« ホラーorラブストーリー | トップページ | 由なし事・セカンドステージ »

■AM3時の二部からAM1時の一部へ

2005, 03, 31 木曜日

2002/08/19から毎日綴ってきたこのさるさる日記ですが、諸々の事情によりこのたびココログに移行することになりました。

一日一回、何かを書く。
何もない日は無いはず。

かつて松山千春も一日一曲トレーニングのために作っていたそうです。
マラソンと同じで、何かを作り続けていけるというのは至難の業。
谷村新司も、三十歳を過ぎてラブソングを作るのは苦しいこともあると言っていました。

しかし、これは日記です。
最初は身内だけに見せるための日記。

毎日、
毎日。

次第にそれがリズムになっていきました。
言葉をつなぎ合わせることで、自分が何を感じているのか認識するようになりました。
文を組み合わせることで、自分の中の考えや方向性、意思、意見が形成されるようになりました。

事程左様に、言霊とは不思議なものです。

自分が、そう、思うから、そこにあるのです。
自分が、あると思わなければ、そこには存在しないのです。

二千年以上も昔から受け継がれてきた大和言葉を母体とする日本語。イロイロな文字を操り、外来語も我がものとし、表現の豊かさではたぶん日本語が世界中で一番だと思うのは決して奢りではないはず。

この日本に生まれたことを喜ばしく思っています。

・・・もう、しばらく言葉を編んで行くことを続けたいと思います。
・・もう、しばらく言葉で表現することを続けたいと思います。

Walkingtour

最後になりましたが、RCサクセションの、『トランジスタ・ラジオ』

それではココログでお会いしましょう。

いい夢を、
・・・見るんだよ。

23:41:00 ウェブログ・ココログ関連 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3661885

この記事へのトラックバック一覧です: ■AM3時の二部からAM1時の一部へ:

コメント

コメントを書く