« たいようてかてか | トップページ | 猫がふんじゃった »

どこにもいないよ

2005, 07, 23 土曜日

05-07-22_21-46今日は月が丸かったです。デジカメではなかなかうまく撮れません。

帰りに(こんな普段の電車内からのネタばかりでごめんなんしょ)。

駅で停車しているとき、向こう側の反対の線路の女性専用車両を見たら、ガラガラでなおかつ女性(とおばちゃん)がほとんどの席に座っていました。
若い人はほぼ100%携帯電話を体の胸の前で操作していた。

まさに、平成の聖徳太子の群れ!

でした。

女性専用車両にちなんでの話題。
都内の痴漢ワースト1はJR埼京線だそうです。

>都の調査では、20、30歳代の女性客の約45%が
>防止策として「男女の区分乗車」を望んでいるが

やっぱりそうじゃん。はやくわけわけしようよ。
男だってオンナと一緒に乗りたくはないんだよ。一部の好色野郎を除けばね。

私感だけど、
今の若い女性(下は高校生まで含む)は、同年代の男と比べて、性欲も強く、性交渉に及ぶ機会が多いのじゃないかなぁ。
3~40年前ぐらいなら、ごく少量の“コマシ”男がいて、大多数は赤線で性処理をしていて、女性は結婚まで純潔を守るってのがあたりまえだったろうに、今は「やらないと損」とばかりに女の子が知り合っただけでケツ剥いて差し出している。
彼氏ができても金はみんな男が払い、自分が稼いだ(バイト・OL)金は女友達と海外旅行。場合によっては旅行のたびに出会った外人とハメて帰ってくる強者もいるようだ。
男はこんな不況の世の中、就職に仕事にと、学生時代から骨身を削っている。アソんでいる暇などない。

で、高学歴素人童貞と昔イケイケ3ケタ女で今は清楚なOLとの結婚もけっこうあるのだとか。
結果・・・

ずるがしこい女は離婚こそしないものの、自分の子供をまるでペットのように愛玩しまくったり、どこぞのアジアの外人のスターのキャンペーンに貯金もつぎ込んではしゃぎまくったりする世の中。

以上、身近で聞いたり又聞きとかでの話でした。
学歴が低い職場ばっかりに居たからかしらん。

かとおもえば。

我が選挙区の処女に大学の学費を出します!

ウガンダ共和国カンパラ 20日 ロイター] ウガンダ共和国の地元紙が20日、報じたところによると、ある国会議員が、女性が学校を卒業する時に処女ならば、その純潔に対する褒美として大学の学費を支払うと保証した。
参加者は公衆衛生局員から婦人科のテストを受け処女であるかどうかの検査を行う。

マダダ議員は「子供たちは、年少の時にコンドームを使用しないセックスをする
とどんな危険にさらされるかを教わるべきです」と語った。

マダダというだけあって、「もう、いい?」「イヤ。マダダ。」って止めてるとか・・・・


でもアンタ、今の日本では十代後半で処女なんて、

どこにもいませんから~!

童貞はいるけどね。(^_^;)

前に聞いた話。
「女の子の鼻の頭を押してみて、割れてたら処女じゃない?」
本当かな?

※今日のまさかのミステリーで、
「ロンドンで起こった爆破騒ぎは、生き物に優しい自然伐採方法だった」
ってのは、昨日の今日でどうなんだろう。

0:05:00 恋愛 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/5095849

この記事へのトラックバック一覧です: どこにもいないよ:

コメント

コメントを書く