« ■九州で地震 | トップページ | 地震お見舞い申し上げます。 »

■戦争と反戦思想

2005, 03, 21 月曜日

「米国は新たに残虐なる爆弾をもって・・・・」

NHKの『ハチロー』の内容が、いやに共産党が唱えそうな反戦思想に染まっているのが気になる。
確かに戦場は悲劇であり、東京はその残酷な戦場になってしまった。その中で国民が感じた素直な感情ということは事実であり、嘘ではない。
しかしながらあの編集者の言葉、「日本国民全体が、戦争を起こしたすべてのものを否定しようとしています。正直言えば、私はこの国を恨んでいます。」
戦争に負けてすぐにそこまで気持ちが変わるものだろうか?現実にその時代に生きたことが無い自分には断定できるはずもないが、そんなにころころ変わっちゃ、まるで朝鮮民族じゃないか。あり得ない。

NHKは、こっそり反戦思想を刷り込もうとしているのか?

0:00:01 経済・政治・国際 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3426941

この記事へのトラックバック一覧です: ■戦争と反戦思想:

コメント

コメントを書く