« ■老化?病化? | トップページ | ■花束がいっぱい »

■K・U色を好む

2004, 04, 20 火曜日

少年が好きな男性教師の話。
僕の感覚からいうと、男同士の同性愛はあり得ない。
否定はしないよ。性癖は人それぞれだから。

女性の下着が好きな人もいるだろうし、白いブラウス越しに透けるブラの線が好きな人もいるだろうし、若い女の子が好き、熟女が好き、細いのが好き、太目が好き、いろいろあっていいと思う。

先日捕まった女子高生のスカートを手鏡で覗いていた植草教授。
気持ちは分からなくはない。でもそれって風で不意にパンチラが見えるからこそいいもんじゃない?なんてね。
ビデオで撮影とか、携帯のカメラで撮影とかしても、それをテレビやパソコンの画面で観るの?それでコーフンするのかなぁ・・
まだ10代の童貞ならともかく・・・

痴漢行為でないと燃えないひとも困ったもんだけど、いると思う。

なぜ?男なの?
「薔薇族」の編集者が「同性愛者は、これは趣味ではなくて生まれたときからの性格だから」と言っていた。それならそれで仕方がないか・・・

女同士だときれいだと思うけどね・・・一度ナマで観てみたい。

◆余談だけど、もし時間がある人は下のボタン、過去の日記を押してみてください。タイトル一覧を見るだけで、調子がいいときと悪いときが一目瞭然だよね。肉体的にも、精神的にも。

0:00:00 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370300

この記事へのトラックバック一覧です: ■K・U色を好む:

コメント

コメントを書く