« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

■慣れっこのアナウンスとともに

2005, 01, 31 月曜日

もう毎日のことになってしまっている、帰りの電車で「本日、人身事故のため・・」
そんな中でおっさんが読んでいた夕刊フジ。

『中尊寺ゆつこ 急死 S字結腸ガン』

ヒメディア

そうか・・・
そう言えば昔東芝ダイナブックが新発売の時に、得点として「中尊寺ゆつこの だ・か・ら ダイナブック」というビデオをつけて販売していたが、中身を見てみると、最初と最後にちらっと出てくるだけで、途中はずーっと「平野文のだからダイナブック」だった。

0:00:00 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■免許更新の巻

2005, 01, 30 日曜日

ふふふふ。
免許を更新しました。
2~3日前から視力回復トレーニングを付け焼き刃でやっていて、もう眼鏡も作ったしもしだめなら免許証の条件で「眼鏡等」って書かれてもしかたないやって思っていた。

ところがところが。
どっちが切れてる?
左・・・
どっち?
ええと・・・みぎ・・下・・?

はい、いいよ。
えっ?

OK出てしまった・・・

ふふふ。これであと五年は眼鏡等って書かれないもんね。

0:00:00 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

■まただ。

2005, 01, 29 土曜日

吐いてばっかり。
なんなんだろう。

0:00:00 健康 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■兼六園

2005, 01, 28 金曜日

金沢に行ってきた。

行きの長い長いサンダーバードに乗っている時間。
仕事。

兼六園に行ってみたかったが、もう夕方だったので入り口まで行ってあきらめて帰る。

また長い長い雷鳥に乗っている時間。

疲れた。

関係ないけど朝の行きしなに大阪から金沢の手前まで、北欧か東欧系の背の高くて肉付きのいい、日本人からみたらモデルさんみたいな金髪の女の人が3人、スーツケースを持ってサンダーバードに乗って来ていた。

俺は外人はあまり好きじゃない。特にアメリカ人なんか“白人”ではなくて、“ピンク人”のような豚みたいな感じでキライ。
金髪のアメリカ人といってもただ単に髪が黄色いだけのイメージ。

でも北欧、東欧の人はきれいだと思う。特にノルウェー・フインランドからスロバキアのあたりまでの女性は、きれいな人が多いと思う。
本当に肌が白くて、今日の女の人みたいに金髪は少し透けるように輝いている。天使の姿だ。

降りるときに日本のスーツ男と通路ですれ違うとき、
「ぽひゃぽひゃぽひゃ・・」となにやら言っていた。
おそらく「すいません・・」ってな言葉(ロシア語?)だったのだろう。

あ・・・・女の人のことの方が書く量が多い・・・・

0:00:00 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■年寄り宣告

2005, 01, 27 木曜日

今日の明け方。まだ寝ているとき。
尻の下の方で(足の方に向かって)

ぱつぱつぱつぱつ!

「なんだ?」
思わず目が覚める。

・・・ひょっとして・・・

寝屁・・・?

オムツがとれてから、一度たりと大小ともに漏らしたりしたことはない。おしっこ我慢しすぎて中学の時に腎炎になったぐらい。
それなのに・・・

びっくりした・・・・・
というか、もう痴呆老人の域・・・・

0:00:00 健康 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■携帯するものは心か?虚ろな抜け殻か

2005, 01, 26 水曜日

怖いね。携帯電話の詐欺メール。
毎日毎日あんなにムダゴミメールが溢れている上に、こんな迷惑メールまでネットに氾濫しているなんて、インフラにとって重大な障害だ。だいたいそんなアホなモンに引っかかる知能低いやつらまで0円で手に入れて無駄な使い方をするようになるからだって。
自分のプライベート携帯電話も、毎日迷惑メールに困っていた。
で、もう家族以外からメールを受けることもないし(涙)、限定アドレス許可の設定をした。
あ~あ。
朝すれ違うあのかわいい女子高生の・・・
・・いや、なんでもない。

朝のホームで(駅の話ばっかり・・)イコカのゆきき」と聞こえた。
ゆきき?なんだろう。イコカに続いてまた新しいカード?

「ホーム中央のイコカのゆききにて、ゆーきんできます・・」
そうか。イコカの入金機のことね。

そうかと思えば、さるの着ぐるみがコンビニ強盗。
しいたげられ、生活の場を追われたた本物の猿が着ぐるみを着て抵抗したとか。

帰り、
去年まで自分の車を止めていた場所に、知らない車が止まっていた。

もう僕の場所ではない場所。
もう還らない過去。

0:00:00 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

■気が緩んでるのか?おもろいけど

2005, 01, 25 火曜日

またまた帰りの電車内でのこと。
「次は~桜之宮~桜之宮~  イッ」

・・・
しゃっくり?

0:00:00 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

■女は頭が悪いのか、それとも狡いのか

2005, 01, 24 月曜日

帰りに桜之宮駅で・・・
「本日、人身事故のため・・・」

道理で駅が静かだと思った。
3分ごとに繰り返されるアナウンス。
「もうすぐ京橋駅に着く模様です・・・」
5分ほど待って、
「今、京橋に着いていますが、乗り降りに時間がかかっている模様です・・」
「すぐ次に電車が続いていますので、慌てないで乗車していただくようにお願いします・・」
またしばらくして
「まだ京橋の駅で乗り降りで混乱が起きている模様です・・」
なにやっとんじゃ。すぐ後ろに次の電車が来るんだろ?なにを無理矢理乗ろうとしとるんじゃ。
20分ぐらいしてやっと来た電車を見て、まるで冷凍のニシンがぎゅーっと四角くなっているみたいにすし詰め。あほか。
それでも女性専用車両はガラ空き。これも輪をかけてあほか。

目の前でドアが開くと、女が3~4人体を縮めて立っていた。
おまえらなぁ、そんな事するぐらいやったら女性専用車両に行けよ。お前らみたいな目の前の事にしか気がつかない、「乗らなきゃ、乗らなきゃ」と混み混みにしている頭の悪い犯人。

考えたらわかるやろう!?こんなときぐらい、ましてや乗り降りに10分もかかるぐらいやったら歩いて10秒ぐらいの女性車両に行けや!

そんなにまでして男と体をくっつけたいのか?

無論痴漢は犯罪だし、パンツの中に手を入れてきてジョリジョリするようなやつは、指を切り落としてもかまわん。そう言う意味で女性専用車両は悪いとは言わん。

それでもな、それを当たり前だと増長する女たち。階段を上がって乗りやすいところ、降りやすいところ、また出入り口のドア付近に陣取る基地外女は何とかして欲しい。お前らのせいで普段から電車が混みがちなんじゃ!男の方がどんだけ迷惑しているか!

案の定、その30秒後に来た次の電車はガラガラだ。
こんなところにも知能低下の波が。

今日はもう一つの話。

殺害された女性、興梠さん(30)
交際相手の37歳男が犯人として逮捕されたが、事件はそれだけではなかった。なんと興梠さんの夫(52)がテレビでインタビューに答えていたのだ。
怒りを言葉にしていたが、奥さんは何回も犯人の男と逢い引きを繰り返している。「バッグを買って」とねだって殺されたんだと。
殺人は罪だが、女も女だ。3歳の子供を残して・・・・

0:00:00 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

■にゅーうえーぶ

2005, 01, 23 日曜日

摩邪。

去年言ったよね。
波田陽区のネタって欽ドンのよい子悪い子普通の子のネタの作り方(サラダ党・パジャマ党?)と同じなんだよね。

・・・ってここで日記検索したら、・・・・日記に書いてなかったですから!残念!

そうか・・・九州の泉さん(男)と博多で温泉に行ったときに言っただけでもう皆さんに言ったつもりでいたんだ。

あらためて書く。

欽ドンのネタの作り方と同じなんだよ。
題材の提示・・・それを崩す!
もっと細かいニュアンスがあるんだけど、ここでは書かない。

方法論で語れるお笑いネタ。

ちなみに・・・ギター侍のギターはMorrisだよ。知ってた?確かにモーリス持てばスーパースターも夢じゃないのかな?

で、今日の本題。
エンタの神様で摩邪と言う女の人が出ていた。
頭をモヒカンにしてサイドだけ長く残して、プロレスラーのかっこで舞台に。マジャコングだって。

「ハァ? コノヤロー!!」

で、世の中のおかしいことを斬っていく。

がんばれ!

それと、市議会選挙投票行ってきた。
みんな知らない人なんだけど・・・・

なんと確定申告の申告書が送りつけられて来た。
パソコンでも作成できますと書いてある大きい封筒には、去年も書いた見覚えのある用紙が。郵送できるみたいだけど。
もう10年以上確定申告してはいるけど、やっぱり横で確認して欲しいじゃない。だから今年も行くつもり。

0:00:00 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (1)

■ゆーさくっ!

2005, 01, 22 土曜日

高橋克典って、いい男だね。
男の俺が見ても惚れ惚れする。

・・・ちがうよ?もーほーじゃなくって、石原軍団の人を見て感じる男気と、また違う気がするんだ。ってなにげに東京弁。
なんつーか、工藤俊作を感じるんだよね。
先週から見始めた特命係長只野仁。
あの巨匠柳沢きみお原作のドラマ。
Dino(ディーノ)も似たようなコンセプトだったと思うけど、けっこう面白く見てる(こういうの好きだったりする)。

工藤俊作・・・
そう、松田優作。
彼は優作になれる。

0:00:00 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

■偽金は重罪

2005, 01, 21 金曜日

母親におつりを渡そうとしたときに、母親が財布に「こんなのがある」と500円玉を出してきた。
よく見ると500円玉ではなく、中国人民銀行と書いてあった。
1元!と刻印してある。
500円でなくて1元!
角の雑貨屋でのおつりに渡されて、今まで気がつかなかったらしい。
あわてて取り替えに行ったが、気がつかないもんなんだね。
というか、もともとその雑貨屋のオバハンもそんなの渡されて気がつかんのかな?それをまた平気で人に渡すなんて、どんな神経?
あのー・・もし1元って知ってて渡してたら犯罪なんですけど・・

笑金の内容、複数の週ごちゃまぜだからゲストが違って見づらい。

0:00:00 教育・学校 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■温泉へ行こう

2005, 01, 20 木曜日

温泉に行ってきた。
市内の東部に以前できたって話は聞いてた。
中は、まあまあよかった。ナトリウム泉と書いてあったように思う。

近くに安い温泉ができるっていいね。

また行こう。

あだち充のH2がテレビドラマで放送している。
石原さとみのセーラー服姿がまぶしい。

やっぱりヤーラーでしょ!ね!

0:00:00 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■感じでってなんだよ

2005, 01, 19 水曜日

奈良の幼女殺害犯人の部屋に事件前と事件後に呼ばれたデリヘル嬢へのインタビューが日テレで朝やっていた。
テロップでは風俗嬢(20)となっていた。

犯行前の7月と、「今度は妹をもらう」とメールを出した日。
後の日は、呼び出しておきながら延々携帯電話を触っていたり、セーラー服もののモザイクなしのアダルトビデオ(裏ビデオと言いたいのか?)を見ていたという。

ところが、その女のしゃべり方がどうも違和感がある。

「部屋に入ったら、ずっとテレビ見てる みたいな感じで
「なんか、キモイ みたいな感じで
「ずーっと喋らん みたいな感じで
「 みたいな感じで
「 みたいな感じで

・・・みたいな感じでって語尾にすべてつけている。
感じでって、おまえがその場にいたことを話してるだろう?“感じで”ってなんだよ。言い切れよ。
もう30回ぐらいつけている。

それに気がついたあともさらに続く。
二回目に呼ばれたときのことを話していても

「久しぶりやな みたいな感じで
「ニュースをじっと見てる みたいな感じで
「絶対捕まらんやろう みたいな感じで
「セーラー服のビデオ見て怒ってた みたいな感じで
「こんなんオバハンや みたいな感じで
「 みたいな感じで
「 みたいな感じで
「 みたいな感じで・・・・・(文は覚えてないので適当)

いい加減にしろ。二十歳のしゃべり方じゃないぞ?
どう見てもついこの間まで同世代、それも同い年の敬語を使う必要のない人間としか(親を含む)話したことのない人間のしゃべり方だ。
はっきり言うと、女子中学生もしくは高校生、それも16歳ぐらいまでのしゃべり方。コイツの現在の年齢は、16~17じゃないか?警察でも事情聴取されたらしいが、テレビ上二十歳としているだけで、まだ高校生ぐらいの歳だろう。しゃべり方もトロいし。

頭、悪っ!

どうせなら、
「・・ヒロシです・・・」とか。

・・・もう、よかとです。

0:00:00 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

■無脳の群れ

2005, 01, 18 火曜日

今日行きしなに新大阪の駅でこっちの快速と向こうの普通が並んで止まった。
女性専用車両と隣り合わせになったが、向こうの車両の女性達は例外なくみんな携帯電話を見て(メール?最近はゲームの可能性もあるが)いた。
もうそれは見事なほどで、化粧することと同じぐらい必ず外に出歩くときは前を見ずに携帯電話を見ながら歩かなくてはいけない、車両の中でも窓から外を見てはいけない、というようにまるでブルカ※のような状態である。

ふと見ると目の前の座席(快速なので対面座席)の窓側の女性、20代後半かな?が居眠りをしている。朝からいいご身分だ。
その手に携帯電話が握られている。
10代をはじめ、なんで女って携帯電話を鞄やポケットに入れないのだろう。なんでずーっと手に持ったまま?
さっきの女性も、ふと目を覚ましたときにまず何をしたかというと、携帯電話をかちゃっと開いた。

・・・・

女性、女に限らず最近は男でもこういうやつが増えている。

そんなに社会とかかわりを持ちたくないのかな?
そんなに逃げたい?

女子中高生が夜な夜な友達と何時間も電話するので電話代が大変だと僕らの時代は言われた。昼間話すりゃいーじゃん。学校で話すりゃいーじゃん。
そうじゃないらしい。どうもわからん。
僕らの後の時代になると電話の自由化でコードレス電話が普及し始めて、自分の部屋に子機を持っていってずーっと話し続ける。
電話代が何万もかかることもあったろう。報道を見たことがある。

しかしその話の内容は、ほんっとに“中味が無い”と思わない?
たぶん今どきの若い女の子、女の人も同じようにただ口から言葉を出しているだけ。用件があるからではなく、井戸端会議のようにただしゃべりたいから。しゃべっていたいから、だらだらぐたぐだしているのだ。
話す相手がいるだけで、じぶんは“ハミゴ”じゃないと安心したいのだ。
仲間(と、自分が思っている)と、一緒にいたいのだ。
その中にいて、自分は少数派ではないと安心したいのだ。
だから、女は無駄話、無駄コストのメール作業を止められない。

昔のCMでSONYのウォークマンを耳につけて湖の前で立っている猿がいたが、あの猿は果たして音楽を聴いていたのだろうか。

多分今、電車の中や歩きながら音楽を聴いている若い男よりずーっと心に染み入っていたんじゃない?

0:00:00 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

■新しい興味

2005, 01, 17 月曜日

本格的に@niftyのココログに興味がわいてきた。
入門本を注文するつもり。

0:00:00 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■NHKはもうだめだ

2005, 01, 16 日曜日

NHKのチーフプロデューサーが涙の会見。
政府の圧力で番組内容を変えられたという。

その内容はというと、「戦争と女性への暴力」日本ネットワークという団体の主催した「日本軍性奴隷制をさばく女性国際戦犯法廷」というもの。
もと慰安婦という韓国人女性の証言などが証言し、日本の官憲による強制連行があったというように断罪された。最終日に裁判長が「天皇裕仁を婦女暴行と性奴隷制についての責任で有罪と決定する」と判決を言い渡した。

その“裁判”には、産経新聞などには取材を拒否し、“自分たちの仲間”しか入れていなかったという。
会場の壁には法廷に寄られたメッセージが所狭しと貼ってあった。「昭和天皇に極刑を」など。
半日失職のビデオが上映され、その最後には昭和天皇に挑戦民族衣装を着た女性が銃を向けている絵が。
司会者が「東京裁判において日本の性奴隷制は裁かれなかった。私たちは国際人権法に基づいてこれを裁く」と宣言すると、会場は宗教的熱狂を思わせる拍手と歓声に包まれたという。

おまえら、なにがしたいの?
もはや宗教だね。なにがなんでも戦争中に慰安婦として商売していた人を無理矢理“かわいそうな人”にしたいらしい。その実、その“かわいそうな人”のことはこれっぽっちも考えていない。どうでもいいのだ。
そう言う運動に身を投じることによって、高揚感と満足感を得ている。自分は正義の人だと思い込める。
“かわいそうな人”がどうなろうと、運動している自分には関係ない。

こんな運動は、思想の段階から法律で規制できないか?アメリカなら国家反逆罪が適用されるだろう。

だから日本は“悪いやつ”が跋扈できるのだ。

問題はそのNHKのプロデューサーがそういう凝り固まった人間であるということだ。

0:00:00 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

■J−COMの対応

2005, 01, 15 土曜日

皆さんはどう思われるだろうか。

うちはJ−COMというケーブルテレビが入っている。
団地なので数年前に一斉に変わってしまった。

電波状況を気にすることがなくなったのはいいけど、先日ちょっと不思議なことが。

地上波デジタル放送開始に伴い、地上波デジタル対応のセットトップボックスに交換された。
さすがハイビジョン放送はきれいだなぁ、と満足していた。
2~3日前までは。

ふと気づいたが、セットトップボックスの(テレビのではない)リモコンの音声ボタンを押すと、画面に“モノラル”と表示される。
あれ?ステレオ放送じゃないの?
ボタンを押しても変わらない。
第一CMなんてステレオに決まってるじゃない。
おっかしいなー。
他のチャンネルに変えてCMの時に押すと、“日本語”と表示され、また他のチャンネルでは“第一言語”と表示される。
おかしい!
二ヶ国語の時にだけ、日本語と英語に切り替わるが、そのほかの時は全然切り替わらない。

J−COMに電話してみたが、専門のものからかけさせますといって、今日土曜日の12時にかけてもらうようにしていたのだが・・・・


そいつが、とんでもないバカな対応をしやがった。

僕「音声ボタンを押しても変わらないんです、モノラルのままなんです」
J−COMの男(以下J)「それは放送がモノラルなんじゃないんですか」
僕「でもCMの時もモノラルと表示されるんです」
J「モノラルだからじゃないですか」
僕「いやいや、CMはステレオですよね?」
J「え?なんでステレオとわかるんですか?」
僕「はぁ?」
今放送されているCMはそのほとんどがステレオ放送である。
深夜の一部のCMと、通常時間帯でもテレビ局自体の番宣とか映画のCM、テレビ局のジングル(関西ではらいよんチャンネル、ぷぷっぴ10など。東京ではブーブくんとかきっかけは~とかやってるんでしょうか。見てみたい)がモノラルなだけで、ほとんどがステレオだ。だからビデオデッキにはCMかっと機能なんかがついていて、番組自体がステレオでなく、モノラルか二ヶ国語の時にCMカットできるのだ。
それはテレビ屋としたら常識ではないかい?

ここで俺は相手の男がJ−COMの人間ではなく、よくあるサポートセンターのアルバイトのイメージを持った。しゃべり方はフットボールアワーの岩尾である。2chでいう厨房野郎の感覚。自分こそが正しいというようなしゃべり方。
むっちゃムカツク!
僕「他のチャンネルではどんな放送でも“日本語、”また他のチャンネルでは“第一言語”が出っぱなしなんですけど」
J「それは、“日本語、”“第一言語”で正しいんです。」
僕「・・・・・・」
その後も話がかみ合わなくて、納得しないまま電話を切った。
さあ、松下電器(セットトップ)、在阪の各放送局に問い合わせだ!
今すぐはできないけど、原因を確かめてやる。

0:00:00 旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■ブログに興味がわいた。

2005, 01, 14 金曜日

以前、ただのネット上の日記じゃねえかと書いたが、

@niftyのココログを見て気が変わった。


眞鍋かをり 意外な素顔と本音トークが大評判!
リッチ&キュートな新作テンプレート

かをりちゃ~ん!
ま、アイドルタレントが書くものだから・・・と覗いてみたところ、
<読んでみて>
う~む、面白い。
予想を裏切るからこそ面白い。
これが普段からこういうヤツだと親しい人は知っているだろうからあまり驚かないだろう。でもアイドル視する人からは意外性がウケるだろう。

そのほか、小川ローザ・・・じゃなかった加藤ローサのとか。

うーむ。いっちょやってみるかな。無料って書いてあるし。
・・・んんーーー??
@niftyのIDがいるだとぉ?
昔、昔なぁ、俺はNIFTYServeやってたし、店であきれるほどNIFTYに勧誘したし、日経MIXもやってたけど、にふてぃぁーだったんだぞ!
俺の不用意な一言で西日本の富士通の部長が左遷されたこともあるんだぞ!(自慢にならん)

月額250円か。まあそれぐらいなら・・・

それでも、メインはここ、さるさる。
毎日更新するのはここ、さるさるにするつもり。
だって、いつも書いてるようなもの、ココログでは削除されるって。

0:00:00 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■10年。

2005, 01, 13 木曜日

そうだね。あの地震から10年経ったんだね。
直後の神戸に行ったときは、雨が降っていたけど、涙が止まらなかった。
みんな大変だったね。
日本もそれからさらに大変になるわけだけど。

あの朝、部屋が揺れた。揺れたじゃなくて横に大きく何回も激しく動いた。
もしその動く方向が垂直に逆だったら、テレビとタンスが落ちてきて頭をつぶされていただろう。家中のガラス製品がみんなだめになった。

新潟も頑張れ。

0:00:00 社会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■あなたもわたしもポッキー

2005, 01, 12 水曜日

コマーシャルを作るのは大変だね。
金がかかるのは元より、アイディアを考えるのが大変だ。
いかに画面に目を向けさせるかが第一。
そのために音楽もインパクトあるものにしなくては。
また、コメディ系のオチがあるものもある。

かわいいアイドルを使えばいいという時代はずっと続くのだろうか?

テレビという媒体のため、シモネタを使ったCMは日本ではあり得ない。
しかし外国では普通にあったりする。その範囲も含めて、“笑い”としてさらっと流せるぐらいの成熟性が必要ではないだろうか?特に性に関しては、田嶋陽子のような活動家のヒステリーなまでの偽善によって認識がねじ曲げられてしまう危険がある。

オトナになろうよ。

あなたもわたしも○○~

今回結論なし。

0:00:00 芸能・アイドル | | コメント (0) | トラックバック (0)

■今年一番のびっくり

2005, 01, 11 火曜日

あの西川きよし師匠の愛娘、かのこちゃんが結婚。
お相手はなんと、辻調理学園のあの林先生!

びっくり!
あ~びっくり!

今日は帰ってきてからネットワークHDD(メルコのHD−LAN)に書き込みはできるけど削除ができなくてびっくり!
ホームページ調べたら単にXP SP2に対応していないだけのようで、ファームをアップデートして事なきを得た。
よかったよかった。

0:00:00 芸能・アイドル | | コメント (0) | トラックバック (0)

■システム移行90%完了

2005, 01, 10 月曜日

ようやくほぼ前のシステムに近い環境が構築できた。
スピードが速いかどうかはまだ体感していないので何ともいえないが、クリーンインストールした後というのはゴミレジストリがなくていいね。
設定が大変だけど・・・

0:00:00 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

■システム移行中

2005, 01, 09 日曜日

古いシステムから新しいシステムに移行中。

0:00:00 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

■誕生日プレゼント?

2005, 01, 08 土曜日

うふふふふふふふ!
夕方にケースが届いたのさ!
早速マザーを取り付け・・・なんだ?これはネジ穴だと思うが、その上になんか出っ張っている。これではマザーからネジが届かないぞ!
普通のパソコンサイトならここで写真を挿みながら書くのだろうけど、めんどいのでこのまま続ける。
これは穴にひっかける爪なのか?なんとか2−3か所だけネジ止めした。
さあ、Pentium4の取り付けだ!
はじめまして。LGA775。
マザーに取り付けてあるカバーを外すと、ほほぉ。マザーからピンが出ている。
CPUを箱から出す。ちっちゃいなーそれに比べてFANはでっかいなー
よっぽど発熱がすごいのだろう。それをたっぷり30分かけて丁寧に取り付ける。
メモリを取り付け・・・
CD−ROMドライブ、FDDドライブは今のヤツから移植・・
S−ATAドライブを付けて・・っと。
ケーブル類もマニュアルを見ながら一つ一つ挿していく。
よっしゃあ!完成。電源を入れて・・・
動いた!あれ?でもキーボードがきかない・・
切り替え器経由だとだめみたい。OSインストールした後に試そう(結局うまく行った)。
さあ、Windows XP SP2をインストールだ!
インストール完了!

うーれしーいなー。

引き続きシステムとデータの移植に入ります。
ではでは。
今日の誕生日の自分で自分へのプレゼント。
祝ってくれる女の子も居ない・・・・
哀しいな・・・

0:00:00 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

■久しぶりに自作(無駄遣いとも言う)

2005, 01, 07 金曜日

msi_board

ふっふっふっ・・・・・

かっ、かっ、かっ・・・・・
買ってしまったのだ!!!!!!!

何をかって?
それは・・ってもう画像出てるじゃん。

なんちって。

Pentium4 2.8GHz FSB800!
MSI 915G Combo-FR LGA775!

買ってしまったのだ・・・・・

思えば、最後に自作らしき事をしてからもう5年以上経っちゃってるんだなぁなんてしみじみ思ったりして。
ケースは昨日買って宅急便で明日届くはず。
マザーとメモリとCPUとマザー(CD−ROMとFDDは使い回しするつもり)を買ってしまった。

本当は3GHz以上のP4が欲しかったけど、少しでも節約しようと思って2.8GHzにした。それでも今の1.7GHzより高いし。ただしHyper Threading。
しばらく離れている間にチップセットも変わったよね。LGA775ってなんじゃ?
ピンがマザーから出てるって?CPUからは突き出てない?まるで○○○と▽▽▽の□□□じゃないか・・・って伏せ字ながらお下品。
インテルはよっぽどCPUのピン折れに苦労したのかも・・・って邪推。

ともかく、明日ケースが届くのを待って、セットアップだ!ドキドキ。
明日は誕生日だし、いいよね。
うまく行きますように。
OSもこの機会にXPのProfessional SP2にした。不本意ながら。
HTテクノロジが生かせるのってやっぱりこれしかないし。まだLinuxは身になるのに時間がかかるから。でもそのうち必ず。

総額¥108,100・・・

全て借金(カード払い)だ!さぁ殺せえええぇぇぇぇ!

0:00:00 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

■アクション

2005, 01, 06 木曜日

action_megumi朝、電車の中吊り広告で、漫画アクションを見た。
「めぐみ」
そう言えば漫画化するって言ってたな。

早速昼飯のおにぎり2個と一緒にコンビニで買う。

表紙のめぐみちゃんを見たら、やっぱりかわいいじゃないの。
こんな娘をむりやり拉致して子供まで産ませ、いまだに返さないとは・・・
このクソパンチパーマチビオヤジ。
殺意。
日本全体から殺意。

とっととめぐみさんを返せ!

今、家で雑誌を開いてみた。
既に第二回だった。

・・・・

ここで視点を変えてみる。

めぐみさんは生きていると思う。
そのめぐみさんが帰ってきたとして、今の日本を見てどう思うだろう。
15~20女の子はパンツが見えそうな(いや、見えてる)ツンツルテンのミニスカート。男はうんこ漏らしたようなズリ下げズボンのボロボロジーパンに例外なく右後ろにチェーン。
耳や花や唇やヘソに汚いピアス。

同じゲームセンターでちょっと知り合って2~3回ゲームしたら一発お○こしようっか。ってホテルへ。もしくは公園の茂みで犬猫のたぐい。

・・・・向こうに帰りたいって言い出すような気がする・・・

0:00:00 社会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■デッドプログラム

2005, 01, 05 水曜日

今日、デッドエイジって番組があった。
若い者が物を知らないとか、年寄りが新しい物を知らないとか、
そんな番組だと思って楽しみにしてたが・・・

しょーもなかった。
最初の二つまで我慢して見て、さんま珠緒のあなたの夢かなえたろかにチャンネルを変えた。

学問とか常識知識とか、そんな話をするのかと思いきや・・・・
テレビとか芸能とか、そんなのばっかり。
しょーもな!

0:00:00 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

■年賀状自由化

2005, 01, 04 火曜日

子供の頃なんか、好きな女の子から年賀状が来るかな~って
ずーっと裏切られ続けてきたけど、

この年になって届く年賀状は、イヤミだ。
子供と一緒の家族写真ばっかり。
年賀状って幸せを見せびらかすものだったんだ。

0:00:00 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

■なまっちゃむぎっちゃ

2005, 01, 03 月曜日

ちょっと前に作りかけだったのを忘れていて後半付け加えたから時間的にタイムリーでないネタ。

「ダンディ坂野って、最近見ないね」
「マクドナルドの店員から、マツモトキヨシの店員に変わったみたいだよ」
「でもあのアニメ、おおやけ太郎にもダンディがキャラクターで出てたよね」
「おおやけ太郎?」
「あの、ねずみがいっぱい出るヤツ。」
「もしかして、それってハム太郎のこと・・・?」
静ーかに笑いが広がっていく。
「あ、ハム太郎っていうんだ。てっきり公太郎かと。」
「縦に読まないでね。」
「長井秀和がブレイクの兆しありってことだけど、かれもそのアニメに出なくちゃ
ね」
「理由がわからないけど、それもひとつの手かもね。」
「探偵ねずみの役で出てきて、『まちがいない』って。」
「だからハムスターだって。」
「そして、それをピークにテレビから消えていくんだ。」
「結構残酷な事言うね。」
「僕たちも出たりして。」
「ねえ、自分がパンダだってこと忘れてない?」
「大丈夫、僕たちのぬいぐるみはブームやキャラクターにに左右されない定番なんだから。」
「でも実際のパンダは凶暴だってね。」
「だからハム太郎でも主人公ネズミをさらっていく役に・・」
「それって、悪役じゃん。」
「監獄に入ったら、先輩囚人にシマウマが居たりしてさ。」
「それってかなり勝手な思い込みだよね。」
「脱獄しようとして銃で撃ち殺されるの。」
「だめじゃん。」
「それで、腹から流れる血を見て、『なんじゃこりゃ~!!』」
「古すぎ。」
「で、『拙者、脇役ですから・・・切腹!!』」
「銃で撃たれたんでしょ?!」
「その時はこう言うんだよ。『どこ見てんのよ!!』」
「めちゃくちゃだ。」
「ストーリーなんて、『どーでもいいですよ~』」
「あのー。他の芸人さんのネタを並べただけのような気が・・」
「だって本家パペマペだって○○ットカエルットなんていろいろ付け替えてるじゃん。僕らの寿命も気にした方がいいよ。なりふり構ってられないよ。」
「松嶋菜々子のCMも最近やってないしね。」
「残念!」

0:00:00 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

■あすなひろしストーリー

2005, 01, 02 日曜日

昔、秋田書店の週間少年チャンピオンに、季載のようなかんじで、たまにあすなひろしの「青い空を、白い雲がかけていった」が載っていた。

今ふっと思い出した。

主人公のツトムを通して、心の動きを切り取り、コマの中からささやきかけてくるような作り。
今こういう物を書いても採用されないだろう。
今こういういい物を読みたいと思っても、編集が取り上げないだろう。

今の週間マンガ・・読んでないけど、電車の中でいい年こいてひろげて読んでるやつがいて、そのコマ割りなんかを見ていて、劇画調の大ゴマや叫び、書き文字だらけのものか、ろり要素が入った現実逃避エロマンガしかない。

ハリウッド映画が流行った原因とも近いのだろう。
激辛ブームのあと、ただ単にラーメンに唐辛子や胡椒を大量にふりかけたり(俺だ)、毎回1本どっさり乗せて食べるようになり、ごはんにも唐辛子、しまいには辛子成分をそのまま食べたりするようになる。
肝心の食べ物本体に味付けとして添えるだけの物を、食事の目的物としてしまう。
手段が目的化している。マヨラーなんかも同じかな。

マンガの話に戻ると、刺激や衝撃、性的興奮のみを得ることがマンガの目的になってしまってるんではないかな?ある意味やおいマンガと同じ。
本来書き綴らなければならない“ストーリー”や“言いたいこと”などの部分がすっぽりなくなっている。
まあ、今の時代、子供も大人もそんなものを求めていないのだろう。
暴力シーンを見たい、セックスシーンを見たい、女の子を辱めるところを見たいなどのゲスな輩ばかり。女にも居るだろう。

去年あたりから、泣く映画がはやり始めている。
これはいい加減ハリウッドに拒否反応が起きたからではないか?
飽きてきたんだよ。

0:00:00 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

■認識の崩壊

2005, 01, 01 土曜日

新年一発目のトリビアで、「字などをずっと見続けていると、その字の意味が認識できなくなる状態のことを、ゲシュタルト崩壊と言う」とあった。
俺は知っていたし、常識と思っていた。誰でも知ってるでしょ?

昔読んだ本でも、「」の漢字が例として挙げてあった。

人間は動いている物を認識するのは得意だが、止まっている物は苦手であるという結論であったが、これももちろん動物の法が顕著である。フクロウなどは視力がすごくいいのは知られているが、肉食獣などは対象が動かないと見えなかったりする。

ところで、上の話を聞きながらふと思ったんだけど、ここ十数年で当たり前になってしまった他人への殺人、暴力、親殺し、子殺し、酒鬼薔薇の例などを見ると、自分(自我の入った肉体・存在)以外の人間(human)にタイする認識が崩壊しているのではないだろうか。
つまり、あまりにも回りの変化がなく(将来への希望や変化を望まず)、ペシミズムに侵された概念が回りの人間たちをただの肉袋にしか見えなくしているのでは・・?

何でもかんでもこじつけするのはO型の悪いところ・・(これもコジツケ)

0:01:00 社会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »