« ■Linuxが役に立った | トップページ | ■無法国家、無法治国家 »

■天才は天才、かなわないかも

2004, 12, 06 月曜日

ソフトイーサという会社がある。名前は聞いたことがあるが、企業がネットを使ってセキュリティ通信をするための仮想プライベートネットワークを構築するソフトの会社だ。

顔写真が載っていて、若い顔に見えたが、1984年11月 尼崎生まれと書いてあった。
・・・今19歳?先月二十歳になったばかりだ。私立高槻高等学校を経て筑波大学に進学、そこで未踏ソフトウェア創造事業未踏ユース部門の採択を受けてSoftEtherの開発に着手し、同大学に在籍のまま会社を設立したという。

19歳で社長かぁ・・頭いいやつはすごいね。
2000年4月に高校に入学、学内ネットワークの構築や校内放送システムの構築を手がける、だって。2000年なんて・・・ついこの間じゃないか!その在学中に日本初のFOMA用メモリー編集ソフトを開発した。

・・ビルゲイツか?

小学2年の時に近所の大学生からPC-8001をもらったことがコンピュータとの出会いだってさ。

0:00:00 パソコン・インターネット | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370060

この記事へのトラックバック一覧です: ■天才は天才、かなわないかも:

コメント

コメントを書く