« ハート仕掛けのオレンジ | トップページ | ふられてBANZAI »

誘惑

2005, 04, 27 水曜日

ahaha23行きの電車の中で、またもや迷惑なガキ出現。
高校生だろう。
電車が着いて人が並んで乗り込んでいるところで、自分が乗ったところで入り口に立ったまま止まる。
ボストンバックを大きくしたような高校生がよく持っている紺のナイロンバッグ。

「奥入れや!」と言いながら押し込もうとしたが、そいつは体をこすらせながらそこをどかなかった。
ごっつうっとおしいし、後から乗る人の明らかに邪魔になっている。

「ジコチューなんだろう」と言う人がいるかもしれない。でも少し違うと思う。
自己中心、自己中心主義ではなく、自分が他人の迷惑になっていることに気がつかない。

・・・最近こういう子供、生徒、多くなったと思いませんか?
主人公でもちらと書きましたが、彼らの毎日、朝起きてから寝るまでの彼らの世界観、彼らにとってのこの外の世界・社会は、彼らの中にあるのです。
彼らが認識している自分の周りの世界は、彼らに属するものなのです。
彼らがまわりの人間(他人)から注意されたり、「あなたは間違っている」と言われたりすることなど、夢にも思っていないのです。

一人っ子?


中国でも80年代に一人っ子政策があり、“なんとか王”と言われるぐらいわがままに育てられて来ました。今の10代後半から20代です。
なにかにつけ甘やかされてきて、その上反日狂育。「自分は、ひょっとしたら間違ってるかも もしかしたら違う知識を与えられたのかも」と疑うことはこれからも死ぬまでないでしょう。彼らのメンタリティの中にないのです。生まれてからずーっと。もしそこに気がつき、自分で認めることがあれば、彼らの精神は崩壊するでしょう。

僕は中共政府はキライだけど中国の人は別にキライではないと言っているのは、そう言うところにもあります。オウムの施設に閉じ込められたまま育った子供と会話するようなものです。

今の日本もそれに極めて近い。
自分の間違いを認めたり、自省したり事故検証したりする経験がなく、挫折もなく、苦労をしそうなことからは逃げ出しす。
数年前には自分の意見(と言っても、意見という大それたものではなく、自分の感じる感覚・感情ぐらいのもの)を周りに否定されることを恐れ、「だよね、だよね、ダヨネー」という言葉が流行り、無知・無感覚な大人はそれを単なる流行語としてもてはやす。
そして高校生かそれ以上になったそんな人間が、自分の間違いを指摘され、それを理解すると、錯乱を起こす。
いわゆる“キレる”という状態で、僕のキライな言葉です。
キレるというのは、自分にキャパシティがないことを堂々とさらけ出しているだけで、日本男児としては最もみっともないことです。

これでは支那人と変わらん。
今の中国人でも都市部では知的水準は高いし、学歴も高い。
台湾も韓国もそうです。

日本人は幼稚化しつづけている。
30代のサラリーマンが通勤満員電車の中でジャンプなんか読むなよ!

世の中は、人は人に迷惑をかけなくては生きていけないの。
また、人に迷惑をかけられて生きていくの。
それをできるだけ小さくするように気をつけるのが日本人。
それで社会が成り立ってるの。

どっかのキチガイ運動家たちが叫んでいるように、「権利!権利!」では世の中成り立たないの!

これを解決するには、少子化で学年にクラスが2~3しかない今の時代、小学校6年間は寮に入れて集団生活を学ばせて社会性を身につけさせるべきだと思うんですが、どうでしょう?

社会に出て他者の存在を理解し、自分の小ささを認めるのには勇気がいります。いつまでも甘やかされていたい自分、現実から目を背け、閉じこもりたくなる誘惑に負けない子供をどんどん育てていかなければ・・・・

閑話休題

見つけたりんくのこーなー
時代はお姉ちゃん?

雨上がり決死隊のブログがオープンしました。

0:05:00 日記・コラム・つぶやき | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3870934

この記事へのトラックバック一覧です: 誘惑:

» ラッシュで不愉快なのは自分だけだと思ってるやつ! [それとなく、それとなく]
 列車を待つのに列を作って並ぶ習慣がないという関西地方はどうか知らないけれども、少なくとも東京近郊では、列車が駅に到着すると、ドア付近の乗客はいったんホームに降りて、降りる人を通してあげるのがルールである。  今朝、川崎駅からJR東海道線に乗って新橋に向...... [続きを読む]

受信: 2005.05.16 06:53

コメント

TB&コメントありがとうございました。
こちらこそ先日は失礼しました。
東京にもいますよ、迷惑人間たちが(笑)
彼らはたぶん自己中心的というよりも、そこに他人がいるという意識がないか、他人に対する関心が欠如しているのではないでしょうか。
おそらく彼らにとっては他人は「荷物」同然なのでしょう。まったく困ったものです(^^;

投稿: Akky | 2005.05.16 07:00

コメントを書く