« アンバランス・ゾーン | トップページ | お願いはひとつ »

少年よ、天使をめざせ

2005, 07, 26 火曜日

毒が出るブログだそうです。なんだろう?

毎日放送の『せやねん』で紹介されていた話。
芦屋市役所には、「お困りです課」という窓口があるということです。

すごい!さすが芦屋市!
他の税金泥棒たちと一味違うねぇ。

生きていく上で、人の役に立つことをしたい。
しかしそれはなかなか難しく、自分が生きていくだけで精一杯。

この「役立ちたい病」にかかって反対運動にのめり込んでしまう人も多いのは、この社会になにも筋の通ったことが見えないからじゃないかしら?

人権、人権と叫ぶ人々。
女性差別と叫ぶおばちゃんたち。
未だに“従軍慰安婦”をあったものとして心から謝罪せよという元社民党の眼鏡かけたおばちゃん。

そのパワーを間違った方向からちゃんと日本国内の問題に転換して、本当の意味で人の役に立ちなさいよ。

テレビ東京で放送された『戦後60年特別企画“聖断”昭和天皇秘話』をやっと見ました。
アメリカの卑怯なこと。ソ連の更に卑怯なこと。
ポツダム宣言の受諾についても、時の総理が鈴木氏であったことが、戦争終結に大変良かったことだということが表現されていました。

しかし最後のインサートで街のおばあちゃんたちが、「戦争はやっちゃいけないね」で終わったのは、どういう意図だ?テレビ東京よ。これじゃ、日本が一方的に戦争をやったみたいじゃんかよ!

0:05:00 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/5118459

この記事へのトラックバック一覧です: 少年よ、天使をめざせ:

コメント

コメントを書く