« ■身勝手なNTTは民営化などしていない | トップページ | ■あの津波 »

■友を、その命を助けよ。

2004, 12, 27 月曜日

大変なことが起こっている。
“起こった”ではなく、現在進行形だ。
災害というのはその一瞬ではなく、その後数年、数十年後を引くものである。

地震の報道は良くある。
今年はその大きい物が新潟を襲った。日本の米所、新潟である。大打撃である。
揺れただけではなく、大災害である。
こんなときこそ自衛隊を派遣しなくてはならないうんぬんの意見には同意する。

ところがである。

昨日のニュースで「インドネシア沖で地震がありました」

あ、そう。と思っていた。
昔のチリ地震、サンフランシスコ地震のように大きいものではないと思っていたら、M8.9とでる。すごく大きい。
それでも自分には遠い空の下の話・・・・

今日の朝のニュースはすごかった。
なんと10メートルの大津波が押し寄せ、入り江だけではなく川やそうでないところも乗り越え、すべてを壊し、多数を海に引き込んで奪い去っていった。

その映像が各局で流されているのを見ると、恐ろしいの一言に尽きる。
地震は感じた。揺れたと思う。そのあとも普通の風景で、海水浴や日常の生活をしていた。
その時、ジェット機並のスピードで津波がやって来たのだ。
だれも予測していなかったという。

そういう意味で言うと、日本は注意深く災害情報などを流す。たとえそれが杞憂だとしても必要なことだ。インドネシアではその様なシステムがないらしい。
この時だろう!
今、この時こそ自衛隊を超法規的に即派遣し、救助・復旧活動を行うべきなのだ。
前の戦争でともに戦い、終戦後も現地に残ってインドネシア人と協力してオランダを破り、独立を助けた日本人が多数居る。
そのため何があってもインドネシアは日本に対して好意的だった。産みの母だから。
そのインドネシアを助けないでどうするんだ!
なんの関係もないイラクに派遣することの何千倍も意義がある!
唯一独立を保ってきたタイ王国(旧シャム)も日本と親好が深い。
小泉君、あのアホブッシュに付き合っても、君の得にも、国益にも反しているのだよ。

0:00:00 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370036

この記事へのトラックバック一覧です: ■友を、その命を助けよ。:

コメント

コメントを書く