« 夢の途中 | トップページ | 主人公 »

風は激しく

2005, 04, 23 土曜日

今日は怒っている。
猛烈な怒りだ。

本当は別の記事を入れるつもりだったけど、差し替えた。

4/21の報道ステーションで、あの徳島の自衛官が

殺された

事件が、不起訴になったと報じていた。
検察審査会に最後の最後の一縷の望みを託し、結果を待っていた。

その結果が、不起訴だと。

ふざけんな!

おにいちゃんは自殺じゃない

詳しくはこのサイトを見て欲しい。

三笠貴子さん、お兄さんを殺された。
警察に訴えても動かず、提出した証拠はことごとく

警察に隠滅された。

過去に何回か書いたけど、
警察は絶対犯人を知っている。
というか、かばっている。

もっとはっきり言うと、警察関係者の息子が犯人であるという、昔の小説やドラマみたいなしょーもない理由のような気がしてならない。

徳島の殺人暴走族

公務員は、“サービス業”だ

これってなんとかできないの?ねえ、みんな黙ってるの?
それでいいの?


そして、この怒りは、明日の題『主人公』へと続くのである。

0:05:00 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3803121

この記事へのトラックバック一覧です: 風は激しく:

» 保身に走る警察よ・・・ [大人のおもちゃ 新性活倶楽部]
1999年12月にある殺人事件が起こりました。 この事件を知ったキッカケはこちらのブログです。 事件は一人の自衛官が不慮の変死を遂げた事から始まる。 遺族に、彼の死因は「自殺」と告げられる。 しかし、あまりに不自然な徳島警察の説明に違和感を感じた遺族が真実を追究し始める・・・。 詳しくは死んだ兄の妹さんが作ったHPをご覧頂きたい・・・。 まぁ人それぞれ意見があると思うのだが、一つ言わせてほし�... [続きを読む]

受信: 2005.04.24 23:26

コメント

■ご報告■
TBさせて頂きました。

投稿: 徳川 | 2005.04.24 23:21

コメントを書く