« ■若いヒト、パソ通を知ってるか? | トップページ | パパと呼ばないで »

■肉は高いか住みよいか

2005, 02, 18 金曜日

吉野家、この間一日だけ牛丼を販売した。
それに伴う話だけど、牛肉をアメリカから輸入するのどうのの話。

日本政府は「生後20ヶ月以下のものはOKとする」という方針で行くらしい。
しかしそれは21ヶ月のものに異常プリオンが見つかったからという単純な理由。それだけでも怪しいのに、なんとアメリカでは、牛がいつ生まれたという記録をいっさい取っていないというのだ。

なので、アメリカ側の“検査員”が、肉の間を歩き回り、「これは若い」と判断したものを20ヶ月以下として輸出する段取りらしい。

ちょっと待てよ。

そんなん、その“検査員”の腹ひとつやん。そいつが正々堂々と判断するって、誰が保証するの?

断言する。20ヶ月以下でも、アメリカから牛肉を輸入してはいけない。
たとえ高くても国産牛を使うべき。
吉野家も、絶対280円にする必要なんてないだろう?
580円でも、680円でもおいしかったら食べるって。だいたい280円なんて値段がおかしいんだって。
通常の定食レベルの価格設定をしなさい。

牛肉は、高いものなんだよ。そこの認識を改めなさい。

0:00:00 健康 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370489

この記事へのトラックバック一覧です: ■肉は高いか住みよいか:

コメント

コメントを書く