« ■金返せ | トップページ | ■桜の木の下には何が埋まっている? »

■まわるまわるよじだいはまわる

2004, 04, 06 火曜日

回転ものの事故が相次いでいる。

回転ドア。公園の回転遊具。回転木馬に三角木馬・・・はないか。

回るものはみな危険らしい。
しかし、どれも小さな子供が死んだり怪我したりしているけど、
親はそのとき何してたんだ?

昔ならこう言うよ。「親が付いてながら・・」「親が目を離した隙に・・」
物心付く前の子供はエテ公と一緒だというのは談志師匠の話だけど(前にも書いてるよね)
本当にその通りだと思う。

危ないところに平気でほっておく親の責任だ。
回転扉が危ないだ?回転遊具が危ないだ?
それなら駅のホームも、歩道のない抜け道になっている道路も、小学校の校庭もみな危ないって。

それを、

“危なくないようにする”ための“諭し”が教育じゃないの?

そんな時代になったねと♪

0:00:00 社会 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370314

この記事へのトラックバック一覧です: ■まわるまわるよじだいはまわる:

コメント

コメントを書く