« ■テレビの影響力 | トップページ | ■世の中はまさに混沌 »

■アン!あ~ん!

2004, 09, 21 火曜日

女性誌のPINKY、「みんな欲しい。オシャレも、LOVEも・・・」CMでおしゃれな(よくわからんが)女のモデルがくるくる回転しながらオトコやらファッションやらを手に入れていく・・・(?よく分からん。今度しっかり見ておくね)

かつてHotDogPressのような男性情報誌がバブルをまたいで隆盛を極めていた。マニュアル指向の「女とヤルには!車は!ファッションは!」
今から考えると昔から女性誌ではやっていた話。
ただ、セックスに関することは女性自身(なんて意味深なタイトル)そのほかのミセス誌には書かれていたが、ファッション誌には(あったかもしれないが)表立ってはいなかった。
ところがしばらく前(といってももう15年も前になるのか?)an~an(セブンティーンだったかな?)が、「イクって何?」のような、モロ性欲・性感をトップで取り上げるようになってから、アルファベットで意味不明の擬音のような名前ばかりの女性誌は、かつてのマニュアル男性誌と変わらなくなっていったんじゃない?

HDPを読んで実行しようとするオトコを、女性たちは嘲りの目で見ていた。
同じように、「みんな欲しい!ファッション・LOVE・・・」とはしゃいでPINKYを買っていく女を見て、

あんまりいいとは思わないんだよなぁ。

完全に偏見かもしれない。でもこれだけ女性誌が売れて(るらしい)、その中身がかつての下らん男性誌のようで、それも・・・・

・・・ここが一番肝心ね。

“ものを消費すること”しか取り上げられていず、建設的な記事が無さそうだ(偏見)ということが、一番寒~い気がするんだけど、どう?
“人より”新しいファッション。→その多くが業界の策略。似合いもしないのに踊らされているだけ。
“一部の人しか知らない”穴場のレストラン→その本をみんな読んでるんだけど?
“オトコに気に入られる、男に好かれる女性”10のテクニック→そんな上辺の化粧や仕草だけですかれたり嫌われたりするようじゃ、そのオンナもオトコも薄い薄い。ペラペラの人間だ。

その多くが、割合で言えば男性よりもはるかに多いとされる、携帯電話にしがみついている女性像がはっきりと見えてくるのだ。

でも、米倉涼子のハミ横乳セミヌードは見てみたい。
一度見たらもういいけど。

0:00:00 芸能・アイドル | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370138

この記事へのトラックバック一覧です: ■アン!あ~ん!:

コメント

コメントを書く