« ■壁に鼻くそ | トップページ | ■エンタの神様 »

■スパイウェア大流行

2004, 10, 08 金曜日

会社でのこと。

「なんか、Yahooを見ようとすると、インテルのホームページに飛んでしまう。それも英語版。」

ぴん!ときた。マイクロソフトの答えてネットに最近似たような話が多くなっているのだ。
メールに潜むウィルスは、テレビのニュースでも取りざたされるぐらい当たり前の認識になってきて、あんまり被害が出たという話は聞かない。

ところが・・・

最近はオンラインで勝手に入ってくるトロイの木馬のようなハザードウェアが静かにブームである。

件の人は、AD-Awareをインストールして怪しいレジストリを削除することに成功した。

すると。
横に座っている人が
「なんか、Yahooを見ようとすると、インテルのホームページに飛んでしまう。それも英語版。」

おや。
AD-Awareを紹介する。
受付の人も同じことを言っていたので教えてあげる。

今日同じ会社の別の仕事場に行ったら・・・・
何の気なしに世間話のつもりで話したら、
「なんか最近スパイウェアが流行ってるんですよね。インテルのホームページに・・・・」
「えっ?」

なんと、やっぱりインテルとオトモダチのIEになっているらしい。

AD-Awareを紹介する。

昼から仕事場に帰ってきて、更に二人が「インテルのホームページに飛んでしまう・・・」

やり方を説明して・・・

Lavasodtさん、お金ちょうだい。
もんもんさん、ありがとう。

・・・・人間も殖えすぎ。これは人間だけ天敵がいないことが原因だろう。地球はAIDS(生殖という人類の存続の根幹にかかわるもの)とかペスト、黄熱病、結核、モバータウィルスなどいろんな策略で人間を適度に減らそうと試しているが、なかなかうまく言っていない。
これは、やはり人間を食物とする生物を出現させなくてはダメなんではないかい?
目の前で、頭から、バクバクと。

本気でそう思う。でないと食料危機、エネルギー危機は回避できない。

なぁんだ、やっぱり自分(人間)のことを心配してるのかってね。

0:00:00 パソコン・インターネット | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370120

この記事へのトラックバック一覧です: ■スパイウェア大流行:

コメント

コメントを書く