« ■15人が15歳と7時間 | トップページ | ■天才は天才、かなわないかも »

■Linuxが役に立った

2004, 12, 05 日曜日

いやーー大変だった。
親戚の人からパソコンが動かなくなったとSOS。
ノートパソコンだったので、持っておいでと指示。
添付CDでリカバリは出来るが、データは消えてしまう。
データを救ってくれというのが希望だった。

最初は簡単にできるだろうと考えていた。
しかし現物を見たところ、その考えは甘かった。

電源を入れたら、Windows\system ディレクトリのファイルがありませんと出てきた。
そこでうちのXPパソコンから対象ファイルを抜き出そうとしたが、使用中なのでコピーできませんと出た。
うーむ。それじゃCDからブートして・・・DOSプロンプトから・・
しかしそれではFATなのでNTFSの中身が見れない。第一USBも認識しないから、データの持ち出しようが無い。

それじゃ、故障した方のデータを先に抜き出してクリーンインストール・・・
リカバリCDで起動すると、いきなりハードディスクをフォーマットしますかとぬかしやがる。中止してプロンプト状態にしても、My Document の中身は見れるが、それを持ち出す方法がない。USBもだめ、フロッピーなんか容量が小さすぎて使えない。

う~む。

最終的にはHDDを外して他のパソコンに繋いで・・・
あれ?HDDを外すところがないぞ!

わーーー!困った!
打つ手がないぞー!

・・・・かくなる上は、KNOPPIXのCDで起動して、どうにかネットワークに繋ぐ・・・
や、やり方がわからん!

とりあえずKNOPPIXで立ち上げる。これでhdaとしてマウントされるので、中身は見れる。問題はどうやって他のパソコンにデータを送るかだ。
他のWinパソコンからも見えない。

だめもとで、Sambaファイルサーバーを起動してみた。
すると、Winパソコンで“KNOPPIX”としてネットワークに出現した。

あとは、My Documentの中身を吸い上げて、リカバリをし、データを戻した。
やっぱりウィルスが見つかった。ネットサーフィンをするときは気をつけないと・・

教訓。バックアップは適宜とっておきましょう。

0:00:00 パソコン・インターネット | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370061

この記事へのトラックバック一覧です: ■Linuxが役に立った:

コメント

コメントを書く