« ■雨模様 | トップページ | ■人生の再生速度 »

■経済の鬼畜

2004, 06, 27 日曜日

日本テレビのドキュメント特集を少しだけ見た。
トラックの玉突き事故とか、高速での居眠り運転。
確かに法律上も道義上も運転手が悪い。
しかし、毎日16時間以上働かせている、仮眠も睡眠も休憩も取らせない運送会社にも罪がある。という切り口。
そうだよな。夕方のニュースでは誰々が事故を起こしたとしか言わないから、アタかもその人だけが悪いように報じられる。

しかし、そうさせた会社は?

この番組はさらに突っ込む。

現在の輸送の90%はトラック輸送だという。
それも、荷主は高速代を払わない、時間指定、5分でも遅れると賠償。

すると、荷主が悪いのか?

ところがである。そうせざるを得ないようになったのは、“自由化”の後だというのだ。
コンビニに代表される小売店、販売業は倉庫代をなくすために一個、五個、そんな単位でしか注文しない。製造側でもそういう需要に対応しなくては生きていけない。
かくして、割を食っているのが輸送業だという。

そうかもね。
いずれ一部の勝ち組と大半の負け組になると言われたが、今もうそうじゃん。
江戸時代より以前のひどい搾取の時代になるよ。
人がどんどん死んでいくよ。
それも、真面目な人材が。
役に立たない人間(僕みたいな)だけが残っていって、
日本の国力はますます衰退する仕組み。

フリーメイソンの計画は成功しているということなのか?

0:00:00 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370226

この記事へのトラックバック一覧です: ■経済の鬼畜:

コメント

コメントを書く