« 星空からのエレベーター | トップページ | 夢で逢えたらどんな話しよう »

夏の日の午後

2005, 07, 13 水曜日

10954naguttane仕事場で。
同じ部門のおっちゃんが僕の席に来て、
「ちょっと相談があるんだけどさ」と言って、僕の机の上の扇風機に目を留める。
「あ~あ。こっちが28度で暑い暑いって我慢してんのに、こっちではCO2消費してさ・・・」
「(・・・・?)それって、この扇風機で電気を使ってCD2を生産してるって事ですか?」

ほらね。やっぱり出やがった。この被害者教の信者が。もう既に『28度の暑さを我慢すること』が目的になっちゃってる。チームマイナス6ったって、別に我慢大会じゃないんだから、効率よくCO2を出さないようにいろいろ考えるって事でしょ?確か昔から「エアコンの温度を2度上げると電気代が節約できて、扇風機で空気を混ぜると涼しく感じる」って聞いてるし、トータルでは扇風機の方が電力消費が少ないはずじゃないの?

だいたい、エアコンの温度を28度にしたからって、どれだけの資源が節約できて、どれだけ温暖化に対して効果があるんでしょう?きっちり数字で説明してください。小泉君。

昔の夏の話
解決への提案

大CO2生産大気汚濁大国のアメリカが実行に移す気が無いのに(そして日本以外の全ての国も口先だけだと思われる)、日本だけ真面目に(他国にバカにされながら)あっついあっついって自虐して(笑)、この競争社会(特に最近は国際的にも競争)で自ら効率を下げて国民を苦しめているだけにしか見えません。

第一、クールビズ、企業の2割が実施 半数は予定なしって、導入を決めた企業は20%。「予定はない」との回答は49%。「軽装スタイルだけが先行して目的がぼやけている」「もっと根本的な取り組みを考えるべきだ」など、中小企業の方がしっかりしてるんじゃないですか?
当たり前か。巨大企業のような何しても自分や会社に実害が及ばない環境で仕事してるんだもんなぁ。最近特にそう思います。中小企業は毎日毎日がシビアで、現実的に物事を解決する能力が要求されるのでしょう。
逆に公務員などは普段コスト意識なんかゼロだから(だからあれだけ無駄遣い、使い込み、第三セクターという犯罪的財源浪費が起きる)、ぽや~んと「えあこんのおんどを2どあげたらぁ。おんだんかたいさくぅ。(下条アトムさんの声で)」と考えてしまうバカのためにこっちがしんどい目をする必要はさらさらないんじゃないの?

間違ってます?

日本で出来ることと言えば、宅急便はじめ、長距離トラックを廃止する。で、長距離はすべて貨車での輸送に戻す。
なにも不便なことないですよ。品物の注文を段取り考えてやればいいだけで、なまじっか一つの荷物でもすぐに届くからそれが当たり前のように感じているだけで、別に日数かかったって不便は無いでしょう。

牛も飼育することを止めましょう。

それでも、毎日暑いです。いや、会社の中の方が外よりずーっと。
扉を開け放していたら、どれだけ快適なんだろう。
それだけ考えても、うちの職場はバカです。

0:05:00 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/4934506

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の日の午後:

コメント

コメントを書く