« ■ブログに興味がわいた。 | トップページ | ■NHKはもうだめだ »

■J−COMの対応

2005, 01, 15 土曜日

皆さんはどう思われるだろうか。

うちはJ−COMというケーブルテレビが入っている。
団地なので数年前に一斉に変わってしまった。

電波状況を気にすることがなくなったのはいいけど、先日ちょっと不思議なことが。

地上波デジタル放送開始に伴い、地上波デジタル対応のセットトップボックスに交換された。
さすがハイビジョン放送はきれいだなぁ、と満足していた。
2~3日前までは。

ふと気づいたが、セットトップボックスの(テレビのではない)リモコンの音声ボタンを押すと、画面に“モノラル”と表示される。
あれ?ステレオ放送じゃないの?
ボタンを押しても変わらない。
第一CMなんてステレオに決まってるじゃない。
おっかしいなー。
他のチャンネルに変えてCMの時に押すと、“日本語”と表示され、また他のチャンネルでは“第一言語”と表示される。
おかしい!
二ヶ国語の時にだけ、日本語と英語に切り替わるが、そのほかの時は全然切り替わらない。

J−COMに電話してみたが、専門のものからかけさせますといって、今日土曜日の12時にかけてもらうようにしていたのだが・・・・


そいつが、とんでもないバカな対応をしやがった。

僕「音声ボタンを押しても変わらないんです、モノラルのままなんです」
J−COMの男(以下J)「それは放送がモノラルなんじゃないんですか」
僕「でもCMの時もモノラルと表示されるんです」
J「モノラルだからじゃないですか」
僕「いやいや、CMはステレオですよね?」
J「え?なんでステレオとわかるんですか?」
僕「はぁ?」
今放送されているCMはそのほとんどがステレオ放送である。
深夜の一部のCMと、通常時間帯でもテレビ局自体の番宣とか映画のCM、テレビ局のジングル(関西ではらいよんチャンネル、ぷぷっぴ10など。東京ではブーブくんとかきっかけは~とかやってるんでしょうか。見てみたい)がモノラルなだけで、ほとんどがステレオだ。だからビデオデッキにはCMかっと機能なんかがついていて、番組自体がステレオでなく、モノラルか二ヶ国語の時にCMカットできるのだ。
それはテレビ屋としたら常識ではないかい?

ここで俺は相手の男がJ−COMの人間ではなく、よくあるサポートセンターのアルバイトのイメージを持った。しゃべり方はフットボールアワーの岩尾である。2chでいう厨房野郎の感覚。自分こそが正しいというようなしゃべり方。
むっちゃムカツク!
僕「他のチャンネルではどんな放送でも“日本語、”また他のチャンネルでは“第一言語”が出っぱなしなんですけど」
J「それは、“日本語、”“第一言語”で正しいんです。」
僕「・・・・・・」
その後も話がかみ合わなくて、納得しないまま電話を切った。
さあ、松下電器(セットトップ)、在阪の各放送局に問い合わせだ!
今すぐはできないけど、原因を確かめてやる。

0:00:00 旅行・地域 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370531

この記事へのトラックバック一覧です: ■J−COMの対応:

コメント

コメントを書く