« ■ご本を読みませう | トップページ | ■おりむぴっく »

■ミサイルと技術

2004, 08, 29 日曜日

仕事で外に出たりするときにUSB端子に挿す扇風機を持っている。今日も出張常駐先に持ってきた。
朝はちゃんと回っていたのに、USBメモリを使う必要があって一旦端子を抜き、午後にもう一度挿したが動かない。ON/OFFスイッチをカチャカチャしても動かない。
?パソコン本体かな?
でも他に使える機体は無いし。
仕方なくUSb挿したままカールコードをひねったりしていたら、「ちょっ」と動いた。あれ?また何度かひねっていると、「ちょっ」と動いた。

接触か。

でもこんなんでいちいちヨドバシに替えに行くのもなぁ・・おっと、上申だったっけか?
そういってももう一つ買うのもばかばかしい。

・・・分解した。 いや、スイッチのところを。

するとね・・・・“むきだし”の線が、“むきだし”のまま半田付けされていて、スイッチに入ってくる両方の線の片側どうしはただ半田付けされていて、もう片側は各々薄い金属片に繋がり、スイッチをスライドさせるとバネがその金属片をショートさせて通電する仕組み。

よーく見ると・・・・・行き側と帰り側、ショートしとるやんけ!こわーーーーー!もし外出先で使おうとしたら、あっと言う間にパソコン本体の電源が無くなりさようならってなことになりかねんところであった・・・

ビバ!中国って感じだったね。いやー。こんな国が遠くまで飛ぶ核兵器搭載可能なロケットを持ってて、その上日本海までとばしてるなんて、なんて恐ろしい・・・今のうちに旧ロシアの残ってる核ミサイル3000発ぐらいを北京に打ち込んでおいてくれ。

0:00:00 パソコン・インターネット | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370162

この記事へのトラックバック一覧です: ■ミサイルと技術:

コメント

コメントを書く