« ■自殺ソング | トップページ | ■迷惑させるためのメール »

■楓ちゃん、安らかに眠ってね。

2004, 11, 19 金曜日

奈良県の小1女児殺害事件。

今日、大阪駅のGARE前に貼ってある毎日新聞を読んだ。

「殺害した後の遺体の服を脱がせて撮影」
「送られて来た画像では抜かれた歯のためか口から血が出ていた」
「体の一部を切られていた」

・・・かわいそうだ。
なんの言葉も見つからない、すなおに、ストレートにいう言葉しか見つからない。かわいそう。
痛かったろう。苦しかったろう。なんでそんな目に遭わなければならないのか。
人の子でもこれだけ悲しいのだから、もし我が子であれば・・・

妹の上の子供が今度小学校に上がる。
もしこの子がそんな目に遭わされたら、俺は悲しい。悲しいどころではなく、犯人を絶対探し出して殺す。刃渡り40センチ以上のナイフを手に入れ、100回以上刺して殺す。

毎日新聞に、「体の一部が切られていた」
体の一部・・長崎の男の子がちんちんを切除されたのもそういう表現だった。
腹や足や手などならそのまま言葉にするだろう。
言葉にするのもはばかられるところを切られたのだ。

殺す。
というか、殺せ。

犯人を絶対に見つけ出し、磔にし、日本人全員で石を投げて殺せ。
たとえそれが高校生、中学生でも必ず顔と名前と住所と両親の顔も出せ。

ニュースステーションで、古館の横に居たアホなコメンテーターが、「これは人間業じゃないですね」っておい!それは普通褒め言葉だろうが!
「ヤクでもやっていたのかと思いましたが、計画性もあるし冷静で・・」

・・・もう言葉もない。テレ朝よ、人選間違えたな。
日本語も喋れんおっさんをテレビに出すな!

楓ちゃん、少し短い人生だったけど、ゆっくり休んで。
できたら、時々お父さん、お母さんのところに帰ってきて、お話ししてあげてね。

0:00:00 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370078

この記事へのトラックバック一覧です: ■楓ちゃん、安らかに眠ってね。:

コメント

コメントを書く