« 森へ帰ろう | トップページ | 鏡よ鏡 »

さよならアメリカ さよならニッポン

2005, 08, 03 水曜日

韓国バンド「RUX」テレビ生放送中に性器露出

写真付き
韓国のロックミュージシャンふたりがテレビの生放送中に服を脱ぎ、人気音楽番組が中断される騒ぎになった。ふたりはバンドのリーダーに「普段クラブでやるのと同じようにやれ」と言われていたとのことだ。

これはこれは・・・よっぱらってチン○を全国ネットで公開した鶴瓶師匠よりひどいかも。


毎度書いてますけど、こんなのはどうでしょう。

K・H・シェールの「地底のエリート」というSFがあります。

米ソ冷戦時代、米大統領とソ書記長がお互いに信頼を築いていて、核戦争など起きるはずもなかった。しかしあるとき子供が捨てたバナナの皮に足を滑らせて大統領が重体になってしまう。代理で立った核ミサイル担当者は、中国のミサイル実験のミスを自国への攻撃ではないと確信することが出来ず、ソビエトの策略だと思い、核ミサイルを発射してしまう・・・

風が吹けば・・・式ではあるにせよ、当時はあり得ないことではありませんでした。

とすれば、こんな話も考えられるかも?

ある日、アメリカのある都市で自動車が事故を起こした。
誰の目にも運転者の過失で、死傷者が出ている。
運転者は席から出てくるなりわめく。
「アイム・ザパニーズ!!」
ところが社内を一瞥した警察官が、「お前はコリアンだろ!」
「ちがう!アイム・ザパニーズ!」「やめろ!このウソツキ朝鮮人が!」
日頃の日本人の几帳面さを良く知っている警察官は、暴れる韓国人をねじ伏せる。

その事件を元に、アメリカ社会の在米韓国人がデモを起こしたり暴動を起こしたりブッシュ大統領の写真にいたずら書きしたものを燃やしたりする。もちろん本国でも大騒ぎ。駐留米軍基地にも瓶やゴミが投げ込まれたりする。

ブッシュ大統領は、もともとの始まりが“ザパニーズ”だったことを知り、「しょうがないね。
コリアンはウソツキで平気で捏造もするから
」と話す。

これに同調するメキシコや南米、ヨーロッパの国々の談話や会見が相次ぎ、よりいっそう韓国はウキーッ状態になる。

しまいには在韓アメリカ大使館前で指を切り落としたり、米軍の敷地に侵入したり卵やペンキを投げ込む、ヨーロッパやインドなどでも本人達はロビー活動のつもりで各地域の人たちにとってはうざいだけの騒ぎが続き、経済活動に支障が出てくる国も出始める。

今まで聞いたこともないありもしない非道な“事実”を捏造し、叫びまくる。あげくの果てはフィリピン・ハワイはウリナラの正統な領土だと言い始める。大韓民国からアメリカ人は出て行けの大合唱。韓国大統領は自国民の突き上げが恐ろしくて抑えきれない。

殺人や集団リンチが短い間に数百件も報告されるに至り、堪忍袋が切れたブッシュは、「そこまで言うのならお望み通り米軍を韓国から引き揚げる」ことを米国会で承認し、国連も認める。米国初め諸外国は財韓国・朝鮮人を国外追放にする。

・・・慌てたのは韓国大統領をはじめ韓国国民。あんなに口汚く罵っていたのに、米軍が居なくなると北朝鮮に攻め込まれる!慌ててももう後の祭りだった。

米軍・外国人が完全に居なくなってから2日後、金正日は“南朝鮮”に宣戦を布告し、「南の汚れた資本主義に捕らわれている我が同胞を助けるため」の戦いを始める。
規模は小さいながらも3発の核ミサイルでソウル他2都市が一瞬で消滅する。その後中共の人民解放軍と共に北朝鮮軍が南を占領し、『大朝鮮国』を宣言。朝鮮民族は2000万人まで減少していた。しかしその1か月後、金正日は人民解放軍によって暗殺され、わずかに残っていた朝鮮民族もほとんど虐殺され、国外に逃げ延びた人数は僅かに数万人。漢族支那人は極限まで残虐の限りを尽くし、朝鮮民族を滅亡させないと仕返しのおそれがあるとして、見つけたら必ず殺す法律を成立させ、見つけられた朝鮮人は生きながらテーブルに頭部を固定され、脳髄をスプーンですくわれて喰われながら死んでいった。かくして朝鮮半島は中華人民共和国の領土となる。

一方、米軍は敵が内戦中に竹島全島をナパームで焼き払い、後に米軍前線基地を建設。これが契機となって、数年後、台湾・日本・合衆国の連合軍と直接対決することになり、中共が弱って来たところを領土を横取りしようと南下してきたロシア軍と全面対決・・・・


150年後、地球上から核兵器と言われるものはほとんど消耗し尽くされていた。地球自体も地軸が曲がり(未来少年コナン)、新たな赤道帯ができ、その周辺でしか人間は暮らせなくなっていた。

既に確認されているだけで世界人口は数十万人に減少していた。
人々は地球をこんなにしたきっかけから、あの惨事のことを『コリアンザパニーズ戦争』と呼ぶ・・・・


アニマトリックスを見たことがありますか。
あの中に出てくる、「マトリックス社会はこうして機械に牛耳られた」話で、出てくる人間は日本人やヨーロッパ人のメンタリティとはすごくかけ離れています。まるで朝鮮人の“排除根性”そのものに描いてあります。現実には起こり得ないでしょうが、ロボットが国を造り、友好を結びに来たら、日本は喜んで結ぶでしょう。ヨーロッパでも眉をひそめても排除をすることは無いと思います。しかし世界中の人間が全員朝鮮人だったら?

アニメに描かれた通りの結末でしょうね。

しっかし、朝日系マスコミは、「植民地支配」盛られずこの記事でもすっごく残念そうに書いている。

日本から出ていって欲しいんだけど?

0:05:00 経済・政治・国際 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/5286520

この記事へのトラックバック一覧です: さよならアメリカ さよならニッポン:

» 原爆の日特集:黒い雨(8月10日まで刊行) [地震人]
 広島・長崎に原爆が投下され多くの人が犠牲となりましたが、この時発生した巨大なキ [続きを読む]

受信: 2005.08.03 07:41

» 教科書問題 - また2ちゃんねらーが遊んでるよ(笑) [桜日和]
つくる会の教科書反対人間の鎖をさらに囲むOFF 結局採択は後日になったようですが、お疲れ様です。 ところで「つくる会」の教科書採択に反対する杉並区親の会って中核派だったのですね。 っていうかここ見ればいいのか。 私の知識で中核派なんて言葉は、死語だったんです..... [続きを読む]

受信: 2005.08.05 10:14

コメント

コメントを書く