« ■サギサギ公社 | トップページ | ■泣きっ面に蜂 »

■やっぱり用心が大切

2004, 10, 22 金曜日

20日、台風の日。
怖かった。
団地なのでどんなに強い風が吹こうと、多分大丈夫のはずだが、ホントに怖かった。あまりにも風が強く、カンカラ何かが廊下を転がっていくので、まさか家の前の物が飛ばされてやしないかと外に出てみたら、風が正面から当たるところは「風がキツい」だけだったが、直角に交わる廊下に出ようとしたら、飛ばされそうになった。壁にしがみついた。風向きと同じだったのだろう。あれ、もしかして足を滑らしたら体が浮いて、廊下を一直線に飛ばされて叩きつけられてたかもしれない。それぐらい強い風が吹いていた。

外では消防車やパトカーがわんわん走り回っていた。

どこかで誰かが事故に遭ってるのかな、と思っていた。
ニュースで、「大阪府○○市で、自宅前の用水路の様子を見に出た50代の人が流されて行方不明」と流れる。
うわっ!近所じゃないか!こんな山手で流される人がいるなんて!

次の日のニュースで、その人の遺体が上がった。
なんと、市内の小さい用水路から、大正川、安威川、神崎側を経て大阪湾に出て、さらに神戸沖まで約50キロ流されていたという。恐ろしい・・・
死ぬときはあっと言う間だね。まさか自分が死ぬとは思っていなかっただろう。
ご冥福をお祈りします。

0:00:00 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370106

この記事へのトラックバック一覧です: ■やっぱり用心が大切:

コメント

コメントを書く