書き上げて、毎日へとへとになってしまいます。

ナヌ?(死語)そんなにかけてこんな低レベルの文章ですと?
ガビーン!(死語)これ以上ハッスル(死語)して書いたら、バタンキュー(死語)で、グロッキー(死語)になるではないですか!
僕の文章の良さが分からないなんて、さてはオタク(この使い方も死語)、遊びすぎて頭ピーマン(死語)なんじゃない~?いくら自分でナウ(死語)なヤング(死語)と思って毎晩ディスコ(死語)でフィーバー(死語)してるからって、そんな事言っちゃ、まいっちんぐ~(埋葬ずみ)

そんなヤツは、次のクイズに答えるべし!
巨人軍の前監督は誰?

ハラ
ホロ
ヒレ

子供の頃から思っていたことがあります。
小さい頃は家のトイレは“ぼっとん”でした。
いわゆるくみ取り式ね。
その頃は分からなかったけど、水洗になってから今に至るまで、ずーっと思っていたこと。

母親のうんこが異常に臭いのです。

それはもう尋常じゃないくらい。
でも母親は、今まで病気らしい病気をしたことが無く、最近でこそ年を取ったので風邪を引いた感じになることはありますが、まだまだ元気です。
そして、うんこの臭いも臭いままです。

思うんですが、あれって腸内細菌がいっぱい居るからなんでしょうか?だからずっと健康なのでしょうか?

近頃は、恐怖商法と言われるものが横行しています。
地震が来たら怖いので補強リフォームしましょう。
現代人は栄養が足りないのでビタミンその他のサプリ。
水道水は危ないので水をきれいにする浄水器を・・・

でも、そんなに心配する必要ありませんから

韓国のキムチの方が怖いですから。

水に関して言えば、日本は軟水の国です。普通にきちんと殺菌さえされていれば、それ以上手をかける必要も無いし、煮沸すればカルキも抜ける。
第一、高い金出して外国の水を買っても、そんなにおいしい水はありませんから。

僕なんか、運動するためにはカルシウムイオンが大量に必要で、スポーツ選手も摂取していると聞いて、カルシウムがいっぱい入ってるという触れ込みの硬水、Vittelを毎日飲んでいた時期がありましたが、必ず体中が痛くなりました。今思えばカルシウムの取り過ぎだったようです。

やはり日本人は日本の飲み物、食べ物が一番です。

抗菌という観点から見ると、あまりにも殺菌、殺菌しすぎ。
きちゃな過ぎるのは無論ダメだけど、逆に抵抗力は落ちていく。

それならこういうのはどうでしょう。

皮膚にわざと弱めたばい菌をつけるのです。
わかりやすく言えば、塗る。
対ばい菌ワクチン水。これで感染症などへの抵抗力も増すかも?

オゾンを空に上げるのと同じぐらい画期的!
オゾンと言えばO~zoneの歌が日本で発売される話をぷいぷいでやっていたと母親が言っていました。

何を今頃~(笑)

しかし、この『菩提樹の下の恋』、日本語題が『恋のマイアヒー』らしいですね。なんて安直・・・
『恋は回せ回せ』と同じぐらい安直。


最後に。

吉川友梨ちゃん捜索の輪!!

友梨ちゃんらしき女の子を見かけた方、どんなささいなことでもいいですから情報を集めましょう。ご両親は一日千秋で待っています。

0:05:00 健康 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/5327437

この記事へのトラックバック一覧です: おいしい水:

コメント

コメントを書く