« 展覧会の絵 | トップページ | SEPTEMBER RAIN »

HAPPY BIRTHDAY

2005, 04, 11 月曜日

Panasonic DIGA、DVD/HDDレコーダーのCMで踊ってる小さい女の子、かわいいっ!

毎度おなじみの『たかじんのここまで言って委員会』で出ていた大阪市の教員、あの人も自分の思い込みだけで都合のいい解釈しかしていない。
あの番組を見られた方なら大多数がそう思うだろうけど、まず“従軍慰安婦というものがあって、強制的に人狩りをして集めた”という前提からスタートしている。
だから細部の辻褄が合っていないし、第一級資料のような証拠となるものがない。吉田清純の嘘物語とか、そういったものを引き合いにしている段階で、もう既に証拠ではないのに・・・

反面教師で、自分も思い込みだけでそうならないように気をつけないと・・・

中国での暴動はますます激しくなるばかりです。
日本企業の店などに投石をしている支那人を、中国警察は止めさせていません。
だいたい言論の自由も無い中共で、政治的な主義主張を持つことなんでできるハズもありません。中共政府の仕込んだアジテーターが民衆を引き連れて騒いでいるに過ぎない。
サッカーの時もそうでしたね。
いつぞやの日本人留学生の裸踊りとやらの時も。

こんなんで北京オリンピックが開けると思う人は世界中に聞いても居ないんじゃないでしょうか?
まず第一に日本は参加しない方がいいです。

警察が黙認している=中共政府の意図だと考えるのがスムーズです。

日本人だというだけの理由で傷害をうけた人も出ています。
町村外相は中国大使を呼びつけ、きちんとした謝罪と投石などによる被害への保証を求めました。毅然たる態度だと思います。また、当たり前のことです。


今までの外相、また首相レベルがカスばっかりだった。
金儲けと賄賂にまみれた政治家ばかり。これからもそう言う人間はなくなる事は無いでしょうが、一般の人の意識を高めることはできるはず。今からあらためて日本国をきちんと再生していくターニングポイントでもあります。

「もはや戦後ではない」という言葉は、まさにここ数年のことだと言えるでしょう。
日本という国生み。その現場に今、皆さんはいるのです。

台湾も国産みで苦しんでいます。日本とて人事ではありません。

今から数年でアジアの環境は少し変わっていくでしょう。

日中韓3国共通歴史教材『東アジアの近現代史』(仮題)いよいよ刊行!

↑こんな記事を見つけました。そんな、国によって主観が違うのに、ましてや中国韓国のような偏った教育しかしていないところと認識を共有できるわけないじゃない!

0:05:00 経済・政治・国際 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3648049

この記事へのトラックバック一覧です: HAPPY BIRTHDAY:

コメント

中国はどうしようもない!
チベットホロコーストの件はどうなったのでしょう!
怒りがふつふつと沸いてきます。

投稿: 徳川 | 2005.04.11 11:50

 暴徒・・なんていっても、たかが3万人。大部分は、ネットの呼びかけに応じた物見遊山の若者たち。(ニヤニヤ笑ってるやつも多い) 中国人民の50万分の1が馬鹿やったからといって、彼らの本質を見誤ってはなりませぬ。
 支那は、昔から、外を攻撃することによって、政権の延命を謀ってきました。江沢民は、日本なんて30年後には消滅してるぜ と本音を言いましたが、共産党崩壊の方が先でしょうね でも、中国人のいい人、いっぱい友達にいるよ、当然だよね、日本人にも悪人は多いし。

投稿: おれんじぺこー | 2005.04.11 14:33

コメントを書く