« ■ベッキー | トップページ | ■春の風景 »

■アホメでチェック

2004, 03, 04 木曜日

昔話の改竄がはなはだしい。

ラジオでやってた、小学生のやる劇のはなさかじいさん。
もともとの話では意地悪じいさんが殿様の顔に灰をかけて、手打ちになるという話だったんじゃなかったっけ?それが隣同士仲直りして終わりらしい。
それじゃ勧善懲悪にならんじゃん。

桃太郎もそう。鬼が島に行って、鬼を説得して回るらしいのだ。
それじゃ、その腰の刀はなんのためじゃ!

前も書いたかも知れんけど、共産党をはじめ勘違いした左翼団体が、子供のためとか言いながら昔から伝えられる物語を書き換えて、大事なモノを無くしてしまってどうする。もしそう言う話にしたければ、自分で作れ!
それが出来ないから昔から有名な話の知名度によりかかっていい人ぶりたがっているだけじゃん。改竄するな!

付け加えると、最後には仲直りするとか、そんなレベルの話は寓話にはなり得ない。子供を諭す話ではなくなる。ホントは恐ろしいグリム童話というのがあったが、ヨーロッパ・アングロサクソンの文化にはそう言う残酷な面がある。これは民族性だ。それに比べたら日本の民話はまだまだかわいらしいものである。それさえも変えてしまって・・・
世の中に悪い人はいない、という情操教育をされた子供がどんな末路になるか、渋谷の小学生4人が自分の足で歩いてきて監禁されてヤラれているのを見ても、なんとも思わないのかな?

民主党。メッキがはがれてきたね。

0:00:00 教育・学校 | |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83711/3370350

この記事へのトラックバック一覧です: ■アホメでチェック:

コメント

コメントを書く